TOP大切なこと、基本的なことおしゃれをするメリット

おしゃれをするメリット

何だかんだいっても、単純に見た目が良いほうが生きやすいんですよ。


今回は「ぶっちゃけ、おしゃれを頑張ったらどんなメリットがあるの?」ということについてお話していきたいと思います。


「人間、見た目がすべて」と考えたくはありませんが、悲しいかな、「人間は見た目がすべて」なんですよね。海外では日本ほどではないそうなのですが、残念ながらここは日本です。

ネットでは「※ただし、イケメンに限る」なんて有名なコピペがありますが、個人的には、これは大げさではなくだいたい合っていると思います。

では、おしゃれになったら(外見が良くなったら)どれだけおトクなことが増えるのでしょうか。

・お店の店員の対応が良くなる。

・仕事でかかわる人(取引先、お客様)の印象が良くなる。

・見た目が良いだけで仕事ができそうな人に見える。

・モテやすくなる。

・異性に外見だけでピンハネされない。



ぱっと思いついたことを書きとめてみましたが、よく考えると当たり前のことばかりですね。でも、当たり前のことではあるけれども、日本で生きていく上では、かなりのメリットなんですよね。

それに、おしゃれになる(外見が良くなる)のはおしゃれが簡単な理由にもあるとおり、そんなに難しいことではないんですよね。

「おしゃれになる、人からおしゃれと言われるようになる」には、できることと当たり前のことをすればいいだけなんですよね。


そう考えると、おしゃれなんてお金もかかるし、手間もかかるのでめんどくさいところもあるんですけど、見た目のことに気をつかってみるのも悪くないのかなあと。

そう思って、私は今日もコソコソと育毛サイトを覗いています。



男のお洒落の方程式 たかが見た目で損をしない

男のお洒落の方程式 たかが見た目で損をしない

森岡 弘

講談社

Amazonで詳しく見る



関連記事
おしゃれをするのに押さえておきたい3つのポイント
そもそも、おしゃれってなに?どこを目指せばいいの?
流行なんて追わなくてもいい理由
おしゃれになるのにどのくらいのお金と時間がかかるのか
おしゃれな人になるためには(当サイトの趣旨)


大切なこと、基本的なこと


スポンサーリンク



トップへ|ページ上部

Menu

大切なこと、基本的なこと
(心がまえ)
身だしなみ
(眉毛・体臭・下着)
男の髪形
(美容院・セット)
私服・普段着の着こなし
(トップス・インナー)
私服・普段着の着こなし2
(パンツ・靴)
スーツの着こなし
(背広・Yシャツ・ネクタイ)
スーツの着こなし2
(ベルト・革靴、etc)
アウターの着こなし
(ジャケット・コート)
アクセサリ・小物
(時計・財布)
アクセサリ・小物2
(マフラー・手袋)
靴ひもの結び方
(革靴・スニーカー)
コラム
(ファッション用語、独り言)
レビュー・体験談
(買い物・感想)
運営
プロフ画像
管理人
「シンプル」「おしゃれをしないこと」でおしゃれになる方法をお話していきます。ゆっくりしていってくださいね。
リンク・お問い合わせ