TOP大切なこと、基本的なことセールやバーゲンで良い服を見つけて上手に買い物をするコツ

セールやバーゲンで良い服を見つけて上手に買い物をするコツ

セール落ちしている服とセール対象外の服の違い、わかりますか?


毎年、6〜7月や年末年始になると繁華街の百貨店やセレクトショップはセールやバーゲンで賑わいますよね。

1着何万円もするようなブランドものの高価な服が1万円以下で買えたり、福袋があったりと、セールはファッション好きの方には楽しいイベントでもあり、衝動にまかせてホイホイ買い物をするとあっという間に財布が火を噴くという悩ましいイベントでもあることかと思います。


さて、今回は、

・セールで失敗することなく、上手に買い物をしたい。

・山のようにあるセール品の中から「これだ!」という掘り出しものの服を見つけるコツを知りたい。


こんなことをお考えの人向けに、セールやバーゲンで上手に買い物をするコツをお話していきたいと思います。

目次

1.そもそも、セールやバーゲンで服を買うのはアリ?ナシ?

2.でも、ちょっとくらいはセールでおしゃれな服もあるよね?

3.セール価格になっている服とそうでない服の違いってナニ?

4.そしてですね、ここからが肝心なんですけど。

5.でも、セールの時期というのは。

6.そうなったら、もうこっちのものです。

7.ということで、今回のまとめ(5つ)

.そもそも、セールやバーゲンで服を買うのはアリ?ナシ?

いきなりですけど、みなさんはセールやバーゲンで服を買うのってアリだと思います?それとも、ナシだと思います?

今回の記事のテーマとは矛盾するのですが、本当のところ、私はファッション中級者以上の人でもない限りは、セールで服を買うのはナシだと思っているんです。

ファッション中級者以上の人というのは「服屋さんで自分がどんな服を買えばいいのか、どんな服と合わせたらいいのか」などを悩んだり迷ったりすることなく、スムーズに買い物をすることができる人です。


⇒関連:おしゃれになるのが簡単な理由


・・で、何で私が「セールで服を買うのはナシだと思っているのか」っていいますと、これはみなさんもよく知っているとおり、定価よりも安くなっている服・・、セール落ちしている服は値段を安くしないと売れないからセール価格になっているからです。

デザインが流行遅れだったり、デザインは良くてもコーディネートがしにくい色であったり、サイズ感が微妙であったりと、売れない理由は服によってさまざまです。が、セール落ちしている服はどれもがみんな売れ残りの服だということに変わりはありません。

いくら値段が安くてお買い得だからとはいえ、売れ残りの服を・・デザイン的にイマイチの服を何着も買うのは決して良い買い物とは言えません。

それに、セールで買った服は次の年にはボロボロになったり、飽きてしまったりして着れなくなっていることが多いです。
私なんて、セールで買った服を次の年以降に着た試しがほとんどありません。中には、買った直後にクローゼットの肥やしとなり、試着でしか袖を通していないままゴミ箱行きになった服まであるくらいです。

⇒関連:流行なんて追わなくてもいい理由

.でも、ちょっとくらいはセールでおしゃれな服もあるよね?

もちろん、セール価格になっている服の中には数は少ないものの、「何でこれがセール落ちしているの?」と言いたくなるようなおしゃれな服もあるにはあります。

というのも、セール対象品のすべてが人気のない、売れていない服ばかりでは華がないからです。
セールなんてただの在庫処分」というのは、ショップ側と私たち消費者の間では暗黙の了解のことですので、セール対象品にもちょっとくらいは華がないと、お客様が買い物に来てくれません。

ですので、お店側はセールに華を出すために、セール対象品の中にほんの少しだけセール除外品レベルの、定価で販売しても売れるようなクオリティの服を入れることがあります。

そういった服こそが、セール品の中での掘り出し物です。

ですが、ファッション中級者以上ではない方がたくさんのセール落ちした服の中からそういった服を見つけ出すのは簡単なことではありません。
それができるようになるためには、どうしてもある程度の慣れと経験値が必要です。時間もかかります。

では、ファッション中級者以上ではない方がセール品の中から掘り出し物の服を見つけることができるようになるためにはどうすればいいのか。

・安いからといってむやみやたらに衝動買いをしない。

・ただやみくもに服を探すのではなく、どんな服を買うのかをある程度考えてからセールに行くようにする。

・セール品を買う前に定価でも欲しいかどうかを考える。

・セールで服を買うのであれば、1シーズンでダメになってもいい気持ちを持った上で買う。


こういった心がまえも大切ですが、セールで上手に買い物をするためには、それよりももっと大切なことがあります。

それは、セールに行ってドカドカと買い物をする前にセール価格になっている服とそうでない服の違いを見分けることができる目を養うことです。

セール価格になっている服とそうでない服の違いを見分けることができるようになれば、膨大な数のセール品の中から掘り出し物の服を見つける(見抜く)ことができるようになります。

.セール価格になっている服とセール対象外の服の違いってナニ?

セール落ちしている服に「定価で販売しても売れないから」という理由があるように、定価で販売されている服には「定価のまま販売しても売れるから」という理由があります。

たとえばこんな感じです。

・肌触り、または着心地の良い生地を使っている(夏は涼しい、冬は暖かい)から定価のまま販売しても売れる。

・縫製がしっかりしているので丈夫、傷みにくい。何年も着ることができるから定価のまま販売しても売れる。

・いつになっても着ることができる流行りすたれのない、ベーシックなデザインだから定価のまま販売しても売れる。


このように、セールの時期にもかかわらず定価で販売されている理由は服によってさまざまですが、いずれにせよ、セール対象になっていない服にはそれなりの理由があります。

.そしてですね、ここからが肝心なんですけど。

服屋の店員さんって、「今、この服が人気なんですよ」「この服はもう入荷しないんです〜」などという、本当か嘘かよく分からないことを言うことがありますよね。⇒関連:どういう意味?服屋の店員の何気ない言葉

もちろん、店員さんも仕事なので、お客さんに本当のところをすべて話すわけにはいかない部分も多々あることかとは思いますが。

人によっては、店員さんの本当か嘘かよく分からない発言や「人気NO1商品」「今、売れています!」というような聞こえの良いPOPに惑わされた結果、ショップ側におすすめされた服を買ったのにもかかわらず似合わなかったり、上手に着こなせなかったりすることがあるわけです。

.でも、セールの時期というのは。

普段は「本当か嘘かよく分からないことを言うショップ側が、販売している服をセール対象品とセール除外品に分けることで、暗に「この服は売れていません(人気がない、おしゃれではない)、売れています(人気があります、おしゃれです)」と教えてくれているようなものなんですね。

これを上手く利用しない手はないと思いません?

お店側(プロ)が暗に売れていない服(セール対象品)と売れている服(セール除外品)を教えてくれているんですから、こちらはその両方の服をよーく観察するんです。

デザインはどこが違うのか、服の質感や素材感はどう違うのか、着丈の長さは?袖丈の長さは?パンツの幅は太い?細い?試着したときのシルエットはどう?・・・etc。

慣れないうちはセール対象になっている服とそうでない服の違いがよく分からないことかと思います。

でも、それを何度も繰り返しているうちに・・・。セールに行って、セール対象になっている服とそうでない服を見比べているうちに・・・。

・この服はセール落ちしているだけあってか、やっぱりそれなりのデザインだな。

・デザインは良いんだけど、手触りが微妙だな、イラネ。

・えっ?この服がセール品なの?定価で販売されていてもいいくらいの品質なのに(゚∀゚)


という風に、いつの間にか両者の違いを肌感覚で理解できるようになります。

.そうなったら、もうこっちのものです。

そうなったら、もうあなたは「セール価格になっている服とセール対象外の服の違い」を見分ける(見抜く)ことができるようになっているということです。

そうなったら、後はセール品であろうがそうでなかろうが、服屋さんに行って自分が気に入った服を買うだけです。

セール価格になっている服とセール対象外の服の違いを見分ける(見抜く)ことができるようになった上で服を選んでいるのですから、仮に気に入った服がセール落ちした服であったとしても、その服はセールに関係なく、デザインや着心地の良い服である可能性が高い(=買い物が上手くいく可能性が高い)ということです。

言い方をかえますと、セール価格になっている服とセール対象外の服の違いを見分ける(見抜く)ことができないうちは、セール落ちしている服は買わない方がいいということです。

ちなみに、「セールのときにセール対象外の服を買う」という選択肢もアリです。セール対象外の服は定価で販売しても売れる服(=人気がある、おしゃれな服)ですからね。
セールで安くなっている服をホイホイ買うよりも買い物に失敗しにくいですし、中途半端な服を買わないぶん、かえって無駄遣いを抑えることができます。

.ということで、今回のまとめ(5つ)

セールで失敗することなく、上手に買い物をするためには、

1.まずはセールに行く。

2.セール価格になっている服とそうでない服(定価で販売されている服)の両方をひたすら見る。(手にとったり、試着してみたり)

3.そのときに「何でこの服はセール落ちしているのか、何でこの服はセール落ちしていないのか」を考えながら見るようにする。

4.2と3をしばらく繰り返していくうちに、いつの間にか「何でこの服はセール落ちしているのか、何でこの服はセール落ちしていないのか」が肌感覚で理解できるようになってくる。

5.そうなったら、後はセール品であろうと定価で販売されている服であろうと、気に入った服を買えばいい。


とまあ長々とお話してしまいましたが、実を言うと、セール品の中からおしゃれな服を見つけることができるようになると、セールに行くことそのものが面倒くさくなったりします

そのくらい、セール品の中に掘り出し物の服が紛れこんでいる割合は低いです。それこそ、1日中人ゴミの中を歩き回って1着見つけることができればいいくらいです。

私なんかは、「人がわんさかいる繁華街の中を1日中歩き回って掘り出し物の服を1着見つけることができるかどうかというくらいなら、はじめからセールなんて行かずに定価で気に入った服を買ってカフェにでも入ってまったりした方がよっぽど有意義な時間の使い方じゃね?」という感じです(笑

セールで上手に買い物をしたいと思っていたときにはセールで上手に買い物をすることができず、それができるようになったら、セールに行く気そのものがなくなってしまうという・・。


「恋愛では異性にモテたいと思っているうちはちっともモテず、モテるとかどうでもよくなってきたころにやたらとモテるようになること」がしばしばありますが、セールにしろ、恋愛にしろ、人生というのはなかなか思い通りにはいかないものなんですね。(ちなみに私は薄毛になりたくないのに薄毛が進行しています

以上、セールやバーゲンで良い服を見つけて上手に買い物をするコツでした!


おわり (´・ω・`)



スポンサーリンク



関連記事
おしゃれをするのに押さえておきたい3つのポイント
おしゃれな人の特徴とか服を選ぶときに考えていることまとめ
本当におしゃれな人ほど、大しておしゃれに見えないという話
ボトム?カットソー?今さら聞けないファッション用語まとめ
ユニクロの服の特徴や年齢層、良さげな服まとめ


大切なこと、基本的なこと


トップへ|ページ上部へ|投稿日:2014/5/30

Menu

大切なこと、基本的なこと
(心がまえ)
身だしなみ
(眉毛・体臭・下着)
男の髪形
(美容院・セット)
私服・普段着の着こなし
(トップス・インナー)
私服・普段着の着こなし2
(パンツ・靴)
スーツの着こなし
(背広・Yシャツ・ネクタイ)
スーツの着こなし2
(ベルト・革靴、etc)
アウターの着こなし
(ジャケット・コート)
アクセサリ・小物
(時計・財布)
アクセサリ・小物2
(マフラー・手袋)
靴ひもの結び方
(革靴・スニーカー)
コラム
(ファッション用語、独り言)
レビュー・体験談
(買い物・感想)
運営
プロフ画像
管理人
「シンプル」「おしゃれをしないこと」でおしゃれになる方法をお話していきます。ゆっくりしていってくださいね。
リンク・お問い合わせ