TOP大切なこと、基本的なことおしゃれな人が服を買うときに考えているたった1つのこと

おしゃれな人が服を買うときに考えているたった1つのこと

服の合わせ方を考えるのは、服を買った後ではなく、買う前にしましょうねって話。


「たった1つのこと」なんてちょっと大げさな、釣りくさいタイトルですいません!(笑

今回は、服屋さんで新しい服を買う時には、「ただ気に入ったから買う」のではなく、あらかじめ「今持っている服とどんな風に合わせるのか、コーディネートをするのか」まで考えてから買うようにするといいですよってお話です。

要約すると、こんな感じです。

1.おしゃれな人(買い物上手な人)は、どんな服と合わせるのかを考えてから新しい服を買う。

2.おしゃれではない人(買い物が上手ではない人)は、ただ気に入っただけで新しい服を買う。


これ、私も経験があることなんですけど、「新しい服を買ったはいいものの、上手く着こなすことができなくて、結局クローゼットの肥やしに・・」なんてときは、「あらかじめどんな服と合わせるのかを考えず、ただ気に入っただけで買った服」であることが多かったんですよね。

もちろん、あらかじめどんな服と合わせるのかを考えたうえで服を買った場合でも、結局上手く合わせることができない(=買い物に失敗する)ことはあります。

ですが、ただ気に入っただけで服を買ったときに比べると、買い物に失敗する確率ははるかに低いはずです。

そして、ここからが大切なのですが、服屋さんで服を買うときにあらかじめ「今持っている服とどんな風に合わせるのか」まで考えてから買うことを繰り返していくうちに、それが習慣になっていくうちに・・・。

自分でも気がつかないうちに、服のセンスが良くなっていきます。(=ファッションのレベルが上がる)

これ、嘘のような本当の話です。理屈を解説しますと、


気に入っただけで服を買う場合(ダメな例)
おっ、この服かっこいいじゃん、買おう。

さて、どうやってコーディネートしようかな?(服を買った後にコーディネートを考える)

合わせ方がわからない・・・。オワタ \(^o^)/

次はこんな失敗をしないようにしよう。(ここではじめて、買い物に失敗したことを学ぶ)

この例では失敗したことをきちんと学んでいるので、厳密にはダメではありません。本当にダメなのは、失敗から何も学ばないパターンです。(または、失敗していることに気づいていないパターン)




あらかじめ「今持っている服とどんな風に合わせるのか」まで考えてから服を買う場合(良い例)

おっ、この服かっこいいじゃん。買おうかな?

でも、どの服と合わせようかな。(自宅ではなく、服屋さんでその場で頭を使って考える)

う〜ん、上手なコーディネートが見つからない。格好いいんだけど、この服を買うのはやめとこう。(実際に服を買うことなく、自分には、このタイプの服を上手く合わせることができないと学ぶ)

こんな感じです。

ダメな例では、実際に服を買ってから「これは失敗したなあ」と気づき、次は同じ失敗をしないように学んでいます。

良い例では、服屋さんで「自分が今持っている服とどうやって合わせるのか」を考えたうえで、「ああ、この服は今の自分ではおしゃれに着こなすことができそうにないから、やめておこう」と学んでいます。

つまり、ダメな例(厳密にはダメじゃないです)では、服を買った後にしか学びがないことに対して、良い例では、服を買わなくても学ぶことができるということです。

もう少しかみくだいてお伝えしますと、ダメな例では、1回(1日)の買い物で買った服のことについてしか学べないことに対して、良い例では必ずしも服を買う必要がありませんので、1回(1日)の買い物で複数のことを学ぶことができるということです。

野球にたとえると、


「1日に素振りを1回しかしないバッターと1日に何度も素振りをするバッターのどちらが上達が早いのか」


という話ですね。


また、「服屋さんで気に入った服を見るたびにどんな服と合わせるのかをその都度考える習慣」が身につきますと、副産物的に、服のコーディネートを考えるのにかかっていた時間が今までよりも短くなります。

理屈としては、


自宅で外出する前だけではなく、お店で服を見ているときにも服のコーディネートを考えるようになる。

「服屋さんで服を見ながらコーディネートを考える」ということは「自宅のクローゼットの中にある服をその場で見ることなく、頭の中にあるイメージだけで服のコーディネートを考える」ということ。

この「服屋さんで気になる服を見つける→脳内でコーディネートを考える」という流れを繰り返しているうちに、いつの間にか「自分がどんな服を持っているのか、どの服とどの服の相性が良いのか」などを今まで以上に把握できるようになっている。

結果として、服のコーディネートを考えるのにかかっていた時間が今までよりも短くなる。

こういうことです。ちょっと分かりづらくてすいません!

今回のまとめ(3つ)

1.お店で気に入った服を見つけたときは、買うにしても買わないにしても、「今持っている服と合わせることができそうかどうか、上手く着こなすことができそうかどうか」などを考えるようにするといい。

2.服を買う前にどんな服とコーディネートするのかを考える習慣が身に着くと、自分でも気がつかないうちに服のセンスが良くなっていたりする。

3.それだけではなく、服のコーディネートを考えるのにかかっていた時間まで短くなっていたりする。



っとまあ、偉そうなことを言っておきながらこんなことを言うのもなんなのですが、私自身は服を見るときにどんな服と合わせるのかを考えてばかりというのもなかなかにしんどいので、何も考えずにそのときの気分だけで買い物をし、気がついたときには数万円を散財しているなんてことがちょくちょくあります(笑

服のコーディネートを考えるあまり、せっかくの買い物が楽しくなくなってしまっては元も子もありませんし、実際に身銭を切って失敗しないと身につかないことも多々ありますので、今回のお話は参考ていどに、頭の片隅にでも置いておいていただければと思います〜 (・∀・)

以上、おしゃれな人が服を買うときに考えていることでした!



スポンサーリンク



関連記事
セールやバーゲンで良い服を見つけて上手に買い物をするコツ
服屋の店員の言葉はどこまで信用できる?
ボトム?カットソー?今さら聞けないファッション用語まとめ
服を試着したときにその服を買うか買わないかでウダウダ悩まない
1点豪華主義のおしゃれをする上で気をつけておきたいこと
ファッション初心者の人は季節感を取り入れた服装なんて忘れていい


大切なこと、基本的なこと


トップへ|ページ上部へ|投稿日:2014/12/26

Menu

大切なこと、基本的なこと
(心がまえ)
身だしなみ
(眉毛・体臭・下着)
男の髪形
(美容院・セット)
私服・普段着の着こなし
(トップス・インナー)
私服・普段着の着こなし2
(パンツ・靴)
スーツの着こなし
(背広・Yシャツ・ネクタイ)
スーツの着こなし2
(ベルト・革靴、etc)
アウターの着こなし
(ジャケット・コート)
アクセサリ・小物
(時計・財布)
アクセサリ・小物2
(マフラー・手袋)
靴ひもの結び方
(革靴・スニーカー)
コラム
(ファッション用語、独り言)
レビュー・体験談
(買い物・感想)
運営
プロフ画像
管理人
「シンプル」「おしゃれをしないこと」でおしゃれになる方法をお話していきます。ゆっくりしていってくださいね。
リンク・お問い合わせ