TOP私服・普段着の着こなしカーディガンにはどんなインナーが合わせやすい?(メンズ)

カーディガンにはどんなインナーが合わせやすい?(メンズ)

ボーダーのカットソー、ストライプのシャツ、チェックのシャツ・・。カーディガンの下に着るインナーってたくさんありますよね。

でも、インナーの種類がたくさんありすぎて、かえって「カーディガンの下に何を着たらいいのかがわからない・・」と思ったことのある人は少なくないと思います。

ということで今回は、

・カーディガンの着こなし方がわからない・・。

・カーディガンに合わせやすいインナーって何?


こんなことをお考えの人向けに「カーディガンの下にはどんなインナーを着たらいいのか」をお話していきたいと思います。

カーディガンに合わせやすいおすすめのインナー・・それは、この2つだ!

いきなり結論から言っちゃいますと、カーディガンの下に着るインナーには、

1.白無地のカットソー

2.白無地のシャツ


この2つのアイテムが1番合わせやすいです。

※楽天 白無地のカットソー 白無地のシャツ
何で2つとも白なのかっていいますと。

白はどんな服にも合わせることができる色だからです。そのうえ、白い服には清潔感があります。爽やかな、品の良い印象を与えることができる・・とも言えそうですね。

さらに、白の服はクセがないので「年齢や体型、色黒の人や色白の人」など、着る人を選ぶこともありません。

どうして無地がいいのかといいますと、これもまた「白がいい」のと同じ理由で、無地の服が1番合わせやすく、着る人を選ばないからです。

でも、それって地味すぎない?

たしかに、白無地のカットソーにも白無地のシャツにも、決して派手さはありません。それどころか、「地味」「物足りない」と感じる人もいるかもしれません。

それに、カーディガンの下に「紺×白のボーダーカットソー」や「グレー×白のストライプシャツ」など、柄入りのインナーを合わせるコーディネートもあります。

「白無地のインナーよりもこういった服をカーディガンに合わせた方がおしゃれに見えることがある」のも事実です。

といいますか、私個人としては、

「カーディガンは着回しがしやすいアイテムなんだから、インナーに白無地の服しか着ないのはもったいないよなあ。それに、せっかく着るんだし、いろんな服をインナーに合わせて、いろんなコーディネートを楽しみたいよね」


とさえ思っています。

ただ、無印良品やユニクロの服をおしゃれに着こなすコツおしゃれをするのに押さえておきたい3つのポイントにもあるとおり。

ファッションというものは、全身に使われている色の数が少なければ少ないほど、おしゃれに見えやすいんですよね。

ジャケットやカーディガン、パンツに靴、カバン。これら、身に着けているアイテムに使われている色の数が少なくなるにつれて・・。

「6色よりも5色、5色よりも4色、4色よりも・・」と、全身に使われている色の数が少なければ少ないほど、コーディネートに統一感が出るため、おしゃれに見えやすくなるんですよね。

さらに、全身に使われている色の数が少なければ少ないほど「この色とこの色は合うのかなあ・・」なんてことをアレコレ考えなくてもよくなるぶん、コーディネートがしやすくなります。

簡単なことから手を出すと上手くいきやすい。

カーディガンのインナーは、

「ボーダーのカットソーやチェックのシャツ」など、複数の色が使われてる服や柄が入っている服よりも。

使われている色が少なく、デザインもシンプルな白無地のカットソーやシャツの方がコーディネートしやすいです。


それに、白無地のカットソーやシャツは、それ自体が使い勝手のいいアイテムです。カーディガンのインナーとしてだけではなく、「1枚でさらっと着る、ジャケットのインナーとして着る」など、いろんな着回しをすることができます。

「万一、カーディガンと合わせたときにシックリこなかった場合でも、他の服と合わせることができる」ということですね。

そのため、白無地のカットソーやシャツは「こんな合わせにくい服、買わなきゃよかった・・」なんて失敗をしにくいです。

なので、もしあなたが「カーディガンのインナーには何を着たらいいんだろう・・」なんてことを思っているのであれば。
カーディガンには、白無地のカットソーやシャツが合わせやすい」ということを頭の片隅にでも入れていただけると嬉しいです。

ちなみに、カットソーの襟ぐりはUネックかVネックがおすすめです。UネックやVネックのカットソーには、顔を小さく見せる効果や首まわりをスッキリ見せる効果があります。

⇒関連:Tシャツの襟の種類はこれだけ知っておけばいいんです(6種類)

今回のまとめ(4つ)

1.白無地の服はコーディネートがしやすく、見た目にも清潔感がある。

2.全身に使われている色の数が少ないほど、コーディネートがしやすい。

3.カーディガン初心者の方には、下に着るインナーは白無地のカットソーかシャツがおすすめ。

4.それに慣れてきたら、ボーダーやストライプなど、他のタイプの服にも手を出していこう。


以上、カーディガンのインナーについてのお話でした!



スポンサーリンク



関連記事
男のカーディガンは丸首かVネックのどっちがいいんだ
カーディガンの色は何色がコーディネートしやすいのか教えろください
1万円前後で買える、かっこいいカーディガンのブランド9選(メンズ)
この組み合わせは大丈夫?服のコーディネートに迷ったときの判断基準
1万円前後で買える、おすすめのチノパン10選(メンズ)


私服・普段着の着こなし


トップへ|ページ上部へ|最終更新日:2013/11/04

Menu

大切なこと、基本的なこと
(心がまえ)
身だしなみ
(眉毛・体臭・下着)
男の髪形
(美容院・セット)
私服・普段着の着こなし
(トップス・インナー)
私服・普段着の着こなし2
(パンツ・靴)
スーツの着こなし
(背広・Yシャツ・ネクタイ)
スーツの着こなし2
(ベルト・革靴、etc)
アウターの着こなし
(ジャケット・コート)
アクセサリ・小物
(時計・財布)
アクセサリ・小物2
(マフラー・手袋)
靴ひもの結び方
(革靴・スニーカー)
コラム
(ファッション用語、独り言)
レビュー・体験談
(買い物・感想)
運営
プロフ画像
管理人
「シンプル」「おしゃれをしないこと」でおしゃれになる方法をお話していきます。ゆっくりしていってくださいね。
リンク・お問い合わせ