TOPコラム足し算のおしゃれと引き算のおしゃれ

足し算のおしゃれと引き算のおしゃれ

着飾るおしゃれと着飾らないおしゃれ。シャネルの名言からそれぞれを考えてみる。


私は「服のセンスがいい人は余計な物を買わない・身に着けない」と考えています。
「服のセンスがある人は、余計なものを身に着けるとおしゃれではなくなることを知っているからこそ、余計なものを身に着けない」とも考えています。


そして、香水で有名なフランスの女性デザイナー、故ココ・シャネルの名言に「ファッションとは、上級者になるほど引き算である」という言葉があります。

本当におしゃれな人は「アクセサリーや派手な服など、いろいろと着飾らずに、シンプルなファッションをしている」ということですね。私もその通りだと思います。


でも、引き算のおしゃれって、「シャネルのようなファッション上級者じゃないとできないほど難しいものなんだろうか」とも思うんですよね。

というのも、これはCoalwood(10colors)というブログの「気取りたがりをだませば」という記事を読んではっと気づいたことでもあるのですが。


彼女の言う、ファッション上級者が心がけている引き算のおしゃれっていうのが、

・シンプルな服装を心がける。
・ゴテゴテとたくさんのアクセサリーを身に着けない。
・全身に使われている色のバランスを考える

こんな感じのことであれば・・・。


それって、特別に難しいことじゃなくて、基本的なことなんですよね。


それだったら、シャネルの言う、ファッション上級者になることはそれほど難しいことではなさそうだなあと。

でね、もうひとつ。

「引き算のおしゃれのような着飾らないおしゃれ」とは正反対で、着飾るおしゃれっていうのもありますよね。

イメージ的には「アクセサリや個性的なデザインの服など、いろんなアイテムを組み合わせて最終的に絶妙なバランスに仕上げるおしゃれ」という感じのものです。

私はこの着飾るおしゃれのことを「足し算のおしゃれ」と考えています。


で、この足し算のおしゃれっていうのは、引き算のおしゃれと違ってものっすごく難しいことだと思うんですよね。

だって、いろんなアイテムをそれぞれの相性を考えながら上手いこと組み合わせていくわけですから。
「こればっかりは生まれ持ったセンスがないと、そうそう上手くはいかないんじゃあ?」と思うんです。

日本人はいろんなものを足してしまいやすい。

でね、実際に街を歩いていると「アクセサリーやら、高価なブランドのカバンやら、いろいろと着飾っている人」をたくさん見かけたんですよね。

ここでちょっと思うことがあって。

私もそうなんですけど、日本人って服にしても何にしても、いろんなものを足してしまいやすい傾向があるよなあと感じたんです。


たとえば携帯電話。

携帯電話ってそもそも電話をするためのものじゃないですか。でも、いつの間にかネットやゲーム、はたまた電子マネーまで使えるようになっていて。

気がついたらガラケーなんて言われるようになっていて。いつの間にかパソコンのようなスマホが主流になっていたりして。

そのころには、機能を積みすぎたことが災いして携帯がフリーズすることがあったり、電池の持ちが悪くなったり、通話のときの相手の声の音量が古い機種よりも小さくなっていたり。

電話をするための携帯が、電話をする道具としてはどんどん使いにくくなってしまっているんですよね。


どれだけ機能が増えても、電話として使いにくくなったら意味がないよなあと。機能を増やすのであれば、電話として使いやすい状態をキープしたまま増やさないと意味がないよなあと。

そうすると、おしゃれも同じことなのかなあと思うんです。

いろいろと着飾る・・足し算のおしゃれをするのもいいけれど、着飾るのは基本的なこと・・シャネルの言うような引き算のおしゃれができるようになってからにしたほうがいいよなあと。

街を歩いている人のコーディネートがダメというわけではありません、念のため


そこで私、ハッと思ったんです。

シャネルの「ファッションとは、上級者になるほど引き算である」という言葉の裏には。

「引き算のおしゃれができないと、足し算のおしゃれなんてできっこないからね、おほほほほーん」

なあんて意味が含まれているんじゃなかろうかと。


なんじゃそりゃ?! って思った方はいちど彼女の画像をググってみてください。

ファッションとは、上級者になるほど引き算である」という言葉を残しているシャネル本人はネックレスや帽子など、いろんなアイテムを絶妙なバランスで組み合わせる、足し算のおしゃれをしていますから(笑


とまあ長くなっちゃいましたけど、大切なことは「足し算のおしゃれをするのは、引き算のおしゃれができるようになってから」という話でした (・∀・)



人生は「引き算」で輝く 本当の自分に目覚める話

人生は「引き算」で輝く 本当の自分に目覚める話

野口嘉則

サンマーク出版

Amazonで詳しく見る



関連記事
おしゃれになるのが簡単な理由
流行なんて追わなくてもいい理由
小物使いが上手くなりたいとか思ってるやつちょっとこい
パンツとアウターにはお金をかけた方がいい理由
おしゃれな人とそうでない人の違いとは


コラム


トップへ|ページ上部

Menu

大切なこと、基本的なこと
(心がまえ)
身だしなみ
(眉毛・体臭・下着)
男の髪形
(美容院・セット)
私服・普段着の着こなし
(トップス・インナー)
私服・普段着の着こなし2
(パンツ・靴)
スーツの着こなし
(背広・Yシャツ・ネクタイ)
スーツの着こなし2
(ベルト・革靴、etc)
アウターの着こなし
(ジャケット・コート)
アクセサリ・小物
(時計・財布)
アクセサリ・小物2
(マフラー・手袋)
靴ひもの結び方
(革靴・スニーカー)
コラム
(ファッション用語、独り言)
レビュー・体験談
(買い物・感想)
運営
プロフ画像
管理人
「シンプル」「おしゃれをしないこと」でおしゃれになる方法をお話していきます。ゆっくりしていってくださいね。
リンク・お問い合わせ