TOPスーツの着こなしスーツのベント(切れ目)の種類とは?

スーツのベント(切れ目)の種類とは?

ベントとは、背広の裾に入っている切れ目のことです。仕事や冠婚葬祭など、一般的な日常生活でスーツを着用するぶんには、ベントの種類は今回お伝えする3つだけ知っておけば十分です。参考になれれば幸いです。

センターベント、サイドベンツ、ノーベント。スーツのベントはこの3つだけ覚えておけばいい。

1.センターベント
センターベントイメージ1 センターベントイメージ2
センターベントは背広の真ん中に切れ目が入っているタイプです。
一般的には2つボタンのシングルスーツに使われます。1番良く見かけるタイプですね。
ビジネス用にはこのタイプか後述するサイドベンツを選んでおくといいでしょう。
2.サイドベンツ(剣吊り)
サイドベントイメージ1 サイドベントイメージ2
サイドベンツはジャケットの両端に切れ目が入っているタイプです。
切れ目(ベント)が2つあるからベンツ(複数形)と呼ぶそうです。西洋の騎士が馬上で剣を抜く時に邪魔にならないよう設計されたという説があり、日本では軍刀をぶら下げる(剣吊り)と呼ばれていたそうです。

このタイプはパンツのポケットに手を入れた時のシルエットが美しくキマるのだとか。私は意識したことがないのですが、言われてみれば「そうか!」とも思いますね。

それに、しゃがんだ時に背広の真ん中が開くセンターベントよりも両端が開くコチラの方が動きやすそうに思えます。

そのため、ビジネスはもちろん、パーティーなどの華やかな場に着ていくのもいいかもしれませんね。
3.ノーベント(切れ目ナシ)
※画像が用意できなくて申し訳ありません。
ノーベントとは、切れ目が入っていないタイプのことです。
ノーベントのスーツは主に冠婚葬祭などのフォーマル用です。一般的には、背広の前のボタン(フロントボタン)の数が少なくなるほどフォーマルよりとなります。

余談ではありますが、ノーベントで前2つ、袖口3つボタンのブラックスーツを1着持っていれば使い回しがきくので便利です。

なんて偉そうなことを言いながらも、私が持っている礼服はこんなことを知らない時に買ったものなので、前2つ、袖口4つボタン、センターベンツと「これじゃただのブラックスーツでしょ」と言いたくなるくらいダメダメです(笑

おわりに

ノーベントはフォーマル用。センターベントかサイドベンツは好みで選んで大丈夫です。

感覚的には、2013年現在はセンターベントよりもサイドベンツの方が流っているのかな?という感じですね。
ちなみに冬であれば、スーツのベントとその上に着るコートのベントは同じ方がキレイに見えます。ご参考までに。


誰も見ていない部分ではありますが、スーツとアウターの切れ目が同じだとスッキリして見えます。
おわり


スポンサーリンク



関連記事
仕事用のスーツの色に迷ったらこの2色を選んでおくといい。
スーツのボタンは2つか3つのどっちがいいの?袖のボタンは何個がいいの?
春夏、秋冬。仕事用のスーツは何着持っていればいい?
スーツをきれいに長持ちさせるお手入れの方法
覚えておきたいネクタイの柄の種類5つ(仕事用)


スーツの着こなし


トップへ|ページ上部

Menu

大切なこと、基本的なこと
(心がまえ)
身だしなみ
(眉毛・体臭・下着)
男の髪形
(美容院・セット)
私服・普段着の着こなし
(トップス・インナー)
私服・普段着の着こなし2
(パンツ・靴)
スーツの着こなし
(背広・Yシャツ・ネクタイ)
スーツの着こなし2
(ベルト・革靴、etc)
アウターの着こなし
(ジャケット・コート)
アクセサリ・小物
(時計・財布)
アクセサリ・小物2
(マフラー・手袋)
靴ひもの結び方
(革靴・スニーカー)
コラム
(ファッション用語、独り言)
レビュー・体験談
(買い物・感想)
運営
プロフ画像
管理人
「シンプル」「おしゃれをしないこと」でおしゃれになる方法をお話していきます。ゆっくりしていってくださいね。
リンク・お問い合わせ