TOPスーツの着こなし通販で買える、おすすめのワイシャツを紹介しようと思う(9店舗)

通販で買える、おすすめのワイシャツを紹介しようと思う(9店舗)

今回は、

・仕事が忙しくてワイシャツを買いに行く時間がない。

・ワイシャツを買おうにも、どのお店で買ったらいいのかが分からない。

・デザインはそこそこでかまわないから、毎日の仕事着として数をそろえたい。

・そのため、無理のない金額で購入できるワイシャツが欲しい。

・パーティーや会議、仕事終わりのデートなど、ちょっとしたとき用に格好いいワイシャツが欲しい。


こんな人向けにワイシャツを取り扱っているお店の中でもおすすめのネットショップを紹介していきたいと思います。


年齢や職業、ライフスタイルなど、人によって欲しいワイシャツはさまざまかと思います。
そのため、今回紹介するお店は大きく分けて以下の3つの価格帯のワイシャツを取り扱っているショップを選ばせていただきました。

・1〜3000円くらいのお手頃価格。(3店舗)

・3〜5000円くらいのほどよい値段。(3店舗)

・5000〜1万円のちょっといい値段。(3店舗)


なお、値段についての感想は著者個人(30代男)の主観にしかすぎませんので、参考ていどにお考えいただければと思います。


では、さっそく本題。


イメージ1
サイズの見方の目安に。

目次

1.シャツステーション(SHIRT STATION)

2.スタイルイコール(STYLE=)

3.シャツの e-shop CHOYA

4.シャツ工房

5.スマートビズ(Smart Biz)

6.紳士服のはるやま

7.トラッドハウスフクスミ(TRADHOUSE FUKUSUMI)

8.レッドマックス(Red Max)

9.ozie(オジエ)


10.ワイシャツの選び方とか書ききれなかったこととか(3つ)



※ 掲載画像には楽天の商品広告を使用しています。

.シャツステーション(SHIRT STATION)

左:形態安定・レギュラーカラー・ワイシャツ
右:形態安定・ピンストライプ・セミワイドカラー・ビジネスシャツ
このお店のポイントはサイトの使いやすさ取り扱っているワイシャツのサイズの豊富さにあります。

ワイドやボタンダウンなど、襟の種類から選ぶのもよし、細めの人や首が短く見えてしまう人など、体型から選ぶのもよし。襟ぐりごとに簡単な説明があるのもグッド。

シャツの専門店だからなのか、ビジネス用のものからドレス用のものまで、扱っているワイシャツの種類も豊富です。



・価格帯:2〜5000円
・サイズ展開:襟まわり37〜、裄丈(ゆきたけ)74〜
⇒販売店/シャツステーション

.スタイルイコール(STYLE=)

モデル名:全52柄から自由に選べる ビジネス Yシャツ メンズ
スタイルイコールはワイシャツやネクタイなど、ビジネスマン向けのアイテムを幅広く扱っているお店です。

スタイルイコールの商品は値段がお手頃ということもあってか、当サイトでもベルトの記事をはじめ、何度か紹介させていただいています。

さて、ここのワイシャツの魅力は、何といっても50以上もの柄の中から、好きなシャツを選ぶことができるということです。

1枚ずつ買うこともできますし、3枚セットや5枚セットで購入することもできます。もちろん、シャツの柄は自由に選ぶことができます。

取り揃えている柄もシンプルかつ、コーディネートがしやすそうなものばかりです。襟ぐりの種類が定番のレギュラーのみということも潔さがあっていいですね。

モデルの男性のお腹が軽くメタボっていることも、同じ状態で悩んでいる中年の男としては親近感がわきます。

Sサイズがないことだけが残念ではありますが、「スーツを着る仕事をはじめたばかりで、まずは数をそろえたい」という人や「汗っかきのため、ワイシャツの消耗が激しい」なんて人におすすめしたいお店です。



・価格帯:999円〜
・サイズ展開:襟まわり39〜、裄丈80〜(M〜3L)
⇒販売店/スタイルイコール ワイシャツ

.シャツの e-shop CHOYA

モデル名:日清紡 アポロコット ノンケア シャツファクトリー メンズシャツ
ここのシャツの売りは綿100%にもかかわらずシワがつきにくく、アイロンがけが不要なことです。(アポロコット ノンケアというシリーズ)

「見た目や着心地がいい綿100%のシャツが欲しい!でも、毎日のアイロンがけは面倒だからしたくない」なんて欲張りな人と相性が良さそうなワイシャツです。(失礼!)

とまあ冗談はさておき、明治19年に創業した歴史のあるお店だからなのか、取り扱っているワイシャツは落ち着いた上品なデザインばかりで、長く、大切に使うことができそうです。



・価格帯:5〜8000円
・サイズ展開:襟まわり37〜、裄丈78〜(シャツによっては76もあり)
⇒販売店/シャツの e-shop CHOYA

.シャツ工房

モデル名:形態安定 ワイド 白×グレーストライプ
こちらのお店も先ほど紹介した「シャツの e-shop CHOYA」と同じく、創業65年という長い歴史のあるショップです。(東京シャツという会社が運営)

このお店のポイントは「S〜LLまでとサイズ展開が豊富なこと」と「ニットやベストなど、秋〜冬に活躍できそうなワイシャツ関連のアイテムを取り扱っていること」です。

衿型で選ぶ(例:レギュラー、ボタンダウン)、素材で選ぶ(例:形態安定、綿100%)など、欲しいシャツを直感的に探すことができる、使いやすいサイト構成もグッド。

ビジネス用だけではなく、冠婚葬祭やパーティー用など、さまざまな用途にマッチしたシャツを見つけることができるでしょう。



・価格帯:2〜4000円
・サイズ展開:襟まわり37.5〜、裄丈80〜
⇒販売店/シャツ工房
メンズだけではなく、レディースシャツもあります。

.スマートビズ(Smart Biz)

モデル名:長袖ワイドカラー ライトブルー
スマートビズは先ほど紹介した「スタイルイコール」と同じく、靴やバッグなど、スーツに合わせるビジネスアイテムを数多く取り扱っているショップです。

ここのワイシャツは1000円代で手に入るという、リーズナブルな値段設定が魅力です。
販売しているシャツの中には、6枚セット4000円で手に入るものもあります。といいますか、画像のクレリックシャツが上品で格好よくないですか?(笑

ある程度ワイシャツを買い慣れた&着慣れた人向けにはなりますが、サイズやデザインを自由に選ぶことができるパターンオーダーも可能です。

ただこのお店、商品の品ぞろえはいいのですが、左側のメニューにたくさんの広告が貼られています。そのため、人によっては「ごちゃごちゃしていて見づらい」と感じてしまうかもしれません。

とはいえこのお店、「形で選ぶ」「価格で選ぶ」など、サイトの使い勝手自体はなかなか良好です。

「長時間眺めて欲しい商品をゆっくり探す」というよりは、レギュラーの白無地やワイドのストライプなど、欲しいワイシャツのデザインが大よそ決まっている人向けのショップなのかもしれませんね。



・価格帯:599円〜  (゚∀゚)!
・サイズ展開:襟まわり37〜、裄丈80〜
⇒販売店/スマートビズ ワイシャツ

.紳士服のはるやま

モデル名:カンサイ・ヤマモト ワイドカラーワイシャツ ストライプ ピンク
私、20代のころは「紳士服のはるやまなんて、おっさんが買うところだろう」と思っていたんですよね。

でも、いざ自分がおっさんになってみると・・。

・「あれっ?扱っているシャツはシンプルで合わせやすそうなものばかりだし、けっこう良さそうかも」。

・「それに、長く続いているお店ということは、それだけの信頼感や安定感があるということだよなあ」。


と思えるようになりました。歳をとるのって不思議ですよね。

紳士服のはるやまは、そんな、私のような「見た目がそこそこ良くて、使い勝手のいいワイシャツが欲しい」なんて人と相性が良さそうなお店です。



数をそろえたい人には5枚セットも。



・価格帯:3〜6000円
・サイズ展開:襟まわり39〜、裄丈82〜(M、L)
⇒販売店/紳士服のはるやま ワイシャツ

.トラッドハウスフクスミ(TRADHOUSE FUKUSUMI)

左:スキャッティ ワイドカラーシャツ Wide-202
右:ピンポイントオックス・ボタンダウンシャツ(ブルー)0318
トラッドハウスフクスミはスーツやネクタイなどのビジネス用品を取り扱っているお店です。

トラッドハウスフクスミは、「スキャッティという日本の老舗ワイシャツメーカーのシャツ」と「ショップオリジナルのシャツ」を販売しています。

「ワイドやレギュラー、ストライプなど、豊富なバリエーションの中から選ぶのならスキャッティ、無地のボタンダウンならショップオリジナル」といったところでしょうか。

どちらも格好いいのですが、個人的には、店舗オリジナルのボタンダウンシャツがお気に入りです。「無駄が一切ない、洗練されたデザインが魅力」とでもいうのでしょうか。

1枚あたり6000円以上と、そこそこいい値段はするのですが、そのルックスの良さには、「水色無地のボタンダウンシャツならコレが最強じゃないかなあ」とさえ感じています。(白もあります)

ベルトやネクタイなど、ワイシャツ以外のアイテムもバツグンに格好いいので、「良い物を長く使いたい」という人におすすめしたいお店です。



・価格帯:6〜7000円
・サイズ展開:襟まわり38〜、裄丈82〜

販売店
トラッドハウスフクスミ スキャッティ シャツ
ショップオリジナル ボタンダウンシャツ

.レッドマックス(Red Max)

モデル名:好きな柄が選べる!ビジネス・ボタンダウン長袖シャツ3枚セット
レッドマックスはコンセプトがものすごくわかりやすいお店です。

・20種類の柄の中から好きなものを選ぶことができる。

・サイズ感は動きやすく、快適なゆったりめ。

・襟の種類はレギュラーとボタンダウンのみ。

・1枚だけ買うこともできるし、3枚、5枚と、セットでまとめ買いも可能。


はい、これだけです。ビビっときた人はのぞいてみるといいでしょう。


なお、まとめ買いをする場合に気をつけておきたいことがあります。

・レギュラーのみ5枚、ボタンダウンのみ5枚など、1種類だけをまとめ買いする場合は1枚ずつ好きな柄を選ぶことができる。

・レギュラー3枚、ボタンダウン2枚という風に、襟の種類を混ぜてまとめ買いすることはできない。


後者の場合は「襟ぐりの種類を混ぜてまとめ買いすることはできないけど、それぞれを1枚ずつ単品で購入すれば、好きな柄を選ぶことができる」ということですね。


余談
柄の中では、白のシャドーストライプ(w2、w3)や白地にグレーのペンシルストライプ(114)あたりがシンプルで、ネクタイとのコーディネートがしやすそうです。
「たくさんあって、どれを選んだらいいのかわからない・・」という人は参考に。



・価格帯:1180円〜(1枚だけ購入する場合)
・サイズ展開:襟まわり39〜、裄丈80〜(M〜LL)
⇒販売店/レッドマックス ワイシャツ

.ozie(オジエ)

左:形態安定 綿100% レギュラーカラーシャツ
右:綿100% ワイドカラー メンズ ドレスシャツ
ozieは1924年(大正13年)に設立されたシャツの製造・販売会社をはじまりとし、2002年にオープンしたシャツ専門のオンラインショップです。

ozieは流行り廃れのない、シンプルかつ上品なワイシャツを数多く取りそろえているため、若い人から40代や50代の人まで、幅広い年齢の方に人気のあるお店です。

このお店のポイントは、ただワイシャツを販売するだけではなく、生地の素材やカフスの型、通夜や告別式のルールなど、シャツについての情報が数多く掲載されていることです。

こういう知識的なことが書いてあるサイトは、たとえ購入する予定がなくても、読んでいるだけで勉強になります。というか、店長がめっさ男前。

それでは、オンラインショップ・ozieの特徴を簡単にご紹介。

・素材から選ぶ、衿型から選ぶなど、サイト構成が使いやすく、見やすい。

・おしゃれ度が高い、胸ポケットなしのワイシャツも。

・ダブルカフスシャツにいたっては、カフスボタンまでついてくるという太っ腹なモデルも。

・襟まわり36〜(XS)と、小柄な人向けに小さいサイズがある。


高いものでは1万円弱と、そこそこいい値段はするものの、毎日の仕事着から「ここぞ!」というとき用まで、幅広い用途に合わせた、格好いいワイシャツが手に入るお店ですね。

何よりも、「ダンナ、品質の良いワイシャツが欲しいのであれば、ozieに行けば何とかなりますぜ!」とでも言いたくなりそうになる安心感&安定感がハンパありません。(笑



・価格帯:3000〜9000円(平均的には5000円前後)
・サイズ展開:襟まわり36〜、裄丈74〜
⇒販売店/ozie メンズシャツを選ぶ 
※1 シャツについての情報はサイト右上のシャツの基礎知識から。
※2 レディースシャツもあります。

10.ワイシャツの選び方とか書ききれなかったこととか(3つ)

1.ワイシャツの選び方
ワイシャツの襟の種類ってたくさんあるから、何を選んだらいいのかわからない・・」という方は、定番かつスタンダードのレギュラーかワイドがおすすめです。
2.ワイシャツのサイズについて
ワイシャツのサイズは胴回りや肩幅などいろいろありますが、基本的には、襟まわり(首まわり)と裄丈(ゆきたけ)を基準にして選べばOKです。

もし分からない場合は、今持っているワイシャツのサイズを測ってみるといいですよ。
3.オーダーメイドのワイシャツってどう?
もし「1着あたり1万円以上するような高価なワイシャツが欲しい」というのであれば、既製品よりもオーダーメイドの方がおすすめです。

オーダーメイドは体のサイズを採寸する必要がありますし、仕上がりに時間もかかりますが、自分の体型にバッチリ合ったシャツを手に入れることができます。

オーダーメイドのワイシャツは、生地の種類にもよりますが、1万円も出せば手に入れることができます。

襟の形や生地の種類を選ぶのも楽しいので、機会があればぜひお試しあれ。

⇒関連:ネットでオーダーメイドのワイシャツを注文するときの注意点


以上、おすすめのワイシャツでした!
何かひとつでも参考になるものがあったとしたら嬉しいです (・∀・)



関連記事
白のワイシャツ×ネクタイのコーディネートを考えてみた(7通り)
ネット通販でワイシャツを買うときに気をつけておきたいこと
ストライプのワイシャツ×ネクタイのコーディネートを考えてみた(7通り)
仕事用のワイシャツには選ばないほうがいい柄&デザイン(7つ)
1〜3万円で買える、おすすめの腕時計10選(仕事用)


スーツの着こなし


トップへ|ページ上部へ|投稿日:2013/9/13|最終更新日:2014/1/31

Menu

大切なこと、基本的なこと
(心がまえ)
身だしなみ
(眉毛・体臭・下着)
男の髪形
(美容院・セット)
私服・普段着の着こなし
(トップス・インナー)
私服・普段着の着こなし2
(パンツ・靴)
スーツの着こなし
(背広・Yシャツ・ネクタイ)
スーツの着こなし2
(ベルト・革靴、etc)
アウターの着こなし
(ジャケット・コート)
アクセサリ・小物
(時計・財布)
アクセサリ・小物2
(マフラー・手袋)
靴ひもの結び方
(革靴・スニーカー)
コラム
(ファッション用語、独り言)
レビュー・体験談
(買い物・感想)
運営
プロフ画像
管理人
「シンプル」「おしゃれをしないこと」でおしゃれになる方法をお話していきます。ゆっくりしていってくださいね。
リンク・お問い合わせ