TOP私服・普段着の着こなし1万円前後で買える、かっこいいカーディガンのブランド9選(メンズ)

1万円前後で買える、かっこいいカーディガンのブランド9選(メンズ)

シンプルなことは正義、コーディネートがしやすいことは正義、着心地が良いことは正義。そんなカーディガンを紹介していくよー。


今回は、

・おしゃれなカーディガンが欲しい。

・でも、どこのブランドのカーディガンがいいのか分からない。


こんな人向けに、おすすめのカーディガンのブランド&お店を紹介していきたいと思います。
なお、紹介するカーディガンは、以下の3点を基準に選ばせていただきました。

1.飽きがこない、シンプルかつスタンダードなデザイン。

2.襟ぐりの形はコーディネートがしやすい&スリム、かつスマートな印象を与えることができるVネック。

3.1シーズンだけではなく、2年、3年と着ることができる、丈夫で品質の良いものを。


カーディガン選びの参考になれれば幸いです。

1.ピジャマクロージング(pyjama clothing)


※楽天
・モデル名:長そでVネックカットソーカーディガン 905/W14M3
・サイズ展開:着丈63〜、袖丈60〜/全4色
ピジャマクロージングは「パジャマのようにリラックスして着ることができる服」をテーマに、カットソーやカーディガンを販売している肌着ブランドです。

ここのカーディガンはいいですよ。

何がいいかって、ピジャマの服は見た目こそ「どこにでもある、普通の服」という感じなんですけど、実際に手に取ってみると、そこらのカーディガンとは手触りや肌触りの良さがまったく違うんですよ。

さらにここの服、かなり長持ちするんです。

というのも、私(30代・男)もピジャマのカットソー(白)を1枚持っているのですが、購入してから3年以上たった今でも、襟元がよれることなく、色が黄ばむこともなく、現役で着ることができているんです。

クリーニングに出すのではなく、洗濯機につっこんでガンガン洗っています。


シンプルなので、コーディネートもしやすいです。普段着のカットソーと合わせるのもいいですし、グレーや黒をワイシャツの上にさらっと着るのもOKです。

ちなみにこのピジャマというブランド、ネットでは「1908年に設立されたベルギーのブランド」という記述をよく見かけます。が、よーく調べてみると、正しくは、

ピジャマクロージングとは、インスという日本の会社のオリジナルブランド。ピジャマの服はベルギーの肌着工場で生産している。


のようです。

とまあうんちくはこのくらいにしておいて、ピジャマの服は使い勝手がとっても良いので、文句ナシでおすすめしたいブランドです。


・ピジャマのカーディガンの価格帯:8〜9000円
楽天/ピジャマクロージング
Amazon/ピジャマクロージング

2.ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング(UNITED ARROWS green label relaxing)

(ユナイテッドアローズグリーンレーベルリラクシング) UNITED ARROWS green label relaxing LAMB SHAWL カーディガン 7G 32281300145 15 MD.Gray M
※Amazon
・モデル名:LAMB SHAWL カーディガン 7G
・サイズ展開:着丈60〜、袖丈57.5〜/全4色
20〜30代の男性に人気のセレクトショップ・ユナイテッドアローズのオリジナルブランド、「ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング」のカーディガンです。

ここのカーディガンの魅力は「ボタンの色が服の色とちょっとだけ違っていたり、袖のところにラインが入っている」など、シンプルながらも遊び心のあるデザインをしたものがたくさんあることです。

そのため、1枚でさらっと着ても地味になることが少なく、適度なおしゃれ感を演出することができるでしょう。

通常、こういうワンポイントのアクセントが入っている服は格好よくなるどころか、かえってダサくなることがほとんどなのに、そんなことにはならない、バランスのとれたデザインは流石のひと言です。

上の画像のように、ショールカラーのカーディガンを白シャツと合わせるのもいいですね。「大人の男性に似合いそうな、上品で落ち着いたコーディネート」という感じです。

そうそう、カーディガンの下にシャツを着るときは、シャツの着丈がカーディガンの着丈よりも長くなりすぎないようにするといいですよ。

後ろから見て、シャツの裾がカーディガンの裾からはみ出して見えても大丈夫なのは2〜3センチくらいまでです。それ以上になると、だらしない印象になります。
シャツの裾丈を考えるのが手間であれば、「いっそのこと、シャツをパンツの中に入れてしまう」という手もあります。



(ユナイテッドアローズグリーンレーベルリラクシング) UNITED ARROWS green label relaxing □BASIC HI/G V/CDGN 16G
ショールカラーだけではなく、定番のVネックカーディガンもあります。


・価格帯:7000〜1万2000円
Amazon/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル

3.ベンシャーマン(Ben Sherman)


※楽天/レビュー数:3件〜
・モデル名:ベンシャーマン Vネック メリノウールカーディガン
・サイズ展開:着丈68〜、袖丈66〜/全5色
ベンシャーマンは1963年に設立された、イギリスのファッションブランドです。ベンシャーマンの服はボタンダウンシャツをはじめとし、幅広い年齢の方に人気があります。

ここのカーディガンの魅力は「シャツの上に着たときに窮屈にならず、シャツの袖を余裕を持って覆うことができる、そで丈が長めのモデルがたくさんあること」です。

黒やグレー、赤茶色(ボルドー)やネイビーなど、全体的に落ち着いた、シックな色あいのカーディガンが多いこともグッド。カーディガンの生地が薄く、かさばりにくいので、ジャケットの下に着るのもいいですね。

きれいめの服装をよくされる人と相性が良さそうなブランドです。


・価格帯:1万2000円〜
楽天/ベンシャーマン
Amazon/ベンシャーマン

4.ビームス(BEAMS)

(ビームス) BEAMS BEAMS / テンセル 裏毛 カーディガン 11130847295 79 NAVY S
※Amazon
・モデル名:BEAMS /テンセル 裏毛カーディガン
・サイズ展開:着丈64.5〜、袖丈58.5〜/全3色
20代の男性に人気のセレクトショップ・BEAMSのカーディガンです。

BEAMSのカーディガンは、「ワンポイントとしてボタンの裏に刺繍が入っていたり、白のラインが入っていたり」など、雰囲気的には、先ほど紹介したユナイテッドアローズのそれと近いです。

両者の違いをしいて言えば「BEAMSがカジュアルより、ユナイテッドアローズがきれいめより」といったところでしょうか。

「コーディネートがしやすいのはいいけれど、シンプルすぎるのも物足りないなあ・・・」なんて人におすすめのショップです。


・価格帯:7000〜1万2000円
Amazon/BEAMS カーディガン

5.セントジェームス(SAINT JAMES)


※楽天
・モデル名:セントジェームス コットンカーディガン
・サイズ展開:着丈61〜、袖丈59〜/全2色
ボーダーのカットソーで有名なフランスのブランド・セントジェームスのカットソーです。

セントジェームスの魅力は「大きすぎず、小さすぎず」のほどよいサイズ感のカーディガンが多いことです。

ブランドのイメージどおりにボーダーのカットソーと合わせるのもいいですし、上にある画像のように、カジュアルテイストのシャツと合わせるのもいいでしょう。

はじめに紹介したピジャマクロージング同様、幅広いコーディネートが楽しめそうなブランドです。シンプルなので、20代から40代の方まで、年齢を問わずお使いいただけることでしょう。


・価格帯:1万円前後
楽天/セントジェームス

6.バーンズ(BARNS)


※楽天/レビュー数:20件〜
・モデル名:BARNS BR-5136 吊り編み天竺 カーディガン
・サイズ展開:着丈60.5〜、袖丈62〜/全6色
BARNSは日本のアメカジブランドです。BARNSのカーディガンは、日本に数少ない吊り編み機で生産された生地を用い、1着1着、手間暇かけて作られています。

上記画像のリンク先店舗(ROCOCO attractive clothing)にあるキャッチコピー
「編み」「縫い」「染め」にこだわり抜いたアンダー1万円の傑作カーディガン。
は「伊達じゃない」のか、BARNSのカーディガンはぱっと見ただけで「あっ、この服は着心地がいいですよ! (・∀・)」というのがひしひしと伝わってきますね。

チャコールグレーやロイヤルブルーなど、カラーバリエーションが豊富なこともグッド。
デニムやチノパン、カーゴパンツあたりと合わせてラフに着こなしたいカーディガンです。肌着のようにガンガン着ていきたい服ですね。

私なんかは、ここの服が「メイドインジャパン」というだけでついつい反応してしまいます(笑


・価格帯:8〜9000円
楽天/バーンズ
Amazon/バーンズ

7.ラルフローレン(Polo Ralph Lauren)

・モデル名:ラルフローレン "LAMBS WOOL" Cardigan Sweater US
・サイズ展開:着丈67〜、袖丈65〜/全2色
説明不要の有名ブランド・ラルフローレンのカーディガンです。

ラルフローレンのカーディガンは何といっても、その流行りすたれのない、完成されまくったデザインがいいですね。

合わせる服を選ばないので、シャツやカットソーの上に着るのはもちろんのこと、コートやジャケットの下に着ることもできそうです。

シンプルなので飽きることなく、2年、3年と長く使っていくことができるでしょう。

ちなみに、画像のカーディガンは日本人にはちょっと大きめのUSサイズ(日本サイズLの人はMがちょうどいいくらい)です。
これ以外には、ボーイズサイズのカーディガン(小柄な人向け)もいくつかありますので、気になる人はいろいろと探してみてくださいね。


・価格帯:1万円前後
楽天/ラルフローレン

8.シップス(SHIPS)

(シップスジェットブルー) SHIPS JET BLUE JB: 3GG ケーブルショールカーディガン 126450062 Black1 M
※Amazon
・モデル名:シップスジェットブルー 3GG ケーブルショールカーディガン
・サイズ展開:着丈60.5〜、ゆき丈74.5〜/全4色
先ほど紹介したユナイテッドアローズ、BEAMSとあわせて、20〜30代の男性に人気のセレクトショップ・SHIPSのカーディガンです。

SHIPSのカーディガンはアローズやBEAMSのそれと比べると「よりクラシックかつ、大人っぽい印象」ですね。

上の画像のように、ショールカーディガンをベージュのパンツとさらっと合わせるのもいいですし、下の画像のように、定番のVネックカーディガンを白シャツと合わせるのもいいですね。

(シップスジェットブルー) SHIPS JET BLUE JB: ライトニット カーディガン 122450006Black1 M
着る人を選ばない、スタンダードなコーディネートですね。


「年齢相応の落ち着いた服装がしたい。でも、地味になりすぎるのはちょっと・・」なんてことが気になりがちな、20代後半以降の男性におすすめしたいブランドです。


・価格帯:8000〜1万5000円
Amazon/シップス カーディガン

9.ジョンスメドレー(JOHN SMEDLEY)


※楽天
・ジョンスメドレー BRYN メンズカーディガン
・サイズ展開:着丈65〜、袖丈69〜/全4色
さあきました、ニットウェアの王様、ジョンスメドレーのカーディガンです。

ジョンスメドレーは1784年にイギリスで設立されたニットウェアブランドです。
ここの服は「高品質かつ軽量、そのうえ着心地が良い」と、日本のみならず、世界中の人々に人気があります。

ジョンスメドレーのカーディガンは、ぱっと見は何のへんてつもない、本当に普通の服なんですけど、はじめに紹介したピジャマ同様、1度試着してみると、そのあまりの肌触りの良さに惚れぼれとすることでしょう。

ジョンスメドレーの服はその圧倒的な品質の高さから、2万円以上するものもたくさんあります。決して安くはないものの、それだけの値打ちがある、最高に格好いいカーディガンですね。

なお、ここのカーディガンは着丈やそで丈の割には、肩幅が細めです。そのため、ぽっちゃり体型の方には厳しいかもしれません。

標準〜スリム体型の方なら、バッチリ似合うことでしょう。


・価格帯:1万6000円〜
楽天/ジョンスメドレー
Amazon/ジョンスメドレー

おまけ:紹介しきれなかったカーディガンいろいろ

掲載しきれなかったブランドのカーディガンを簡単にご紹介。販売サイトへのリンクも貼っておきますので、ラインナップを見るときの参考に。

ルトロワ(Letroyes)
フランスのブランド。2万円前後。細めのシルエットのカーディガンが多い。超格好いいのですが、品切ればっかりです。⇒楽天/ルトロワ
サンスペル(Sunspel)
Tシャツやカットソーで有名なイギリスのブランド。1万円前後。ピジャマに近い、上品なデザインのカーディガンが多数あります。
ネットでは品切ればかりなのですが、実店舗ではセレクトショップで見かけることがしばしばあります。⇒楽天/サンスペル
ジグソー(Jigsaw)
イギリスのブランド。カジュアルな服装に合いそうなコットンのカーディガンが格好いいです。1万円前後。ここもまた、品切れが多いです。⇒楽天/Jigsaw

セレクトショップオリジナルのカーディガンでは、ジャーナルスタンダードやエディフィス、ナノ・ユニバースあたりも良さそうでした。


以上、おすすめのカーディガンのブランドでした! 何か気に入ったブランドがあったとしたら嬉しいです (・∀・)



関連記事
男のカーディガンは丸首かVネックのどっちがいいんだ
カーディガンにはどんなインナーが合わせやすい?(メンズ)
カーディガンの色は何色がコーディネートしやすいのか教えろください
「コレだけ知っておけば大丈夫!」スニーカーのコーディネートまとめ
スッキリして見える、カーディガンのちょうどいいサイズ感を話そうと思う


私服・普段着の着こなし


トップへ|ページ上部へ|投稿日:2013/11/4|最終更新日:2014/3/10

Menu

大切なこと、基本的なこと
(心がまえ)
身だしなみ
(眉毛・体臭・下着)
男の髪形
(美容院・セット)
私服・普段着の着こなし
(トップス・インナー)
私服・普段着の着こなし2
(パンツ・靴)
スーツの着こなし
(背広・Yシャツ・ネクタイ)
スーツの着こなし2
(ベルト・革靴、etc)
アウターの着こなし
(ジャケット・コート)
アクセサリ・小物
(時計・財布)
アクセサリ・小物2
(マフラー・手袋)
靴ひもの結び方
(革靴・スニーカー)
コラム
(ファッション用語、独り言)
レビュー・体験談
(買い物・感想)
運営
プロフ画像
管理人
「シンプル」「おしゃれをしないこと」でおしゃれになる方法をお話していきます。ゆっくりしていってくださいね。
リンク・お問い合わせ