TOP大切なこと、基本的なことおしゃれになるのにどのくらいのお金と時間がかかるのか

おしゃれになるのにどのくらいのお金と時間がかかるのか

趣味でも習い事でも、何か新しいことを始めようとした時って、「自分で満足できるレベルになるまでにどのくらいのお金と時間がかかるのか」ということが気になる人も多いのではないかと思います。


さて、今回は「ファッションが得意ではない、上手くいかない」という人がおしゃれになる、おしゃれと言われるようになるには、どのくらいのお金と時間がかかるのかについてお話していきたいと思います。

大前提!

スーツの着こなしはわかるけど、私服はちょっと・・」「どんな髪形がいいのかわからない・・」というように、人によってスタート地点は違います。

でも、それを言い出すとキリがないので、今回はすべてをゼロからスタートしたと仮定してお話していきたいと思います。


なお、今回の記事は私の経験上での話となります。そのため、「すべての人に絶対にこうですよ!」というわけではありません。

「おしゃれをしていく上での参考にする」程度にお読みいただければと思います。


では、本題。

お先に結論から伝えさせていただきますと、

目安として、1カ月にお金を1〜2万円くらいかけることができるのであれば、1〜2年でおしゃれになる、おしゃれと言われるようになれます。


ではこれから、

1.どうして毎月1〜2万円なのか。

2.どうして1〜2年なのか。



についてお話していきたいと思います。

1.どうして毎月1〜2万円なのか。

その理由は2つあります。

(1)カーディガンやジャケットなど、ひととおりの服をそろえるためには、ある程度のお金がかかる。

(2)かといって、1カ月に何万円も服を買う必要はない。

(1)カーディガンやジャケットなど、ひととおりの服をそろえるためには、ある程度のお金がかかる。

「Tシャツは夏、コートは冬」というように、服にはそれぞれ、旬の時期があります。そして、おしゃれな人というのは、その時期に合った・・季節に合った服を着ているものです。

「秋にはカーディガン、冬にはコートやマフラー」など、季節に合ったファッションをするためには、ある程度のお金がかかります。


その「このくらいのお金をかけることができればいいですよ」という目安が「1ケ月に1〜2万円」ということです。

(2)かといって、1カ月に何万円も服を買う必要はない。

似合わない服を買ってしまう、サイズが合っていない服を買ってしまう」など、ファッション初心者の方が服を買うときには失敗がつきものです。

服のセンスというのは、いろんな服を買ってみて、試着してみて、失敗や試行錯誤を重ねて、少しずつ良くなっていくものです。

そのため、一気におしゃれになろうとして、1ケ月に10万円ぶんの服を買うよりも。

「1枚あたり数千円の服を1カ月に2〜3着買う」という風に、少しずつ、無理のない範囲で服を買っていく方が・・少しずつ、経験値を積んでいく方が、かえっておしゃれが上手くいきやすいです。

単純に考えて、そちらの方が経済的な負担も軽いですしね。

どんな服を買えばいいのかが分からないうちにいきなり高い服を買っても、失敗する可能性が高い」とも言えますね。

2.どうして1〜2年なのか。

先ほどもお伝えしたとおり、服のセンスというのは、いろんな服を買ってみて、試着してみて、失敗や試行錯誤を重ねて、少しずつ良くなっていくものです。

そして、カーディガンやポロシャツなど、ひと口に服といっても、たくさんの種類があります。

「夏にはTシャツ、秋にはジャケット」という風に、季節ごとに売っている服は違います。そのため、ひととおりの服を買いそろえるだけでも、1年はかかります。

でもこれって、言い方をかえますと、「1年間もあれば、ひとおおりの服を買いそろえることができる」とも言えるんですよね。

ということは。

「上手くいけば、1年間もあれば、ひととおりの服をおしゃれに着こなすことができるようになっている」とも言えるんですよね。

もちろん、生まれ持った服のセンスがよほど良い人でもない限り、現実では、こんな風に上手くいくことはそうそうありません。

といいますか、正直なところ、ファッション初心者の人が1年間、試行錯誤をしながら、継続的に服を買ったとしても。

「それだけでおしゃれになれる、他の人からおしゃれですねと言われるようなレベルになれる」なんてことはそうそうありません。

しかし、たとえはじめの1年間で思ったようにおしゃれが上手くいかなかったとしても。

・この1年、おしゃれを頑張ったけど、普段着にはどんな靴を履いたらいいのかがいまだに分からない・・。

・でも、カーディガンやパンツのコーディネートの仕方は何となく分かったかなあ。


などなど、たとえ上手くいかなかったとしても、実際に行動していれば、最初の1年間で何かしらの収穫があることかと思います。


その、最初の1年間で学んだことを2年目に上手く活かしていくことができれば。
ファッション初心者の方でも、おしゃれになる、他の人から「おしゃれですね」と言われるようになるのは、それほど難しいことではありません。

上の例でお話してみると、

2年目では、1年目でよく分からなかった靴の選び方やコーディネートの仕方を学びつつ。
上手くいったこと(カーディガンやパンツのコーディネート)をさらに上手くできるよう、服を買ったり、試着してみたりする。


ということですね。


・・どうですか?


2年間もあれば、何とかおしゃれになれそうな気がしてきませんか? (笑

ということで、今回のまとめ(3つ)

ファッション初心者の人がおしゃれになる、他の人から「おしゃれですね」と言われるようになるためには、

1.目安として、1カ月にお金を1〜2万円くらいかけることができるのであれば、1〜2年でおしゃれになる、おしゃれと言われるようになれる。

2.月に10万円というように、一気におしゃれになろうとするよりも、少しずつ、無理のない範囲で服を買っていく方が、かえっておしゃれが上手くいきやすい。

3.たとえはじめの1年間でおしゃれが上手くいかなかったとしても、上手くいかなかったところを2年目以降に改善していけばいい。



以上、「おしゃれになるのにどのくらいのお金と時間がかかるのか」でした!

おわりに

「一朝一夕でおしゃれになれる!」というわけではありませんが、おしゃれが簡単な理由にもあるとおり、おしゃれになる、おしゃれと言われるようになるのは難しいことではありません。

それに毎日の仕事や勉強と違い、ファッションについては、疲れたらいつでも休むことができます。

なので、金銭的にも時間的にも、ムリのないペースで、できることやできそうなことから手をつけていきましょうね。



スポンサーリンク



関連記事
おしゃれをするのに押さえておきたい3つのポイント
流行なんて追わなくてもいい理由
おしゃれな人になるためには(当サイトの趣旨)
服にお金をかけられないときに知っておきたい、服選びのコツ
おしゃれになるのが簡単な理由
無印良品やユニクロの服をおしゃれに着こなす3つのコツ


大切なこと、基本的なこと


トップへ|ページ上部へ|最終更新日:2013/11/14

Menu

大切なこと、基本的なこと
(心がまえ)
身だしなみ
(眉毛・体臭・下着)
男の髪形
(美容院・セット)
私服・普段着の着こなし
(トップス・インナー)
私服・普段着の着こなし2
(パンツ・靴)
スーツの着こなし
(背広・Yシャツ・ネクタイ)
スーツの着こなし2
(ベルト・革靴、etc)
アウターの着こなし
(ジャケット・コート)
アクセサリ・小物
(時計・財布)
アクセサリ・小物2
(マフラー・手袋)
靴ひもの結び方
(革靴・スニーカー)
コラム
(ファッション用語、独り言)
レビュー・体験談
(買い物・感想)
運営
プロフ画像
管理人
「シンプル」「おしゃれをしないこと」でおしゃれになる方法をお話していきます。ゆっくりしていってくださいね。
リンク・お問い合わせ