TOPスーツの着こなし21万円以内で買えるスーツに合わせるおすすめのベルト

1万円以内で買えるスーツに合わせるおすすめのベルト

スーツに合わせるベルトの選び方では、仕事用のベルトは「穴の数は5つ、シンプルなデザイン、本革、黒、サイズ調整可」の5つ押さえたものを選べば失敗することはそうそうないとお伝えしました。


さて、今回はそれらのポイントをすべて押さえたおすすめのベルトを紹介させていただきます。それは、イタリアのプレディビーノ(predibino)というブランドのベルトです。
イメージ1 イメージ2
上のベルトは購入3年ほど、下は購入5年ほど。

ここのベルトの良さは、先ほどお話したポイントをすべて押さえていることはもちろんなのですが、何よりも1万円以内の比較的求めやすい値段で手に入るベルトとは思えないくらいに品質が良いんです。

ベルトの厚みが5ミリもあるので、2〜3千円のベルトとは手触りが違います。革製品独特のニオイがするのもいいですね。「いい物を持っている」という悦にひたることもできます。

同じクオリテイのベルトは他にもたくさんあると思いますが、1万円以内でこのクオリティのベルトを取り扱っているブランドってあまりないと思うんです。
イメージ3 イメージ4
上が購入3年、下が購入5年のベルト。使っているうちにどんどん味が出てくるのも本革ベルトの魅力。もちろん、両方とも現役で使えます。
それでは最後に、いつも自分の話ばかりで申し訳ないのですが、私がやらかした失敗とプレディビーノのベルトをいくつかご紹介させていただいて、この記事を終わりにしたいと思います。


他のベルトも見てみる⇒1万円前後で買える、スーツに合わせるおすすめのベルト9選

管理人がやらかした失敗

私は今から数年前にプレディビーノの5つ穴・本革・黒でサイズ調節が可能なフリーサイズを選び、サイズ調整用の道具・革抜きポンチも合わせて購入しました。

しかし、バカな私は新品のベルトを「これでいけるやろ〜」と、何も考えずに「その時使っていたベルトのバックル〜真ん中の穴までの長さ」と同じ長さでカットしてしまったんですよね。

その結果、ウエストがきつくて1番外側の穴にとめるのがやっとという、着けていくなんてとてもできない残念なベルトになり、泣く泣くもう1本買うハメになりました。

プレディビーノにせよ、他のベルトにせよ、もしあなたがベルトのサイズ調整をするのであれば、私のように「いきなりジャストの長さでカットする」のではなく、「ある程度の長さを残してザックリとカットし、その後に微調整をしていく」ようにしましょうね。
イメージ3
微調整しまくった後。穴がポコポコあいていることについては、バックルをハメれば見えなくなるので気にしなくても大丈夫です。

実際に使用しているのは1の穴で、2の穴を使用することもできます。微調整する前にこれよりも5センチほど長さを残した状態でカットしています。
私はベルトに定規を当て、カットするラインにシャーペンで薄い線を引き、定規を当てたままカッターナイフでカットしました。

なお、端から穴の中心までの調度良い長さはベルトによっても違ってくるので、写真はあくまでご参考までに。あ、画像の下の方に写っているのはマイナスドライバーの先端です。
イメージ4 イメージ5
穴をあける場所にはボールペンで目印をつけておくといいですよ。 後は革抜きポンチをあてて金槌でブっ叩くだけ。実際にやる時は雑誌や新聞を下に敷いておきましょう。
イメージ6
革抜きポンチはこんな感じです。上は大きさ比較用のボールペン。
丸印をつけている先端部分が空洞になっています。かなづちでポンチを叩き、ベルトをくりぬくという使い方です。イメージ的には、クッキーの型抜きのそれに近いですね。
ちなみに、ポンチ先端右の茶色の物体はくりぬいたベルトの残骸です。

プレディビーノのベルトをご紹介。(4つ)


最もスタンダードなデザイン。ベルトの幅は最もスリムに見える35ミリがおすすめです。ちなみに、上の写真(管理人私物のベルト)のベルト幅も35ミリです。



光沢があるベルトは派手に見えてしまうのですが、このくらいの光沢なら十分アリですね。



ページの1番上の画像、上のベルト。柄入りではありますが、ある程度スーツの着こなしになれてきたら、こういうのに手を出すのもいいと思います。



スマートな印象ですね。細身の人が身に着けると特に似合いそうです。



価格は300円強。ベルトのサイズ調整に。



※上記のリンク先はすべて楽天の「インポートセレクトSHOPでらでら」というネットショップです。このページの上で紹介しているベルトは、2つともこのお店で購入したものです。


関連記事
ビジネスマンなら押さえておきたい、スーツに合わせるベルトの選び方
1万円前後で買える、スーツに合わせるおすすめのベルト9選
2つ折り財布と長財布。男の財布はどちらを選ぶのが正解なのか。
コレだけ知っておけば大丈夫!スーツに合わせる革靴の種類
1〜3万円で買える、おすすめの腕時計10選(仕事用)


スーツの着こなし2


トップへ|ページ上部

Menu

大切なこと、基本的なこと
(心がまえ)
身だしなみ
(眉毛・体臭・下着)
男の髪形
(美容院・セット)
私服・普段着の着こなし
(トップス・インナー)
私服・普段着の着こなし2
(パンツ・靴)
スーツの着こなし
(背広・Yシャツ・ネクタイ)
スーツの着こなし2
(ベルト・革靴、etc)
アウターの着こなし
(ジャケット・コート)
アクセサリ・小物
(時計・財布)
アクセサリ・小物2
(マフラー・手袋)
靴ひもの結び方
(革靴・スニーカー)
コラム
(ファッション用語、独り言)
レビュー・体験談
(買い物・感想)
運営
プロフ画像
管理人
「シンプル」「おしゃれをしないこと」でおしゃれになる方法をお話していきます。ゆっくりしていってくださいね。
リンク・お問い合わせ