TOPスーツの着こなし2どっちがいいの?ゴム底靴と革底靴のメリット/デメリット

どっちがいいの? ゴム底靴と革底靴のメリット/デメリット

どちらも一長一短。メリットとデメリットを考え、ライフスタイルに合わせて使い分けるといい。


私は革靴を買う時にいつも値段が安いゴム底にしようか、見た目がカッコ良い革底にしようかで迷ってしまいます。

というわけで今回は「ゴム底靴と革底靴、それぞれのメリットとデメリット」をまとめてみました。参考になれれば幸いです。

「使い勝手の良さが魅力」ゴム底靴のメリット/デメリット

メリット/4つ
1.革底の靴に比べると値段が安い。
2.雨の日も気にせずに履くことができる。
3.すべりにくい。
4.靴底にそれほど気を遣わなくていいので、お手入れがラク。
デメリット/3つ
1.通気性が悪く、蒸れやすいので、足から嫌なニオイを放つ可能性が高い。特に梅雨時期は注意が必要。
2.値段が安いもの(目安は1万円未満)ほど靴底のゴムが厚いことが多く、見た目がカッコ悪い。
3.値段が安いものほどすり減ってきた時に底の交換ができない靴(=使い捨て)が多い。
ひとこと
デザイン面や足のニオイなど、気をつけておきたい点はあるものの、ゴム底の革靴は使い勝手がいいのが魅力です。

「安モノの場合は使い捨てになる」というデメリットも「最初から1年くらいで履きつぶす」という気持ちで使うのなら、細かいことを考えなくてもいいので、精神的にはかえってメリットになりますね。

「格好良さではこっちの方が上」革底靴のメリット/デメリット

メリット/4つ
1.見た目が格好いい。
2.歩いた時の「カツン、カツン」という足音が気持ち的に格好いい&いい気分。
3.ゴム底に比べると通気性が良いので蒸れにくく、嫌なニオイも発生しにくい。
4.靴底(ソール)の交換ができるものが多く、大切に使えば何年も履くことができる。
デメリット/4つ
1.すべる。予想以上にすべる。建物の中では特にすべる。
2.ゴム底の革靴に比べるとお手入れに手間がかかる。(定期的にミンクオイルを塗ったり、底にめりこんだ小石を取り除いたりする必要がある)
3.歩く時の「カツン、カツン」という足音が大きい靴の場合は、他の人の迷惑になっているかもしれない。
4.雨の日に履くことには不向き。(晴れの日以上にすべる。靴底から水がしみこみやすく、靴下がすぐに濡れる。何よりも革底が傷む)
革底の靴を雨の日に履いた場合は、すぐにお手入れをしないとニオイやカビの原因になる
ひとこと
革底の革靴は、ゴム底のメリットとデメリットをそのまんま逆さにしたような感じですね。見た目や履き心地は革底の方が良いので、お手入れさえきちんとできるのであれば・・といったところでしょうか。
パーティーなどの「ここぞ!」という時用に1足持っておくのもいいかもしれませんね。

まとめ

・ゴム底靴は「値段が安い、細かいことを考えずに履くことができる。お手入れもラク。そのぶん、ニオイには注意」。
・革底靴は「値段が高い、雨の日には履くことができない。お手入れも大変。そのぶん、見た目や履き心地はゴム底よりも上」。

どちらも一長一短なので、ライフスタイルに合った靴を選ぶのが良さそうですね。


スポンサーリンク



関連記事
ビジネスシューズはゴム底靴か、革底靴か(管理人の事例)
意外とカンタン。革靴のお手入れ方法まとめ
1〜3万円で買える、スーツに合わせるおすすめの革靴ブランド7選
コレだけ知っておけば大丈夫!スーツに合わせる革靴の種類
「よく締まり、見た目もイイ」。覚えておきたい靴ひもの結び方、パラレル


スーツの着こなし2


トップへ|ページ上部

Menu

大切なこと、基本的なこと
(心がまえ)
身だしなみ
(眉毛・体臭・下着)
男の髪形
(美容院・セット)
私服・普段着の着こなし
(トップス・インナー)
私服・普段着の着こなし2
(パンツ・靴)
スーツの着こなし
(背広・Yシャツ・ネクタイ)
スーツの着こなし2
(ベルト・革靴、etc)
アウターの着こなし
(ジャケット・コート)
アクセサリ・小物
(時計・財布)
アクセサリ・小物2
(マフラー・手袋)
靴ひもの結び方
(革靴・スニーカー)
コラム
(ファッション用語、独り言)
レビュー・体験談
(買い物・感想)
運営
プロフ画像
管理人
「シンプル」「おしゃれをしないこと」でおしゃれになる方法をお話していきます。ゆっくりしていってくださいね。
リンク・お問い合わせ