TOP私服・普段着の着こなし夏の定番アイテム、Tシャツ&ポロシャツの選び方

夏の定番アイテム、Tシャツ&ポロシャツの選び方

30代のおっさんが語る、夏服えらびのコツ。


今回は20〜30代(もしくはそれ以上)の男性向けにTシャツとポロシャツの選び方についてお話していきたいと思います。

なお、私自身はTシャツが激しく似合わない人なので、「もし自分がTシャツを買うとしたら、こういうところに気をつける」という感じで進めていきたいと思います。


では、さっそく本題。

Tシャツ&ポロシャツ共通(2つ)

1.柄は無地。
Tシャツにしてもポロシャツにしても、服の柄は無地が1番いいですね。落ち着いて見えますし、何よりもコーディネートがしやすいです。

ブランドのロゴが入っている服を選ぶ場合は、目立たないものを選ぶようにするといいでしょう。

ブランドロゴの大きさは、ラコステやラルフローレンなどの、ちょこんと入っているくらいならOKです。ロゴがそれ以上大きい服は、ごちゃごちゃした印象になりやすいです。


無地のTシャツはスッキリして見えるものの地味な印象になりがち、という難点もあるので、コーディネートによってはプリント柄のTシャツを選ぶのも選択肢のひとつかな、と思います。
2.ジャストサイズを。
サイズが合っているだけで格好よさが2割増しです。

裾の長さの目安は、お尻が1/3〜半分隠れるくらいです。胸周りはピチピチにならない程度にゆとりがあればOKです。

Tシャツの選び方(2つ)

1.首まわりの縫い目の幅が太すぎないTシャツを。
リブっていうんですかね、Tシャツやニットの首まわりの伸びる部分のことです。袖や裾にもありますね。
リブ 首まわり リブ 裾
袖や裾のリブは気にしなくてもOK。
首まわりの縫い目の幅が太すぎると野暮ったい印象になります。幅が細いとスマートな印象になります。

とはいえ、縫い目の幅が細い服は、そうでないものと比べると、「首まわりがよれやすい」という欠点もあります。太すぎず、細すぎず。ほどほどの服を選ぶといいでしょう。


私の場合は「0.5〜1.5センチ」を目安にしています。その中では、1センチくらいがベストかなあと感じています。七分丈や長そでのカットソーを選ぶときも同じです。
ニットの場合は「1〜1.5センチ」といったところですね。ご参考までに。

画像のカットソーの首まわりの縫い目の幅は1センチです。
2.生地が薄すぎないように。
生地が薄いTシャツは素肌が透けて見えやすいです。そのため、Tシャツではなく、肌着のように見えてしまうことがあります。

とはいえ、今現在では、こういうTシャツを見かけることは少ないです。

白やライトグレーなど、「素肌が透けて見えやすい色のTシャツを買うときにちょっとばかり気をつけておく」というくらいの認識でOKです。

ポロシャツの選び方(3つ)

1.ボタンの色は服と同じ、もしくは透明を。
使われている色が少ないほどコーディネートに統一感が出ます。「ポロシャツの色が黒なら、ボタンの色は黒か透明がいい」ということですね。

一方、「黒のポロシャツに白のボタン」のように、ポロシャツとボタンの色が違う服もあります。これも悪くはありません。

が、服とボタンの色は、同じほうがスッキリして見えます。
2.5分丈や7分丈のポロシャツは忘れていい。
最近は5分丈や7分丈のポロシャツをよく見かけます。「半袖よりもおしゃれ度アップ!」てな感じのキャッチコピーを引っさげているときもありますね。

5分丈や7分丈のポロシャツは、上手く着こなすことができれば格好いいです。しかし、これらのポロシャツはハッキリいって上級者向けです。

コーディネートを一歩間違えると、あっという間に「いちびった感」が出てしまいます。

一方、半袖のポロシャツは5分丈や7分丈に比べると、コーディネートがしやすいです。そういうことです。
3.襟元のボタンの数が2つなら、1つとめる。3つなら、2つとめる。
選び方というよりは、着るときのことですね。

ポロシャツのボタンをあける数&とめる数は、上記のパターンが1番スッキリして見えます。

それ以外には、「ボタンが2つで2つともとめる」「ボタンが3つで3つともとめる」というパターンもあります。
このパターンには、「キッチリして見える」という長所と「カタく見えてしまうことがある」という短所があります。

コチラのパターンをされる場合は、ボタンをすべてとめたとき、首まわりに多少ゆとりのあるポロシャツを選ぶとコーディネートが上手くいきやすいです。

なお、ボタンをすべてあけるのはおすすめしません。いやらしく見えます。

まとめ

共通
・柄は無地、ジャストサイズを。

Tシャツ
・首まわりの縫い目の幅が太すぎないTシャツを。
・生地が薄すぎないように。

ポロシャツ
・ボタンの色は服と同じ、もしくは透明を。
・5分丈や7分丈よりも、スタンダードな半袖のほうが合わせやすい。
・襟元のボタンの数が2つなら、1つとめる。3つなら、2つとめる。


以上、Tシャツとポロシャツの選び方でした。


あ、あとせっかくなので、Tシャツ&ポロシャツのブランドをいくつか紹介します。ご参考に〜。

・ラコステ
ワニのやつです。シンプル&大人っぽいのがいいですね。
・ポロ ラルフローレン
言わずと知れた、ポロシャツの王様です。値段はするものの、やっぱり格好いいです。
・フレッドペリー
5000円以上するものの、豊富なカラーバリエーションが魅力。2〜30代の方に人気があります。
・ユナイテッドアローズ グリーンレーベル
アローズブランドのひとつです。ポロシャツやカットソーなど、幅広いアイテムがあります。2000円代から入手可能。
・ユニクロ&無印
安いことは正義。パンツと靴にきちんと力を入れておけば、十分に戦うことができます。
・ピジャマクロージング
ピジャマクロージングは、カットソーやカーディガンを取り扱っているブランドです。ピジャマのカットソーはデザイン、着心地ともに最強なんです。


商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
楽天 pyjama clothing [ピジャマクロージング] S/S CREW NECK [S16M1] ショートスリーブTシャツ MEN'S

シンプルなのに格好いいのが素敵です。



関連記事
Tシャツの襟の種類はこれだけ知っておけばいいんです(6種類)
Tシャツの襟の種類について(補足&管理人の事例)
男の普段着のパンツは何を履けばいいの?
シンプルこそすべて。失敗しないデニムとチノパンの選び方
1万円以内で買える、おすすめの腕時計10選(普段使い)


私服・普段着の着こなし


スポンサーリンク



トップへ|ページ上部へ|最終更新日:2013/10/21

Menu

大切なこと、基本的なこと
(心がまえ)
身だしなみ
(眉毛・体臭・下着)
男の髪形
(美容院・セット)
私服・普段着の着こなし
(トップス・インナー)
私服・普段着の着こなし2
(パンツ・靴)
スーツの着こなし
(背広・Yシャツ・ネクタイ)
スーツの着こなし2
(ベルト・革靴、etc)
アウターの着こなし
(ジャケット・コート)
アクセサリ・小物
(時計・財布)
アクセサリ・小物2
(マフラー・手袋)
靴ひもの結び方
(革靴・スニーカー)
コラム
(ファッション用語、独り言)
レビュー・体験談
(買い物・感想)
運営
プロフ画像
管理人
「シンプル」「おしゃれをしないこと」でおしゃれになる方法をお話していきます。ゆっくりしていってくださいね。
リンク・お問い合わせ