TOP私服・普段着の着こなしTシャツの襟の種類について(補足&管理人の事例)

Tシャツの襟の種類について(補足&管理人の事例)

前回の話が長くなっていたので、勝手ながらも記事を2つに分けさせていただきました。


前回の補足

Tシャツの襟の種類は、前回お伝えした6種類以外にも、スクエアネックやハイネックやらいろいろあります。

スクエアネックはほぼ婦人服専用という感じです。ハイネックは普段着ている方を見ることが少ない気がしたので、紹介するのを控えさせていただきました。気になる方は調べてみてくださいね。

体型に合わせた襟の種類を。

「人の失敗談には、何か得られるモノがある」とも思いますので、今回は私個人の事例を紹介させていただきたいと思います。


私は身長(160センチ)の割に肩幅がせまいです。そのため、Tシャツの襟の形によっては「頭が大きく見える、きゅうくつに見える」など、似合うか似合わないかがハッキリと分かれます。


そんな私は、タートルネックとボートネックが似合いません。タートルネックは頭が大きく見え、背伸びしているようにも見えます。
ボートネックは丸みを帯びたデザインのため、華奢な体型の私が着ると、女性のようなシルエットになってしまいます。

私はそもそも体つきが貧相なので、半袖Tシャツを1枚で着るのが似合いません。

そのため、私は夏の暑い季節にはポロシャツか七分丈のカットソー(UネックかVネック)、七分丈or長袖のシャツなど、貧相さをカバーしやすい服を着ています。

もしあなたが以前の私と同じように「自分にはどんなTシャツが似合うんだろう?」なんてことが気になっているのであれば、今着ているタイプのTシャツだけではなく、他の種類を試してみるのもいいかもしれませんね。


おわり


スポンサーリンク



関連記事
Tシャツの襟の種類はこれだけ知っておけばいいんです(6種類)/前回
夏の定番アイテム、Tシャツ&ポロシャツの選び方
男の普段着のパンツは何を履けばいいの?
シンプルこそすべて。失敗しないデニムとチノパンの選び方
男性はワイシャツの下にインナーを着たほうがいいのか


私服・普段着の着こなし


トップへ|ページ上部

Menu

大切なこと、基本的なこと
(心がまえ)
身だしなみ
(眉毛・体臭・下着)
男の髪形
(美容院・セット)
私服・普段着の着こなし
(トップス・インナー)
私服・普段着の着こなし2
(パンツ・靴)
スーツの着こなし
(背広・Yシャツ・ネクタイ)
スーツの着こなし2
(ベルト・革靴、etc)
アウターの着こなし
(ジャケット・コート)
アクセサリ・小物
(時計・財布)
アクセサリ・小物2
(マフラー・手袋)
靴ひもの結び方
(革靴・スニーカー)
コラム
(ファッション用語、独り言)
レビュー・体験談
(買い物・感想)
運営
プロフ画像
管理人
「シンプル」「おしゃれをしないこと」でおしゃれになる方法をお話していきます。ゆっくりしていってくださいね。
リンク・お問い合わせ