TOPコラム「自分はなにを着ても似合わない」と思っている人の方がかえっておしゃれになりやすいという話

「自分はなにを着ても似合わない」と思っている人の方がかえっておしゃれになりやすいという話

なにを着ても似合わないからこそ、良かったと思えることもある。


今回は、

・なにを着ても似合わない。

・どんな服も似合わない。

・いろんな服を着てみたけどどれもシックリこない。パッとしない。


こんな人向けのお話です。


「なにを着ても似合わない」という人は、これまでに「古着屋さんに行く、百貨店に行く、セレクトショップに行く、気になった服を試着してみる、買ってみる」などして、たくさんの服を着てきたことかと思います。

また、特定のジャンルの服だけではなく、カーディガンやパーカー、Tシャツ、チノパン、デニム、カーゴパンツなど、それだけたくさんの種類の服を着てきてきたことかと思います。

そして、それだけたくさんの服を着てきたのに、そのどれもがしっくりこないと。

これ、私もそうだったからよく分かるんですけど、「新しく買った服が似合わないこと」が何度も続くと、「自分には服のセンスがないのかなあ?」とか、「他の人と同じ服を着ているのに、何で自分だけおしゃれに見えないの?」なんてことを考えてしまうんですよね。

中には、「おしゃれをするのが嫌になった」だけではなく、「もう外に出るのが嫌だ」とまで思ったことのある人もいるんじゃないのかなあと。

そしてついには、「おしゃれなんてもういいや!」と挫折してしまうと。

でもこれって、すごくもったいないことなんですよね。

というのも、「なにを着ても似合わない」と思っている人って、「自分に似合う服を見つけることができるあと一歩のところ」まではきているんですよ。

でも、そのあと一歩のところで「自分はなにを着ても似合わないんだ」「自分には服のセンスがないんだ」と思いこみ、心が折れてしまうと。

ただ、現実にはそんなことはなくって。

私は「世界中に存在する、ありとあらゆる服がすべて似合わない人なんていない」と思っています。

世の中にはこれだけたくさんの服があるのに、そのすべての服が似合わない人なんていないと思っています。

どんな人にでも、似合う服のひとつやふたつはあると思っています。

ただ、他の人と比べて肩幅が広い、腕が短い、足が太い(体型ではなく、骨が太いということ)などの理由から、「標準体型の人なら似合う服がちっとも似合わない」という人はいると思います。

そして、「自分に似合う服」というのは、体型だけではなく、年齢や肌の色(色白か色黒か)、髪の毛の色(黒髪か茶髪か)など、体型以外の要素もかかわってきます。

そこで私はこう思うんです。

「自分はなにを着ても似合わない」と思っている人は、自分に似合う服がまったくないわけではない。ただ、他の人に比べて自分に似合う服が少ないだけなのだと。

そして、「なにを着ても似合わない」と思っている人にとっての似合う服・・つまり、本人の体型や肌の色に合った服は、そこらの服屋さんにはほとんどない。

そのことを知らず(気づかず)に服を買った結果、「この服もしっくりこない、あの服も似合わない・・」となってしまう。

本当はその形の服が似合わないのではなく、体型や肌の色に合っていないから似合わなかっただけなのかもしれないのに。体型や肌の色に合ってさえいれば、同じ形の服でも似合ったかもしれないのに。

自分の体型や肌の色に合った服を見つけることさえできていれば、同じ形の服でも似合ったかもしれないのに。

ちなみに私の場合。

私はプルオーバーという形のシャツがちっとも似合いません。

プルオーバーシャツとは、普通のシャツが前開きになっているのに対し、ヘンリーネックシャツのように、シャツのボタンが途中までになっているシャツのことです。

1
こういうシャツです。


プルオーバーシャツは丸っこいシルエットがとてもかわいいのですが、「上からかぶるシャツ」ということもあってか、身幅(横の幅)が広めに作られているものが多いです。

しかし、私は体の線が細く、きゃしゃのため、プルオーバーシャツを着ると、サイズの大きいシャツを着ている中学生のようなビジュアルになってしまうのです。

今から数年前、私は「プルオーバーシャツを買っては似合わない」という失敗を何度か繰り返したあと、ついに「ああ、自分にはプルオーバーシャツは似合わないんだなあ」という結論にいたりました。

しかし、これはつい最近になってようやく気づいたことなのですが。

もし、身幅が狭い(細い)プルオーバーシャツであれば、きゃしゃな私にも似合うのではないだろうかと。そんなプルオーバーシャツを上手くコーディネートすることができれば、かなりおしゃれに見えるのではないかと。


仮に、今の私が新しいプルオーバーシャツを買うのであれば、服屋に行く前に今持っているプルオーバーシャツのサイズを測ります。

測ったシャツのサイズを見て「身幅は今よりも○センチ細いほうが良さそうだ、着丈は〜」という風に。
今持っているシャツから新しく買うシャツの大よそのサイズを考え、それをメモに控える。そして、希望のサイズに近いプルオーバーシャツを探しに行くという感じです。


関連
ワイシャツのサイズの測り方&選び方
パンツのサイズの測り方(7カ所)


さて、話を戻します。

ここからが大切なんですけど。

「なにを着ても似合わない」と思っている人って、自分に似合う服が少ないからこそ、自分に似合う服を見つけることができたとき、普通の人よりもはるかにおしゃれになれる可能性があるんですよ。


というのも、普通の人(標準体型の人)はセレクトショップや百貨店などで販売されている、MやLサイズの服を買いさえすれば、そこそこは似合うんですね。

つまり、多くの人はMやLサイズの服を買いさえすれば、そこそこは似合ってしまう(=そこそこおしゃれに見える)ので、よほど服が好きな人でもない限りは、それで十分満足できるわけです。


服のサイズでお話しているのはあくまでも例えです。

ところが、「なにを着ても似合わない」と思っている人はそうではない。

「なにを着ても似合わない」という人は、多くの人が似合うMやLサイズの服がことごとく似合いません。

ですから、「なにを着ても似合わない」という人は、自分の体型に合った服を見つけるためだけにたくさんの服を試着してみたり、買ってみたりする必要があるわけです。

例)服の色は大丈夫か、着丈は合っているか、肩幅は狭くないか、広くないか。そで丈は長すぎないか、短すぎないか。



・・つまり、多くの人はそれほど考えることなく、労力をかけることなく、自分にそこそこ似合う服を見つけることができるのに対して、「なにを着ても似合わない」という人は、そこそこ似合う服を見つけるためだけに、膨大な労力をかける必要があるということです。


文章の流れで「考えることなく」という表現をつかっています。もし不快に感じられたら申しわけございません。

この「膨大な労力」が服のセンスを磨き上げてくれる。

先ほどもお伝えしたとおり、多くの人がそれほど苦労することなく、そこそこ似合う服を見つけることができるのに対して、「なにを着ても似合わない」という人は、そこそこ似合う服を見つけるためだけに、膨大な労力をかける必要があります。

しかし、この労力は決してムダにはなりません。

「なにを着ても似合わない」「自分に似合う服がない」という人が目の前の現実に負けず、そこそこ似合う服を見つけるためだけに、ひたすらいろんな服を試着してみたり、買ってみたりするうちに・・。

たくさんの似合わない服を着て、その中からほんの一握りの似合う服を発見して。この繰り返しをしていくうちに・・。

いつの間にか、服屋さんで服を手にとったときに、

・この服は自分の体型に合っているから似合いそうだ。

・この服は袖の幅が細いから、腕が太い自分には似合わないな。


というようなことを、いちいちその服を試着するまでもなく、直感的に判断できるようになっていたりします。

これができるようになると、その人のファッションセンスはかなり高いレベルのところにまで達しています。

そして、MやLサイズの服でそこそこ似合ってしまう、標準体型の人がこのレベルに達するのは、簡単ではありません。

というのも、たいていの服がそこそこ似合ってしまう人は、服選びでそれほど困らない代わりに「自分にはこの服しかない!」というような、自分の体型にバッチリ合った服を見つけるスキルを高める機会が少ないんですね。

ところが、私たち(失礼!)のようなデフォルトで「なにを着ても似合わない」という人は、自分に似合う服を見つけることができないと、即座に「ダサい」という悲しい結果が待っています。

つまり、「なにを着ても似合わない」という人は、ダサいという悲しい結果をさけるために・・。
普通に、そこそこ似合う服を探すための努力をしていくだけで、本人も気づいていないうちに服のセンスが上がっている(=おしゃれな人になっている)ということです。

おわりに

とまあ長くなってしまいましたが、このように考えると、「自分に似合う服がなかなか見つからない」というのも、捨てたものじゃないのかなあとも思うのです。

ということで、自分に似合う服がないと思っている人もそうでない人も。心が折れない範囲で、ほどほどにファッションを楽しんでいきましょう〜。

以上、「なにを着ても似合わない」と思っている人の方がかえっておしゃれになりやすいという話でした!


おわり


スポンサーリンク



関連記事
自分に似合う服を知っている人はおしゃれな人なのか?
無印良品やユニクロから学ぶ、服のコーディネートのコツ
この組み合わせは大丈夫?服のコーディネートに迷ったときの判断基準
おしゃれをするのに押さえておきたい3つのポイント
服屋の店員の言葉はどこまで信用できる?


コラム


トップへ|ページ上部へ|投稿日:2013/12/23

Menu

大切なこと、基本的なこと
(心がまえ)
身だしなみ
(眉毛・体臭・下着)
男の髪形
(美容院・セット)
私服・普段着の着こなし
(トップス・インナー)
私服・普段着の着こなし2
(パンツ・靴)
スーツの着こなし
(背広・Yシャツ・ネクタイ)
スーツの着こなし2
(ベルト・革靴、etc)
アウターの着こなし
(ジャケット・コート)
アクセサリ・小物
(時計・財布)
アクセサリ・小物2
(マフラー・手袋)
靴ひもの結び方
(革靴・スニーカー)
コラム
(ファッション用語、独り言)
レビュー・体験談
(買い物・感想)
運営
プロフ画像
管理人
「シンプル」「おしゃれをしないこと」でおしゃれになる方法をお話していきます。ゆっくりしていってくださいね。
リンク・お問い合わせ