TOPスーツの着こなし仕事用のワイシャツには選ばないほうがいい柄&デザイン(7つ)

仕事用のワイシャツには選ばないほうがいい柄&デザイン(7つ)

やってはいけないことを知れば知るほど、コーディネートが上手くいきやすくなる。


私は、ファッションなんて「やることで格好良くなるかもしれないけど、失敗するかもしれないことはやらない方がいい」と考えています。

「おしゃれになろうとせず、失敗しないように、ダサくならないようにしておけば、結果として格好良くなる、おしゃれと言われるようになる」とも言えそうですね。


さて、今回は「仕事用には選ばないほうがいいワイシャツ」についてお話していきたいと思います。

「選ばないほうがいい」なんて何だか偉そうで申しわけないのですが、何かひとつでも参考になるものがあれば幸いです。

目次

1.サイズが合っていない。

2.襟の裏に柄が入っている。

3.ボタン&ボタンを通す穴に色がついている。

4.グレーや紺など、色が濃い。

5.ストライプの線の幅が太い。

6.デザインがカジュアルすぎる。

7.中学生の制服のようなテカテカの白シャツ。


8.まとめ



※ 今回の記事に掲載している画像の商品や販売者様を乏しめる意図は一切ありません。

ビジネス用には選ばない方がいいワイシャツの柄&デザイン7つ

1.サイズが合っていない。
ワイシャツのサイズが合っていないとどんなに品質が良く、格好いいシャツでも格好悪く見えてしまいます。

ワイシャツのサイズについては、首回りと裄(ゆき)丈を基準にして考えればOKです。⇒覚えておきたいワイシャツのサイズの測り方&選び方
2.襟の裏地に柄が入っている。
イメージ1
「絶対にダメ!」というわけではないのですが、仕事用のワイシャツの場合、このような飾りはない方がスッキリして見えます。

それに、柄が入っていないシャツの方がコ−ディネートするネクタイの幅が広くなります。

個人的には、こういうデザインのワイシャツは、ビジネス用というよりは、パーティーなどの華やかな場に適した形かな?と感じています。
3.ボタン&ボタンを通す穴に色がついている。
イメージ3
これは先ほどの例と似ていますね。色がついているワイシャツよりもついていない方がシンプルでスッキリして見えます。

ビジネス用のワイシャツのボタンの色は、何の変哲もない白or透明が1番いいのです。
4.グレーや紺など、色が濃い。
濃い色のワイシャツはビジネスの場には不向きです。
5.ストライプの線の幅が太い。
イメージ4
ストライプの線の幅が太いとカジュアルな印象になります。そうなると、ネクタイも合わせにくくなります。

ストライプの幅は太くなるとカジュアルに、細くなるとスッキリして見えます。

ストライプの間隔は狭くなるとカジュアルに、広くなるとスッキリして見えます。「スリム・スマートに見える」ともいえますね。

仕事用にストライプのワイシャツを選ぶ場合は線の幅は細く、線の間隔は広いものを選ぶとコーディネートが上手くいきやすいです。

スキャッティ ワイドカラーシャツWide-202 (SNW)

このくらいのストライプならOK。
6.デザインがカジュアルすぎる。
イメージ6
普段使いにはかわいいと思うのですが・・。
カジュアルなデザインのワイシャツは本人が大丈夫だと思っていても、意外とそうでもないことがあります。ビジネスの場においては、おしゃれよりも身だしなみがきちんとできているかか重要です。

ありきたりの言葉ですが、「自分のためにするのがおしゃれ、他人のためにするのが身だしなみ」です。

ボタンダウンシャツやクレリックシャツをスーツに合わせる場合、シャツの柄によってはカジュアルな印象になりやすいです。⇒スーツに合わせるワイシャツの襟(カラー)の種類6つ
7.中学生の制服のようなテカテカの白シャツ。
着ている人を見かけることは少ないのですが、1000円くらいの安いシャツで見かけることがありますね。ムフフなビデオでコスプレ衣装としてもよく目にしま

テカテカの白シャツはインナーが透けやすいですし、何よりも見た目がよくありません。

8.まとめ

仕事用のワイシャツには、今回お伝えした柄&デザインではないシャツを選ぶとコーディネートが上手くいきやすいです。具体的には、

・サイズがピッタリ。

・襟の裏地に柄が入っていない。

・ボタン&ボタンを通す穴に色がついていない。

・ストライプの幅は細く、間隔は広く。

・見た目がカジュアルまたは安っぽく見えないもの。


これらの柄&デザインのものを選ぶようにするといいでしょう。

「具体的には、どんなコーディネートをしたらいいのさ」ということについては、ネクタイの柄の種類最も基本的な白のワイシャツ×ネクタイのコーディネートあたりの記事を参考に。

最後に・・・いろいろと偉そうなことを言ってすいませんでしたっ!



メンズファッションの教科書シリーズ vol.4 シャツ&タイ(Gakken Mook Fashion Text Series)

メンズファッションの教科書シリーズ vol.4 シャツ&タイ(Gakken Mook Fashion Text Series)

中村達也

学研パブリッシング

Amazonで詳しく見る



関連記事
仕事用のワイシャツには白無地か水色無地が最強の理由
綿、ポリエステル、麻。ワイシャツの生地はどれがいいのか
コレだけは知っておきたい「ネクタイの色が相手に与える印象」5色
スーツに合わせる仕事用のカバンは手さげタイプが1番いい理由
5分でわかる、失敗しない腕時計の選び方(男性用)


スーツの着こなし





トップへ|ページ上部

Menu

大切なこと、基本的なこと
(心がまえ)
身だしなみ
(眉毛・体臭・下着)
男の髪形
(美容院・セット)
私服・普段着の着こなし
(トップス・インナー)
私服・普段着の着こなし2
(パンツ・靴)
スーツの着こなし
(背広・Yシャツ・ネクタイ)
スーツの着こなし2
(ベルト・革靴、etc)
アウターの着こなし
(ジャケット・コート)
アクセサリ・小物
(時計・財布)
アクセサリ・小物2
(マフラー・手袋)
靴ひもの結び方
(革靴・スニーカー)
コラム
(ファッション用語、独り言)
レビュー・体験談
(買い物・感想)
運営
プロフ画像
管理人
「シンプル」「おしゃれをしないこと」でおしゃれになる方法をお話していきます。ゆっくりしていってくださいね。
リンク・お問い合わせ