TOP大切なこと、基本的なことおしゃれな人になるためには(当サイトの趣旨)

おしゃれな人になるためには(当サイトの趣旨)

おしゃれをしないほうが、かえっておしゃれが上手くいく。


おしゃれな人とそうでない人の違いでは「おしゃれな人とは人から好感を持たれる服装をした人、そうでない人は人から好感を持たれない服装をした人」とお伝えしました。

では、私たち(失礼!)のように服のセンスがなく、ファッションが得意ではない人がおしゃれな人になるためには、どういうスタンスでいけばいいのでしょうか。

これは当サイトの趣旨でもあるのですが。

おしゃれな人になりたいのであれば、おしゃれになろうとしないほうがいいのです。むしろおしゃれをせず、ダサくならないようにしたほうがいいのです。


というのも、ファッション初心者の人が「カッコいい!」と思って選んだアイテムはそうでないことの方が多いのです。


かくいう私もこれまでにシルバーのネックレスやレザーのブレスレットなど、アクセサリにいろいろと手を出しました。しかし、私がそれらを身に着けて格好よくなったことはありませんでした。

今にして思えば、私の場合は「アクセサリーなんて身に着けないほうがマシ」というレベルのひどさでした。


そして、冒頭でお話したように、おしゃれな人とは「人から好感を持たれる服装をした人」です。

もう少し掘り下げていいますと。

「100人のうち5人に絶賛されるけど、95人にダサいと思われる個性的な服装」よりも「とりたてておしゃれではないけど、100人のうち95人に好感を持たれる清潔感のある無難な服装」の方がおしゃれだということです。


いつ、どこで、誰と会っても問題ない、TPOに合わせた着こなしができる人とも言えそうですね。
ちなみにTPOとは、Time(時)、Place(場所)、Occasion(場合)の略です。

前者のイメージは、穴があきまくったビンテージもののデニムや、汚れまくったデッドストックのスニーカーを履いている人でしょうか。わかる人にはわかる服装だとは思いますが、一般的には汚い恰好ですよね。

個性的な服装もいいのですが、やりすぎてしまうとおしゃれな人ではなく、「おしゃれをこじらせた人」になる可能性があります。


それに対して、後者は無印良品やユニクロ、しまむらなどで買えそうなシンプルで無難な服装をしている人でしょうか。

このタイプの人は高価なブランドのアイテムを身に着けているわけでもなく、個性的というわけでもありません。

しかし、彼らはヒゲは毎日きちんと剃り、髪の毛はだらしないと思われない程度には整え、きちんと洗濯した、きれいでサイズもピッタリの服を着ています。

どちらが一般的におしゃれな人なのかといえば、私は圧倒的に後者の方がおしゃれな人だと思います。

おしゃれになるのはそれほど難しいことではない。

これは私も身を持って感じたことなんですけど、サイズが合っていて清潔感のある服装さえしていれば、それだけでおしゃれな人と思われたりするものなんですよね。

これはあなたが「おしゃれな人だなあ」と感じた方のことを実際にイメージしてもらえればわかりやすいかと思います。

といいますか、いきなりのお願いでアレなんですけど、あなたが「おしゃれな人だなあ」と感じた方のことを友人でも同僚でもいいので、実際にイメージしていただけませんか?



どうですか? イメージしていただけましたか?


で・・ですね。


あなたがイメージした身近な人の中で「この人みたいには絶対になれない!」と言いたくなるくらい、超絶的におしゃれな人っていました?

あっ、もちろん、生まれ持ったルックスは別として考えてくださいね。


で・・ですね。もし間違っていたら申し訳ないんですけど、そんな人はそうそういなかったんじゃないのかなーと思うんですよね。

むしろ、「何となくおしゃれだなあ」と感じるくらいで、よく考えてみたら、みんなそれほど大差なかったんじゃないのかなあって思うんです。

なんか格好いい、なんかかわいいとか、そんな感じの曖昧なイメージが思い浮かんだんじゃないのかなあと。


だって、私なんて、おしゃれだなーと思っている友人のことさえ、会った次の日になったら「友人がどんな服を着ていたのか」なんてことはキレイさっぱり忘れていますから(笑

おしゃれな友人が「AというアイテムとBというアイテムの組み合わせがすごく上手だった」なんてことまでは覚えてないんですよね。

でも、私の中で「友人は全体的にそつがない、こぎれいな服装をしていたから、何となくおしゃれな人だと感じた」という印象だけは残っているんですよね。細かいところまでは覚えていないのに(笑

そうなんです。おしゃれなんてそんなもんなんです。

サイズが合っていて清潔感のある服装さえしていれば、それだけでおしゃれな人と思われたりするものなのです。

変なことさえしなければ、誰だって人から「おしゃれですね」と言われるようになるものなのです。

ファッションなんて簡単なので、あなたも私と一緒に、誰でもできる、無難かつシンプルな服装をして、「○○さんって、おしゃれですね」と言われる悦にひたりませんか?



スポンサーリンク



関連記事
おしゃれが上手くいかない3つの理由
自分に似合う服を知っている人はおしゃれな人なのか?
おしゃれをするのに押さえておきたい3つのポイント
そもそも、おしゃれってなに?どこを目指せばいいの?
おしゃれになるのにどのくらいのお金と時間がかかるのか


大切なこと、基本的なこと


トップへ|ページ上部へ|最終更新日:2013/12/20

Menu

大切なこと、基本的なこと
(心がまえ)
身だしなみ
(眉毛・体臭・下着)
男の髪形
(美容院・セット)
私服・普段着の着こなし
(トップス・インナー)
私服・普段着の着こなし2
(パンツ・靴)
スーツの着こなし
(背広・Yシャツ・ネクタイ)
スーツの着こなし2
(ベルト・革靴、etc)
アウターの着こなし
(ジャケット・コート)
アクセサリ・小物
(時計・財布)
アクセサリ・小物2
(マフラー・手袋)
靴ひもの結び方
(革靴・スニーカー)
コラム
(ファッション用語、独り言)
レビュー・体験談
(買い物・感想)
運営
プロフ画像
管理人
「シンプル」「おしゃれをしないこと」でおしゃれになる方法をお話していきます。ゆっくりしていってくださいね。
リンク・お問い合わせ