TOP私服・普段着の着こなし2大人の男が履くサンダルはビルケンが最強だという話

大人の男が履くサンダルはビルケンが最強だという話

イメージ1
・BIRKENSTOCK / ARIZONA

30をすぎ、すっかりおっさんとなった今、「大人の男性が街歩きに履いても違和感のないサンダルってなんだろう・・」と考えた結果、「定番ではあるけれども、ビルケンしかないよなあ」という結論に至りました。

ビルケンのサンダルは服に合わせやすいし、歩きやすいし、見た目も格好いい&大人っぽいと、隙がないんですよね。その上、入手しやすい。

30代になっても、40代になっても、男性がファッションとして履くことができるサンダルは、もうこれしかないだろうと思うんです。


ということで今回は、私が個人的に大好きなビルケンのサンダルについてホクホク気分で語っていきたいと思います。お付き合いいただけると嬉しいです (・∀・)

その前にビルケンってナニ?

ビルケンシュトック(BIRKENSTOCK)とは、1774年を起源とするドイツのシューズブランドです。

1954年にビルケンのサンダルの生みの親、カール・ビルケンシュトックが入社しました。それからコルクとラバー素材でできたフッドベッドの開発が始まりました。フッドベッドとは、靴を履いたときに足を置く部分のことです。

1963年にビルケンシュトック初のサンダル・マドリッド(MADRID)が生まれました。

マドリッド白
・画像引用元:ビルケンシュトック公式サイト/マドリッド(MADRID)


それ以来、ビルケンシュトックのサンダルは世界中で広く普及されるようになりました。
ビルケンシュトックは、2013年現在も定番のモデル・アリゾナ(ARIZONA)をはじめ、男性・女性を問わず、人気のあるブランドです。

数千円でソールやバックルなど、部品の交換&修理もできます。

私がビルケンのサンダルを最強だと思っている理由(3つ)

1.サンダルなのに街歩きに履いていくことができる。
サンダルってつっかけのようなデザインをしている特性上、大人の男性が履くとどうしても「近所へのちょっとした外出用としてならいいんだけど、おしゃれ履きとしてはちょっと・・」という、イマイチな見た目になりがちなんですよね。

市販されているサンダルにはラバー製(ゴム)のものが多いので、安っぽく見えてしまいやすいこともネックですし・・。
決してラバー製のサンダルのすべてがダメというわけではありません。中にはいいものもあります、念のため。

でも、ビルケンのサンダルはデザインがシンプルなことと靴の表面(アッパー)の素材にレザー(合皮製を含む)やスウェードを使用しているモデルが多いこともあってか、カジュアルになりすぎず、ほどよく上品に見えるんです。

そのおかげで、街歩きにも違和感なく履いていくことができます。
2.コーディネートがしやすい。
ビルケンのサンダルはデザインがシンプルなので、コーディネートをする服を選びません。

きれいめ系の服装と合わせて上品に履くこともできますし、クロップドパンツ(裾丈が6〜7分丈くらいのパンツ)と合わせて夏っぽくコーディネートをするのもOKと、使い勝手がバツグンにいいんです。

服装の好みって人それぞれだと思うんですけど、だからこそ、「一緒に合わせる服を選ばないシンプルなデザイン」というのは、体に身に着けるものを選ぶにあたってかなり大きいポイントじゃないのかなあと。
3.種類やカラーバリエーションが豊富。
ビーチサンダルのようなものから革靴のようなデザインをしたものまで、ビルケンには実に多くのサンダル(靴も有り)があります。

ブラックやブラウン、ホワイトなど、カラーバリエーションが豊富なこともグッド。


・・っとまあ、私のビルケンについての熱い思いをひとしきり語り終えたところで、ビルケンのサンダルの中でも特に知名度の高い、定番のモデルをいくつかご紹介。

サンダル選びの参考になれれば幸いです。

1.アリゾナ(ARIZONA)

アリゾナ茶
・画像引用元:ビルケンシュトック公式サイト/アリゾナ(ARIZONA)

アリゾナはビルケンの中でも特に人気があり、最もスタンダードなモデルです。私が持っているのもこのタイプです。

シックなブラック、合わせやすいダークブラウン、爽やかなホワイトと、カラーバリエーションも豊富。ストラップでサイズの微調整も可能。

履きやすく、脱ぎやすいので、近所のちょっとしたお出かけに履いている人も多いですね。もちろん、街中もOK。

2.ミラノ(MILANO)

ミラノ黒
・画像引用元:ビルケンシュトック公式サイト/ミラノ(MILANO)

ミラノは「アリゾナにバックストラップがついたモデル」という感じですね。

バックストラップがあるぶん脱げにくく、動きやすい作りになっているのがグッド。アリゾナに比べるとクラシックな印象がありますね。格好いいです。

そのまま素足で合わせるのもいいですし、ベージュやブラウン、グレーあたりの靴下を合わせてみるのも面白そうです。パンツのロールアップはお好みで。

3.ラムゼス(RAMSES)

ラムゼス白
・画像引用元:ビルケンシュトック公式サイト/ラムゼス(RAMSES)

ラムゼスはビーチサンダルのシルエットに近いですね。縦に伸びたラインがスタイリッシュです。

ラムゼスはアリゾナやミラノに比べてサンダルテイストの強いルックスなので、そこを活かして薄手のパンツやクロップドパンツなどの涼しげな服と合わせるのが良さそうです。

4.ボストン(BOSTON)

ボストン黒
・画像引用元:ビルケンシュトック公式サイト/ボストン(BOSTON)

ボストンは私が個人的に狙っている、おしゃれかわいいモデルです。

春や秋にはサンダルとしてだけではなく、靴下を合わせて上履きっぽく履くことができるのがいいんですよね。

ロールアップしたパンツと合わせて〜」「厚手の靴下と〜」なんてことを考えていると夢がひろがりんぐ状態になれます。


ボストンスウェード
・画像引用元:ビルケンシュトック公式サイト/ボストン(BOSTON)

スウェード製もかわいいです。

おわりに

使い勝手の良さはアリゾナ、街歩き用に履いたときの格好よさはミラノ。ラムゼスとボストンは「好きな人にはたまらん」といったところでしょうか。

いずれにしても、どのモデルも大人っぽい&おしゃれです。機会があればぜひお試しあれ。 (・∀・)



スポンサーリンク



関連記事
ビルケンシュトック/アリゾナ(ARIZONA)のレビュー
ビルケンのサンダルにはどんな靴下を合わせたらいい?
シンプルな方がカッコいい。おすすめの定番スニーカー9選
大人の男が履くからこそカッコいい、おすすめの定番スニーカー9選
シンプルこそすべて。失敗しないデニムとチノパンの選び方


私服・普段着の着こなし2


トップへ|ページ上部へ|最終更新日:2014/6/14

Menu

大切なこと、基本的なこと
(心がまえ)
身だしなみ
(眉毛・体臭・下着)
男の髪形
(美容院・セット)
私服・普段着の着こなし
(トップス・インナー)
私服・普段着の着こなし2
(パンツ・靴)
スーツの着こなし
(背広・Yシャツ・ネクタイ)
スーツの着こなし2
(ベルト・革靴、etc)
アウターの着こなし
(ジャケット・コート)
アクセサリ・小物
(時計・財布)
アクセサリ・小物2
(マフラー・手袋)
靴ひもの結び方
(革靴・スニーカー)
コラム
(ファッション用語、独り言)
レビュー・体験談
(買い物・感想)
運営
プロフ画像
管理人
「シンプル」「おしゃれをしないこと」でおしゃれになる方法をお話していきます。ゆっくりしていってくださいね。
リンク・お問い合わせ