TOP私服・普段着の着こなし2パンツの裾合わせで失敗しないために私が気をつけている2つのこと

パンツの裾合わせで失敗しないために私が気をつけている2つのこと

パンツの裾合わせで失敗したことがある人、この指とまれ!


「お店で試着したときはちょうど良いサイズだったのに、裾合わせをした後、実際に履いてみるとなんか違う・・。というか、長い!裾がくしゃっとなってるし・・・(;´Д`)」

私はこんなサイトを運営しておきながらも、お恥ずかしい話、今でもたまにこういうことがあるんです。でもこういう経験をされたことがある方って、私以外にもいらっしゃるんじゃないかと思うんですよね。

というわけで今回は、個人的な話で恐縮なのですが、私が服屋でパンツを試着するとき、失敗しないために気をつけていることをまとめました。

すでにご存じのことも多いかと思いますが、パンツの裾合わせをするときの参考になれれば幸いです。

目次

1.正しいパンツのウエストの位置

2.私が気をつけている2つのこと

3.まとめ

1.正しいパンツのウエストの位置

男性は腰骨の位置に合わせるのが正解です。女性は男性よりも少し上、おへそのあたりに合わせるのが正解です。

それよりも短めに履く「腰履き」という履き方や股上の短いパンツもあります。が、基本的には、パンツのウエストは上記の位置に合わせるのが正解です。

2.私が気をつけている2つのこと

1.パンツを試着するときに上にあげすぎないないようにする。
私は「パンツのウエストは腰骨に合わせるのが正解」と、頭ではわかっていながらも、ついつい腰骨よりも上に合わせてしまうことがあります。

その理由は3つあります。

1.店員さんを目の前にすると「足を長く見せたい!」と見栄をはってしまう。
2.パンツを腰骨の位置に合わせると「裾丈が短くなるかも!?」と心配してしまう。
3.私は腰骨から足の付け根までの長さが比較的短いのです。そのため、股上の長さが一般的な長さのパンツを腰骨の位置に合わせると、見た目がいわゆる「腰パン状態」になってしまいそうな気がする。


そこで私は、ウエストの位置を間違えないように、パンツを試着するときは自分で自分に「余計なことは考えるな、パンツのウエストは腰骨に合わせるのが正解なんだ」と言い聞かせ、淡々とセオリーどおりに裾合わせをするようにしています。

「裾の位置、これで大丈夫かなあ?」「ちょっと短いような気がする」など、「パンツの裾合わせをするときに自分の頭を使うな、それをやったら高確率で失敗するから、グッとこらえて、淡々とセオリーに従え!」ということですね。
2.細めのパンツは短め、太めのパンツは長め。
パンツの裾丈の正しい(スッキリして見える)長さは、

・スニーカーに合わせる場合は床から1センチほど上。
・ブーツに合わせる場合は床にちょうどつくくらい。

です。それ以上短くなると不格好に、長くなると裾がくしゃっとなってしまい、だらしない印象となります。

細めのパンツほど足のラインがハッキリと見えるため、裾丈を長くするよりは短くした方がスッキリして見えます。
太めのパンツは細めのパンツとは反対で、短くすると裾が浮いたような感じになってしまいます。

私は「細め〜ジャストサイズのパンツ」にスニーカーを合わせることがほとんどなので、パンツの裾丈は床から1センチほど上に合わせています。

もし太めのパンツを履かれる場合は、裾の長さは床にちょうどつくくらいにしておくといいでしょう。それ以上長くするのはおすすめしません。長めの方がいいとは言っても、長すぎるのもいけませんしね。

まとめ

もしあなたがパンツの裾合わせで失敗をしたことがあるのなら、お店でパンツを試着するときは、

・ウエストを正しい位置に合わせるようにする。
・細めのパンツは短め、太めのパンツは長めにする。

この2点に気をつけておくといいでしょう。ちなみに、私はこれらのことを気をつけるようになってから、パンツの裾合わせで失敗する確率が2割程度まで下がりました。

あ、「それでも失敗してるんかい!」なんて鋭いことは言っちゃあいけませんよ (・∀・)



スポンサーリンク



関連記事
パンツとアウターにはお金をかけた方がいい理由
シンプルこそすべて。失敗しないデニムとチノパンの選び方
簡単にできる、パンツのサイズの測り方(7カ所)
男の普段履きスニーカーは2足あれば十分。
大人の男が履くからこそカッコいい、おすすめの定番スニーカー9選


私服・普段着の着こなし2


トップへ|ページ上部

Menu

大切なこと、基本的なこと
(心がまえ)
身だしなみ
(眉毛・体臭・下着)
男の髪形
(美容院・セット)
私服・普段着の着こなし
(トップス・インナー)
私服・普段着の着こなし2
(パンツ・靴)
スーツの着こなし
(背広・Yシャツ・ネクタイ)
スーツの着こなし2
(ベルト・革靴、etc)
アウターの着こなし
(ジャケット・コート)
アクセサリ・小物
(時計・財布)
アクセサリ・小物2
(マフラー・手袋)
靴ひもの結び方
(革靴・スニーカー)
コラム
(ファッション用語、独り言)
レビュー・体験談
(買い物・感想)
運営
プロフ画像
管理人
「シンプル」「おしゃれをしないこと」でおしゃれになる方法をお話していきます。ゆっくりしていってくださいね。
リンク・お問い合わせ