TOP私服・普段着の着こなし1/私服・普段着の着こなしまとめその1(トップス・アウター)

私服・普段着の着こなしまとめその1(トップス・アウター)

トップスとは、上半身に着る衣類の総称です。YシャツやTシャツ、カットソーも含まれます。


目次

1.Tシャツ・カットソー・ポロシャツ /7項目

2.カーディガン /8項目

3.シャツ /11項目

4.アウター(ジャケット・コート) /8項目

5.おわりに

1.Tシャツ・カットソー・ポロシャツ /7項目

1.派手なプリントやブランドのロゴがでかでかと入っているTシャツは、コーディネートがしにくい。

2.Tシャツにしろカットソーにしろ、服は無地が1番いい。

3.カットソーは丸首もいいが、首回りがスッキリして見えるUネックやVネックもおすすめ。

4.UネックやVネックを着る場合は、首元が開きすぎないように気をつける。

5.首元が開きすぎるといやらしい印象になる。

6.どのくらいまでならいやらしく見えないかというと、鎖骨が見えるか見えないかくらいのラインを目安にするといい。

7.夏のコーディネートに迷ったら、無地のTシャツorポロシャツを着るといい。⇒Tシャツ&ポロシャツの選び方

2.カーディガン /8項目

1.無地のカットソーの上には直接ジャケットをはおってもいいし、春や秋なら、薄手のカーディガンもアリ。

2.カーディガンは丸首でもV字でも、好きな方を選んで大丈夫。

3.どっちがいいんだろう・・と迷っている人には、Vネックの方がおすすめ。⇒男のカーディガンは丸首かVネックのどっちがいい

4.カーディガンの色はライトグレーか紺か黒、ベージュあたりがコーディネートしやすい。⇒合わせやすいカーディガンの色

5.カーディガンの下に着るインナーには、白無地長そでのカットソーか白無地のシャツが合わせやすい。⇒カーディガンのインナー

6.丸首のカーディガンを着る場合は、堅苦しい印象にならないように、服装によってボタンを開ける数を調整する。

7.カーディガンを着る場合は学生っぽくならないように気をつける。

8.2〜3千円のカーディガンは学生っぽくなりやすい。


⇒関連:かっこいいカーディガンのブランド9選(メンズ)

3.シャツ /11項目

1.Tシャツの上にシャツをはおり、ボタンを開けたままにするのはやめておく。

2.というのも、シャツは前のボタンをとめて着るのが正しい着方。

3.縦に線が入ったストライプのシャツには、体のラインを細く見せる効果がある。

4.横に線が入ったストライプのシャツには、体のラインを丸く見せる効果がある。

5.縦か横か、ストライプの向きは、ご自身の体型や合わせる服装を考えて選ぶといいでしょう。

6.シャツの柄は「無地の白かシンプルなストライプ」が合わせやすい。

7.ストライプは「白×ライトグレーまたは白×水色」など、薄い色の組み合わせがいろんな服に合わせやすい。

8.ボタンダウンシャツはソフトな印象に。レギュラーシャツはスマートな印象に。

9.白シャツを着る場合は、中高生のカッターシャツみたいにならないように気をつける。

10.こういうデザインのシャツは1000円くらいの安物で見かけることがある。⇒仕事用のワイシャツには選ばないほうがいい柄&デザイン(7つ)

11.無地の白シャツなら、本当の無地よりも遠目で見るとわからないくらいの「目立たない、小さな柄(織り柄)が入っている」シャツがオススメ。

4.アウター(ジャケット・コート) /8項目

1.パンツとアウターにはそれなりにお金をかけたほうがいい

2.なぜなら、「パンツとアウターは体を覆う面積が大きく、安価なものを着ると、他が良くても安っぽい印象になりやすい」からです。

3.言い方をかえますと、「パンツとアウターさえ押さえておけば、他のことはある程度テキトーでも何とかなる」ということです。

4.ちなみに、私の場合(30代前半)、パンツには1万円前後、アウターには平均で2〜3万円くらいかけるようにしています。ご参考までに。※1

5.アウターの色は、ネイビーかチャコールグレー(濃いグレー)が合わせやすい。。

6.ネイビーやチャコールグレーのアウターはスーツに合わせることもできる。⇒スーツの上に着るコートの選び方

7.ダウンジャケットを着る場合はモコモコしすぎないものを選ぶように気をつける。⇒メンズアウターの種類

8.フードに毛皮(ファー)がついているアウターは、ごちゃごちゃした印象になりやすいです。あまりおすすめはしません。

5.おわりに

「手っとり早く見た目の印象を良くしたい!」という人は、スニーカーやパンツ、アウターから手をつけるといいですよ。⇒私服・普段着の着こなしまとめその2


※1
以前はパンツとアウターには、目安としては「パンツは1万円前後、アウターは2〜3万円前後のもの」を選ぶようにするといいとお伝えしていました。

しかし、改めて読み返すと、あまりにも私個人の主観によるところが大きいと感じました。
そのため、誠に勝手ながらも文章を訂正させていただきました。ご迷惑をおかけしました、大変申しわけございません。



スポンサーリンク



関連記事
おしゃれになるために大切なこと、基本的なことまとめ
意外と重要、男の身だしなみまとめ
男性の髪形や髪の毛のセット方法などまとめ
私服・普段着の着こなしまとめその2(パンツ・靴)
スーツの着こなしまとめその1(背広・Yシャツ・ネクタイ)
スーツの着こなしまとめその2(ベルト、革靴)
小物使いが上手な人になんてならなくていい。アクセサリ・小物まとめ


私服・普段着の着こなし
私服・普段着の着こなし2


トップへ|ページ上部

Menu

大切なこと、基本的なこと
(心がまえ)
身だしなみ
(眉毛・体臭・下着)
男の髪形
(美容院・セット)
私服・普段着の着こなし
(トップス・インナー)
私服・普段着の着こなし2
(パンツ・靴)
スーツの着こなし
(背広・Yシャツ・ネクタイ)
スーツの着こなし2
(ベルト・革靴、etc)
アウターの着こなし
(ジャケット・コート)
アクセサリ・小物
(時計・財布)
アクセサリ・小物2
(マフラー・手袋)
靴ひもの結び方
(革靴・スニーカー)
コラム
(ファッション用語、独り言)
レビュー・体験談
(買い物・感想)
運営
プロフ画像
管理人
「シンプル」「おしゃれをしないこと」でおしゃれになる方法をお話していきます。ゆっくりしていってくださいね。
リンク・お問い合わせ