TOP私服・普段着の着こなし2ブーツなんて必要ない。男の靴はスニーカーで十分。

ブーツなんて必要ない。男の靴はスニーカーで十分。

ブーツって格好いいですよね。

なんと言っても、スニーカーと比べると値段の高い靴が多いこともあってか、履いたときの見た目が大人っぽく見えるのがいいんですよね。とはいえ、スニーカーはスニーカーで捨てがたいんですよね。

さて、今回は「普段着に合わせる靴はブーツかスニーカーのどちらを選ぶのが正解なのか」について考えてみたいと思います。


※この記事でお伝えしていることは私の個人的な意見にすぎません。そのため、もし違和感を感じられたら「こういう考え方もあるんだな」程度にお読みいただければと思います。


記事タイトルですでに答えは出ているのですが、まずはお先に結論から。


もしあなたが「男性が私服に合わせる靴は何を履いたらいいんだろう・・」なんてことが気になるのであれば、

普段着に合わせる靴はスニーカーを選んでおくといい。

なぜなら、「ブーツは履きこなすのが難しい。経験とセンスがいる。スニーカーは履きこなすのが簡単。経験もセンスもいらない」からです。

まず、大前提としてブーツはきちんと履きこなすとメチャクチャ格好いいです。そのカッコ良さはスニーカーの比ではありません。

うまく履きこなすことができるのであれば、ブーツでもスニーカーでも、好きな方を選んだらいいと思います。

しかし、ブーツはスニーカーに比べるとうまく履きこなすのが難しいです。

かくいう私もレッドウイングやティンバーランドのブーツに挑戦したことがあるのですが、そのあまりのコーディネートの難しさとお手入れの面倒くささに挫折しました。


ではこれから、私が

普段着に合わせる靴にブーツをおすすめしないと考えている理由を7つ

お伝えしていきたいと思います。


1.お手入れが難しい。手間もかかる。
レザーやスエードなど、素材によってお手入れの方法が違います。置き場所も考えないといけません(乾燥しすぎると革が割れる、湿気がありすぎるとカビが生える)。
2.雨の日に履けない。
「そんなん、防水スプレーをかけたら大丈夫でしょー!」と言われそうですが、あれは万一のために靴を保護するためにかけるものです。雨の日に履くためにかけるものではありません。
3.履くのに時間がかかる。
靴べらを使ったり靴ひもを結んだりと、スニーカーに比べて手間がかかります。
「かかとを踏むようにしたら簡単に履けるよ!」という話もありますが、それはいけません。
靴が傷みますし、何よりも、そんなだらしないことは紳士としていけません。
4.単純に足が疲れる。
ほとんどのブーツはスニーカーよりも重いです。長時間歩くとそれだけ足にきます。それに、靴のサイズが合っていない時の靴ずれになる確率の高さはスニーカーの比ではありません
5.自分に合ったサイズを見つけることが難しい。
革のブーツは履いているうちに伸びてくることを期待して、最初はキツめのサイズを選ぶことが一般的です。しかし、どのくらいのキツさが最適なのかはブーツによって、足の形によっても違ってきます。

試着した時間によっても違ってきます。一般的には、足は夕方になるにつれてむくんできます。⇒スーツに合わせる革靴を選ぶときのコツ(サイズ編)

適格なアドバイスをしてくれる良い店員さんに当たればいいのですが、慣れないうちは良い店員とそうではない店員を見分けることができません。
6.高い。
切実です。
7.パンツとのコーディネートが意外と難しい。
スニーカーに最適なパンツの裾の長さとブーツに最適な長さは違います。

具体的には、「スニーカーに合わせるのならパンツの裾が床から1センチ上くらい、ブーツに合わせるのなら床にくっつくくらいがちょうど良い長さ」です。

これが意外と大きな落とし穴なんですよ。

どういうことかといいますと、「スニーカーで合っていたパンツをブーツと合わせると何だかなあ・・」なんてことが当たり前のように起こるということです。

言い方をかえますと、「上手くコーディネートするためには、スニーカーに合わせるならスニーカー用のパンツ、ブーツに合わせるならブーツ用のパンツ。それぞれを用意する必要がある」ということです。

両方を上手く履きこなそうとすると、手間もお金もかかります。もちろん、「毎日ブーツだけを履く」のであれば何の問題もないのですが、そういう方は少ないのでは?と思います。

そして、これは背が低く、ガリガリな私の場合だけかもしれませんが、ブーツと細身のパンツを合わせようとすると、パンツの裾まわりよりもブーツの方が大きくて足元がグシャっとなるんです。これは見た目が良くありません。

パンツとブーツのサイズと色の相性がバッチリでも上手くコーディネートできないことがあるんですよね。

じゃあ、スニーカーはどうなのさ?

スニーカーでもお手入れが難しいものはありますし、高いものもあります。細かいことを言い出すとキリがありません。

が、スニーカーはブーツに比べて、

1.お手入れがカンタンです。汚れたら水洗いもできます。

2.雨の日でも履けます。

3.履くのに時間もかかりません。

4.足も疲れにくいです。

5.サイズ合わせも簡単です。

6.値段もそれほど高くありません。

7.コーディネートもしやすいです。

まとめ

もしあなたが「私服にどんな靴を履けばいいのかが気になっている&よく分からない」のであれば、普段着に合わせる靴はブーツよりもスニーカーを選んでおくといいでしょう。

なんだかんだ言っても、ブーツよりもスニーカーの方が失敗する確率が低いのは大きいです。

「無難で定番のスニーカーの方が格好よく見える確率が高い」とも言えますね。「誰が履いても似合うから定番になっている」とも言えますね。

かくいう私も、革靴といえばスーツ用の靴しか持っていません。「ブーツも欲しいなあ・・」とは思うんですけど、上手く履きこなす自信がないもので・・ (;^ω^)



スポンサーリンク



関連記事
男の普段履きスニーカーは2足あれば十分。
シンプルな方がカッコいい。おすすめの定番スニーカー9選
男性の私服用の靴下は何を履けばいいのかを考えてみた
男の普段着のパンツは何を履けばいいの?
パンツとアウターにはお金をかけた方がいい理由


私服・普段着の着こなし2


トップへ|ページ上部

Menu

大切なこと、基本的なこと
(心がまえ)
身だしなみ
(眉毛・体臭・下着)
男の髪形
(美容院・セット)
私服・普段着の着こなし
(トップス・インナー)
私服・普段着の着こなし2
(パンツ・靴)
スーツの着こなし
(背広・Yシャツ・ネクタイ)
スーツの着こなし2
(ベルト・革靴、etc)
アウターの着こなし
(ジャケット・コート)
アクセサリ・小物
(時計・財布)
アクセサリ・小物2
(マフラー・手袋)
靴ひもの結び方
(革靴・スニーカー)
コラム
(ファッション用語、独り言)
レビュー・体験談
(買い物・感想)
運営
プロフ画像
管理人
「シンプル」「おしゃれをしないこと」でおしゃれになる方法をお話していきます。ゆっくりしていってくださいね。
リンク・お問い合わせ