TOP私服・普段着の着こなし無印良品やユニクロから学ぶ、服のコーディネートのコツ

無印良品やユニクロから学ぶ、服のコーディネートのコツ

「これを習慣にするだけで服のセンスがいつの間にか良くなっていく」という話。


前回の記事では、無印良品やユニクロの服をおしゃれに着こなすには、以下の3つのことを心がけるといいとお伝えしました。

1.パっと見で「〇〇の服を着ている」と気づかれないように着る。

2.ジャストサイズの服を着るようにする。

3.着ている服や靴、カバンなど、身に着けている物の色の数を減らす。


さて、今回は

・無印良品やユニクロの服をおしゃれに着こなしたい。

・コーディネートのバリエーションが少なくて、どんな服を着たらいいのか迷うことが多い。


という人向けに服のコーディネートの考え方(コツ)のようなものをお話していきたいと思います。

実際に何をするの?

超カンタンです。以下の3つのステップをするだけです。

1.無印良品やユニクロのカタログを見る。

2.良さそう、もしくは自分にできそうなコーディネートがあったらチェックする。

3.チェックした服を実店舗で試着し、気に入ったら買う。もしくは、それと似たような服を別のお店で試着し、気に入ったら買う。

→1に戻る



「それくらいのこと、誰でもするでしょ?」と思ったそこのあなた、これからひとつずつ解説していきますので、今しばらくお付き合いいただけると幸いです。

1.無印良品やユニクロのカタログが服のコーディネートの参考になる理由。

カタログはその道のプロが作っている。


無印良品とユニクロは誰もが知っている大企業です。

無印良品とユニクロの衣服は「10〜20代の女性向け」のように特定層の消費者に向けてではなく、男性や女性、小さい子供から大人まで、幅広いユーザーをターゲットにしています。

無印良品やユニクロの服は幅広い層のユーザーをターゲットにしているため、

・多くの人が似合うように
・他の服とのコーディネートがしやすいように

シンプルかつ、飽きがこないように作られている」と言えそうですね。

そして、商品カタログというのは、その商品を販売する企業の売上を左右するほど大切なものです。カタログはそれだけ大切なものなのだから、企業としては力を入れるに決まっています。

・ルックス、スタイルともにバツグンのモデルを起用したり。

・モデルが着用する服を選んでいるのはトップクラスのスタイリストであったり。

・カタログの写真をとるのはプロのカメラマンであったり。

・写真の映り方ひとつとっても、モデルが最も美しく見えるように計算し尽くされたものであったり。


無印良品やユニクロの商品カタログには、そのカタログを見てくれた人が自社の商品を買ってくれるように私たちがパっと見では気づかないようなところにまで力を入れているんですね。


さて、ここまでお読みいただいてどうですか?

プロではない、私たちのような一般人が自分の頭の中だけでウンウンとコーディネートを考えるよりも。
プロが考えに考え抜いて選んだコーディネートを参考にした方がよっぽどおしゃれな着こなしができると思いませんか?

それに、先ほどもお伝えしたとおり、無印良品やユニクロの服は、男性や女性、小さい子供から大人まで、幅広い層の消費者をターゲットにしているのです。

2.良さそう、もしくは自分にできそうなコーディネートがあったらチェックする。

真似することと取り入れることは違う。


商品カタログの中に気に入ったコーディネートがあったとします。で、その組み合わせを取り入れていくわけですが、気をつけておきたいことが1つあります。

それは、「カタログに掲載されているコーディネートがいくら気に入ったからといって、モデルが着ている服をそのまま一式買うのは危険ですよ!」ということです。

というのも、商品カタログでモデルが着ている服は、そのモデルが着たときにのみ最大限格好よく、かわいく見えるようにコーディネートされているんですね。

いくら無印良品やユニクロの服がたくさんの人に似合うように作られているといっても、顔の形であったり、肩幅の広さであったり、首の太さであったりと、人によって似合う服はさまざまです。


・・・そうなんです。

あなたがモデルと同じ服をモデルと同じ組み合わせで着たときに格好よく、かわいく見えるかどうかは、あなたが実際にその服を着てみない限りはわからないのです。


「じゃあ、どうすれば上手くいくの?」

といいますと、単に自分が気に入った着こなしを真似する(言い方が悪くてごめんなさい)だけではなく、それに加えて、今の自分にできそうなコーディネートを探す&参考にするのです。

「普段からよくやっているコーディネートに近い着こなしを参考にする」ということですね。

というのも、普段からよくやっているコーディネートは、「自分で意識しているにしろ、していないにしろ、その組み合わせが気に入っている、もしくは似合っているからよくやっている」んですね。

そうすると、こうは考えられませんか?

モデルを見て、ただ単に「格好いい!かわいい!」と思った組み合わせよりも。

自分が普段からよくやっている(気に入っている、もしくは似合っている)組み合わせに近くて、それでいて「格好いい!かわいい!」と思ったコーディネートを参考にした方が服の着こなしが上手くいきやすいって。


たとえばこんな感じです。

・「シャツ+パンツスタイル」をよくする人なら、シャツを着ているモデルの着こなしを参考にする。

・「カットソー+カーディガン」の組み合わせをよくする人であれば、カットソーを着ているモデルの着こなしを参考にする。


その上で、「自分が持っているパンツの色やデザインとモデルが履いているパンツのそれが近いコーディネートを参考にする」といったところです。


えっ?「それだと似たような服ばっかりになるから、コーディネートのバリエーションが増えないよ!」って?

大丈夫です。自分の持っている服が似たような服ばかりということは、それだけ安定しているということです。それだけ自分に似合う服をよく知っているということです。

そのうえ、似たような服は着回しがしやすいのです。

たとえば、ほんの少しだけ色味の違うシャツを3枚、そして、紺やベージュなど、色違いのパンツを3本持っていたとします。
これらのシャツとパンツを組み合わせると・・、もうそれだけで6通りものコーディネートが可能です。

3.チェックした服を実店舗で試着し、気に入ったら買う。もしくは、それと似たような服を別のお店で試着し、気に入ったら買う。

「実際に試着してみて、自分がイメージしたとおりの着こなしができそうであれば買えばいいし、そうでなければ、また別のコーディネートを探せばいい」ということですね。

ここであなたに知っておいてほしいことは「カタログを見て気に入った服があったからといって、必ずしも無印良品やユニクロの服にこだわる必要はない」ということです。

お店で試着してみると「デザインはいいんだけどサイズが合わない」なんてことも多々あるので、「他のお店で似たような服を探す」という選択肢も全然アリです。

といいますか、むしろそちらの方がいいかもしれません。全身ユニクロや無印の服というのはさすがに避けたいですからね。

まとめ

服のコーディネートのバリエーションを増やすには、

1.無印良品やユニクロなどの商品カタログに掲載されているコーディネートを参考にするといい。

2.単に自分が気に入ったというだけではなく、今の自分にできそうなコーディネートを参考にする。

3.購入する服は無印良品やユニクロにこだわらなくてもいい。


この3つを知っておくといいでしょう。


とまあ長々と書いてしまいましたが、大切なことは

どんな服と合わせるのかを考えずに新しい服を買うことと、あらかじめ合わせる服を考えた上で新しい服を買うことはまったく違う

ということです。

⇒関連:おしゃれな人の特徴とか服を選ぶときに考えていることまとめ


この点を頭の片隅に入れた上で服を選ぶようにすると、いつの間にか服のセンスが大幅にレベルアップしていたり、自分でも気づかないうちにコーディネートのバリエーションが増えていたりしますので、興味のある方はぜひお試しあれ。


・・ということで、無印良品とユニクロのコーディネートを閲覧することができるiPhoneアプリ(どちらも無料)を発見したのでご紹介。

あ、アプリをダウンロードしたからといって私には1円も入りませんので、どうぞ遠慮なくダウンロードしちゃってください(笑



無印良品/衣料品コーディネートカタログ
コーディネートを眺めているとうっかり買い物をしそうになるので、ご利用は計画的に。


iTunes Store/UNIQLOOKS
ユニクロの服を着て撮影した写真を投稿・共有することができるアプリです。写真を投稿しているのはモデルではなく、一般の方なので、参考になるところが多いと思います。



商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
楽天 JAPAN BLUE(ジャパン ブルー)/"VINTEGE SELVAGE" TAPEAED(テーパード ヴィンテージセルヴィッチ)【DRY INDIGO】(JB0401-J)【smtb-k】【kb】

・「細めで濃い色のデニムと黒の靴は相性がいいんだなー」
・「俺は濃い色のデニムを持っているから、黒のスニーカーを買えば・・」

など、商品画像を「自分だったらこの服をどのようにコーディネートするのか」という感じの目線で見ていくといいですよ。
なお、画像のデニムは無印やユニクロの服ではないのであしからず。⇒関連:おすすめのデニム10選



関連記事
無印良品やユニクロの服をおしゃれに着こなす3つのコツ(前回)
この組み合わせは大丈夫?服のコーディネートに迷ったときの判断基準
シンプルこそすべて。失敗しないデニムとチノパンの選び方
1万円前後で買える、おすすめのチノパン10選(メンズ)
大人の男が履くからこそカッコいい、おすすめの定番スニーカー9選
無印良品の服の特徴や年齢層、良さげな服まとめ


私服・普段着の着こなし


スポンサーリンク



トップへ|ページ上部

Menu

大切なこと、基本的なこと
(心がまえ)
身だしなみ
(眉毛・体臭・下着)
男の髪形
(美容院・セット)
私服・普段着の着こなし
(トップス・インナー)
私服・普段着の着こなし2
(パンツ・靴)
スーツの着こなし
(背広・Yシャツ・ネクタイ)
スーツの着こなし2
(ベルト・革靴、etc)
アウターの着こなし
(ジャケット・コート)
アクセサリ・小物
(時計・財布)
アクセサリ・小物2
(マフラー・手袋)
靴ひもの結び方
(革靴・スニーカー)
コラム
(ファッション用語、独り言)
レビュー・体験談
(買い物・感想)
運営
プロフ画像
管理人
「シンプル」「おしゃれをしないこと」でおしゃれになる方法をお話していきます。ゆっくりしていってくださいね。
リンク・お問い合わせ