TOP私服・普段着の着こなし2ベージュ、ネイビー、カーキ。パンツと靴下のコーディネートの仕方まとめ

ベージュ、ネイビー、カーキ。パンツと靴下のコーディネートの仕方まとめ

靴下ひとつでおしゃれさが劇的にアップすることはないんだけど、色が合っていないよりは合っている方がいいよね。


ベージュ・ネイビー・カーキといえば、男性が普段使いに履くパンツの中でも定番の3色ですよね。

さて、今回はこれら3色のパンツと相性の良い靴下の色と悪い色、合わせ方の例をお話していきたいと思います。コーディネートを考えるときの参考になれれば幸いです。

目次

1.ベージュのパンツを靴下と合わせるときのコーディネートの仕方

2.ネイビーのパンツを靴下と合わせるときのコーディネートの仕方

3.カーキのパンツを靴下と合わせるときのコーディネートの仕方

.ベージュのパンツを靴下と合わせるときのコーディネートの仕方

商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
楽天
ベージュのパンツの特徴
チノパンやスラックスなど、男性が普段使いに履くパンツの中でも、ベージュは特にコーディネートがしやすい色です。

ジャケパンスタイルで大人っぽく見せるのもOK、夏はTシャツやポロシャツと合わせてカジュアルに着こなすのもOKと、その万能感では他の色のパンツの追随を許しません。
ベージュのパンツと相性が良い靴下の色(2つ)
1.グレー(ライトグレー、ミディアムグレー、チャコールグレー)
2.ブラウン(ライトブラウン、ブラウン、ダークブラウン)
解説
グレーやブラウンの靴下は落ちついた色みのおかげもあってか見た目にクセが少ないので、ベージュのパンツだけではなく、たいていの色のパンツに合わせることができます。

明るめのグレー(ライトグレー)やブラウン(ベージュに近いブラウン)の靴下は柔らかい、ソフトな印象になります。

黒に近いグレー(チャコールグレー)や濃いめのブラウンの靴下は落ちついた、大人っぽい印象になります。

パンツのベージュの色みが明るめ(白に近いベージュ)であれば前者(明るめの靴下)、濃いめ(茶色に近いベージュ)であれば後者(濃いめの靴下)との相性が良いです。

「春から夏には明るめのグレーやブラウンの靴下を、秋から冬には濃いめのグレーやブラウンの靴下を」という風に、季節によって靴下の色みをかえてみるのもいいですね。
ベージュのパンツと相性が悪い靴下の色(2つ)
1.黒
2.ベージュ
解説
まずは<ベージュのパンツと黒の靴下の相性の悪さ>について。

ベージュは比較的明るめの色です。そして、黒はすべての色の中でも最も濃い色です。

そんな、比較的明るめの色であるベージュのパンツに最も濃い色である黒の靴下を合わせてしまうと見た目のバランスが悪くなり、足元が重たく見えてしまうのです。


決してベージュのパンツに黒の靴が合わないというわけではありません。ベージュのパンツと黒の靴下は相性が悪いのですが、ベージュのパンツと黒の靴は特に問題なく、合わせることができます。

<ベージュのパンツは黒の靴下と合わないのに、黒の靴とは大丈夫?何で?>
靴下はそのデザインの特性上、足元の素肌がすっぽりと隠れるものがほとんどです。そのため、ベージュのパンツと黒の靴下を合わせると、ベージュと黒の間にクッションとなる色(中間色)が一切ありません。

仮にこれがベージュのパンツに黒の靴を合わせる場合であれば、パンツと靴の間にはさむ色としてグレーやブラウン系統の色の靴下を持ってくることができます。

また、パンツに合わせる靴がサンダルの場合は靴下を履かずとも素足で履くことができる(=素肌が中間色になる)ので、見た目のバランスが悪くなるほど重たく見えることはありません。


次に、<ベージュのパンツとベージュの靴下の相性の悪さ>について。

「ベージュのパンツとベージュの靴下の組み合わせは絶対にいけない」というわけではありません。ただ、この組み合わせはパンツと靴下の色が同系色のため、メリハリのない、野暮ったい見た目になりやすいのです。

そうならないようにするためには、「パンツの色みは明るめのベージュ、靴下の色みは濃いめのベージュ」という風に、パンツと靴下の色みがまったく同じものにならないようにするといいでしょう。
コーディネートの例(4つ)
1.ベージュのパンツ+ライトグレーの靴下+白のスニーカー
2.ベージュのパンツ+ダークブラウンの靴下+黒の革靴
3.ベージュのパンツ+チャコールグレーの靴下+ダークブラウンの革靴
4.ベージュのパンツ+ミディアムグレーの靴下+ネイビーのスニーカー
どのパターンも「靴下の色はパンツと靴の間を違和感なくつなげるものとしてコーディネートをする」という基本にのっとった合わせ方です。

⇒関連:ファッション好きなら知っておきたい、パンツと靴下の色の合わせ方(メンズ)

.ネイビーのパンツを靴下と合わせるときのコーディネートの仕方


スプートニクス
ネイビーのパンツの特徴
主に、チノパンやジーンズとお考えいただければOKです。ネイビーのパンツは色が濃いので、足元がグッと引き締まります。

ネイビーのパンツは白シャツや水色ストライプのシャツなど、明るめの色の服との相性も良いので、1本持っておくと何かと便利です。

⇒関連:すごく着まわしやすい服、オックスフォードシャツの選び方
ネイビーのパンツと相性が良い靴下の色
・グレー(ライトグレー、ミディアムグレー、チャコールグレー)
・ベージュ
・ブラウン(ライトブラウン、ブラウン、ダークブラウン)
解説
ベージュのパンツと同じく、グレーやブラウン系統の色の靴下は相性が良いです。また、ベージュの靴下も合わせやすいです。

ジーンズと合わせる場合は、濃紺のジーンズは濃いめの色の靴下との相性が、水色に近い、明るめのジーンズは明るめの色の靴下との相性が良いです。

とはいえ、「濃紺のジーンズ+ライトグレーの靴下(明るめ)+白のスニーカー(明るめ)」という組み合わせでもまったく問題ありませんので、このあたりはあまり難しく考えなくてもOKです。
ネイビーのパンツと相性が悪い靴下の色
・ネイビー
解説
これまたベージュのパンツと同じく、同系色の靴下とは相性が悪いです。

ネイビーのパンツとネイビーの靴下を合わせる場合は、ベージュのパンツのときと同じく、パンツと靴下の色みが同じにならないようにすればOKです
コーディネートの例(4つ)
1.ネイビーのパンツ+チャコールグレーの靴下+黒の革靴
2.ネイビーのパンツ+ミディアムグレーの靴下+ブラウンの革靴
3.ネイビーのパンツ+ブラウンの靴下+ライトブラウンの革靴
4.ネイビーのパンツ+ライトグレーのスニーカーソックス+白のスニーカー
解説
1から4まで、いずれも基本にのっとった合わせ方です。

<3について>
ネイビーのパンツ(濃いめの色)とライトブラウンの革靴(明るめの色)の2つをブラウン(中間色)の靴下でつなぐという組み合わせです。

<4について>
スニーカーソックスは丈が短いため、スニーカーと合わせると足元がスッキリして見えます。

「スニーカーソックス+スニーカー」の組み合わせは見た目も涼しげで、春夏にはとっても使い勝手が良いので、パンツの裾をロールアップ(まき上げる)して履くときやクロップドパンツを履くときなんかにもおすすめです。

靴に合わせるスニーカーソックスの色はよほど相性の悪い色でない限りは、お好みで選んでOKです。

.カーキのパンツを靴下と合わせるときのコーディネートの仕方


スプートニクス
カーキのパンツの特徴
カーキのパンツはチノパンも人気なのですが、それ以上に、カーゴパンツの定番カラーとして人気がありますね。

カーキのパンツは万能感こそベージュのパンツに1歩譲るものの、コーディネート次第で格好良く見せることができたりかわいく見せることもできたりと、服の着こなしの幅が広がるので、1本持っておくと何かと重宝します。
カーキのパンツと相性が良い靴下の色
・グレー(ライトグレー、ミディアムグレー、チャコールグレー)
・ベージュ
・ネイビー
・ブラウン(ライトブラウン、ブラウン、ダークブラウン)
解説
何気に、カーキのパンツの靴下との合わせやすさやコーディネートを考えるときの楽しさは、ベージュやネイビーのパンツ以上だったりします。

チャコールグレーやダークブラウンの靴下を合わせて落ち着いた見た目にすることもできますし、ベージュやライトグレーの靴下を合わせてかわいらしい見た目にすることもできます。

すごいぞカーキのパンツ、やったぜカーキのパンツ。
カーキのパンツと相性が悪い靴下の色
・白
・カーキ
解説
<白の靴下との相性の悪さについて>
カーキは比較的濃いめの色のため、すべての色の中でも最も明るい色である白の靴下との相性はイマイチです。

とはいえ、先ほどお伝えした「ベージュの靴下と黒の靴下の場合」と同じく、カーキのパンツは白の靴下との相性こそ悪いものの、白の靴とは特に問題なく合わせることができます。


<カーキの靴下との相性の悪さについて>
ベージュやネイビーと同じく、パンツと同系色の靴下は相性が悪いということです。
とはいえ、2014年現在はお店でカーキの靴下を見かけること自体がほとんどありませんので、これについてはあまり気にしなくても大丈夫です。
コーディネートの例(3つ)
1.カーキのパンツ+ベージュの靴下+ブラウンの革靴
2.カーキのパンツ+チャコールグレーの靴下+黒の革靴
3.カーキのパンツ+ライトグレーの靴下+ネイビーのスニーカー
解説
1から3まで、すべて基本にのっとった合わせ方です。

<1について>
カーキのパンツとベージュの靴下の組み合わせはすごくかわいらしい見た目になります。

⇒関連:ビルケンのサンダルにはどんな靴下を合わせたらいい?

<2について>
落ち着いた、大人っぽいコーディネートがしたいのであればこの組み合わせ。秋冬にもOKです。

<3について>
カーキのパンツって、ネイビーのスニーカーとの相性がバツグンに良いんです。

⇒関連:スニーカーのコーディネートまとめ

おわりに

今回はベージュ、ネイビー、カーキの定番の3色のパンツと靴下の合わせ方をお話しましたが、いかがだったでしょうか?

靴下のコーディネートひとつでおしゃれさが大きく変わることはないのですが、靴下の色を「あーでもない、こーでもない」と試行錯誤してみるのもそれはそれで楽しいので、ぜひいろいろと試してみてくださいね。

以上、パンツと靴下のコーディネートの仕方まとめでした!



スポンサーリンク



関連記事
男の普段着のパンツは何を履けばいいの?
男性の私服用の靴下は何を履けばいいのかを考えてみた
パンツの裾合わせで失敗しないために私が気をつけている2つのこと
1万円前後で買える、おすすめのチノパン10選(メンズ)
ブーツなんて必要ない。男の靴はスニーカーで十分。


私服・普段着の着こなし2


トップへ|ページ上部へ|投稿日:2014/7/28

Menu

大切なこと、基本的なこと
(心がまえ)
身だしなみ
(眉毛・体臭・下着)
男の髪形
(美容院・セット)
私服・普段着の着こなし
(トップス・インナー)
私服・普段着の着こなし2
(パンツ・靴)
スーツの着こなし
(背広・Yシャツ・ネクタイ)
スーツの着こなし2
(ベルト・革靴、etc)
アウターの着こなし
(ジャケット・コート)
アクセサリ・小物
(時計・財布)
アクセサリ・小物2
(マフラー・手袋)
靴ひもの結び方
(革靴・スニーカー)
コラム
(ファッション用語、独り言)
レビュー・体験談
(買い物・感想)
運営
プロフ画像
管理人
「シンプル」「おしゃれをしないこと」でおしゃれになる方法をお話していきます。ゆっくりしていってくださいね。
リンク・お問い合わせ