TOP大切なこと、基本的なことそもそも、おしゃれってなに?どこを目指せばいいの?

そもそも、おしゃれってなに?どこを目指せばいいの?

おしゃれなんて形のないただの概念なんです。


・服のセンスをよくしたいけど、うまくいかない。

・スーツの着こなしかたがイマイチよくわからない。

・異性にモテたい。


「おしゃれになりたい」と思う理由は人によってさまざまだと思います。ちなみに、私の場合は女の子にモテたかったからです(笑

でも、おしゃれってそもそも何なのでしょう?

おしゃれとは、辞書によると「服装や化粧などを洗練したものにしようと気を配ること。洗練されていること。また、そのさまや、その人」とあります。

辞書の言葉をそのまま解釈すると、私たちは何を身につけていようと、どんな服装をしていようと、服装や化粧などを洗練したものにしようと気を配っている現時点でおしゃれな人と解釈できそうですね

こうやって考えてみると、おしゃれなんてハッキリとした形のない、曖昧な概念のようにも思えますね。
でもそれを言っちゃうと、何を目安におしゃれをすればいいのかがわからなくなってしまいます。

では、何を目安にすればいいのでしょうか?

個人的には「あなたが自分の外見に対して気になっていることを解決できた」と感じることができれば、それでいいと考えています。

現実的に解決する必要なんてないのです。大切なことは「あなたがどう感じるか」ということです。

言い方をかえますと、他の人から「お前、その服装はちょっと・・」と思われようが、「あなたが自分の外見に対して気になっていることを解決できた」と感じることができれば、それでいいのです。


なぜなら、人間は自分が気にならないことは考えないように、悩まないようにできているからです。

たとえば・・あなたは、タオルのことについて四六時中悩みますか?

あなたはもし友人や知人に「お前の使っているタオルは汗の吸収力がだな・・、手触りがもっと良いものを使ったほうが・・」とかなんとか言われて、「ど、どうしよう!?俺のタオルが大変だ、ヤバい!」なんて不安になりますか?

まず、ならないと思います。なったとしても、どうかと思います。

おしゃれもタオルと同じです。本人が気にならなくなったらそれでいいのです。じゃあ、気にならなくなるためには、どうすればいいのか。簡単です。


それは、「あなた自身が気にならなくなる」と感じるまで、髪形や服装など、気になったことやできそうなことを1つずつしていくだけでいいのです。

完璧にする必要なんてありません。完璧を目指すとしんどいですし、何よりも楽しくありません。


そして、気になったことやできそうなことをしていくうちに、今はまだイメージしにくいことだとは思いますが、いつの間にか自分の外見のことなんて気にならなくなっています。

そして、それはそんなに難しいことではありません。だって、おしゃれが簡単な理由にもあるとおり、おしゃれなんて簡単なんですから。


そんな私は、今日もコソコソとグーグルの検索窓に「フケ かゆい 乾燥」「乾燥肌 かゆみ ひどい」「しもやけ 自力 治す」とか打ちこんでいます。
そして、「こんなこと、暖かくなる春先にはすっかり忘れているんだろうなあ」とも思います。

この記事を書いたのは2012年の冬です。



スポンサーリンク



関連記事
流行なんて追わなくてもいい理由
おしゃれになるのにどのくらいのお金と時間がかかるのか
おしゃれな人になるためには(当サイトの趣旨)
おしゃれをするのに押さえておきたい3つのポイント
おしゃれをするメリット


大切なこと、基本的なこと


トップへ|ページ上部

Menu

大切なこと、基本的なこと
(心がまえ)
身だしなみ
(眉毛・体臭・下着)
男の髪形
(美容院・セット)
私服・普段着の着こなし
(トップス・インナー)
私服・普段着の着こなし2
(パンツ・靴)
スーツの着こなし
(背広・Yシャツ・ネクタイ)
スーツの着こなし2
(ベルト・革靴、etc)
アウターの着こなし
(ジャケット・コート)
アクセサリ・小物
(時計・財布)
アクセサリ・小物2
(マフラー・手袋)
靴ひもの結び方
(革靴・スニーカー)
コラム
(ファッション用語、独り言)
レビュー・体験談
(買い物・感想)
運営
プロフ画像
管理人
「シンプル」「おしゃれをしないこと」でおしゃれになる方法をお話していきます。ゆっくりしていってくださいね。
リンク・お問い合わせ