TOP大切なこと、基本的なことファッション初心者におくる、季節感を取り入れた服装の仕方(メンズ)

ファッション初心者におくる、季節感を取り入れた服装の仕方(メンズ)

ファッション初心者の人は季節感を取り入れた服装なんて忘れていいでは、

・「このシャツには、どんなパンツが合うんだろう?(基本)」なんてことが気になっている&悩んでいるような段階の人にとっては、「季節感を取り入れた服装をする(応用)」のは簡単なことではない。

・「季節感を取り入れた服装をしよう(応用)」なんてことを考えるのは、「服のコーディネートそのものが難なくできるようになってから(基本)」でいい。

・「季節感のある服装をしよう」なんて小難しいことを意識しなくても、季節感のある服装をすることは十分すぎるくらいに可能。


とお伝えしました。

さて、今回は「ファッション初心者の人が季節感を取り入れた服装をする方法」をお話していきたいと思います。

めっちゃ簡単です。余裕でできます。

その方法とは、季節感を取り入れようとするのではなく、季節に合っていない服を着ないようにするだけです。

はじめにお伝えしたとおり、春・夏・秋・冬と、季節に合ったアイテムを上手に取り入れていくには、ある程度の慣れと経験が必要です。

しかし、季節に合っていない服を着ないようにするのは、慣れも経験も必要ありません。難しいことでもありません。

たとえばこんな感じです。(3つの例)

1.7〜8月の暑い季節は半袖の服を着る。
半袖Tシャツやポロシャツなど、「夏は涼しげな服を着ましょうね」ということです。

7〜8月の真夏に長そでを着ると、それだけで暑苦しい印象になります。暑い季節には涼しい服を着るのが自然ですし、その方が見た目にも、体にもいいです。

もちろん、「日焼け防止」という目的で長そでを着る人もいると思います。そんな人は「長そでを着るときは白や水色など、明るめの色の服を着る」など、暑苦しい印象にならないようにするといいでしょう。


北海道や沖縄など、お住まいの地域によって気温の違いがあります。○月というのは、あくまでも目安としてお考えくださいませ。
2.12〜2月の寒い季節にはコートやダウンジャケットなど、きちんとした冬用のアウターを着る。
1〜2月の雪が降っているような寒さの中、10〜11月に着るような薄手のジャケット1枚で歩いている人を見かけることがあります。

寒さに強い人なのかもしれませんし、本人的には、何の問題もないのかもしれません。しかし、こういう人の服装は、見ているだけでコチラまで寒くなってしまいます。季節感がまったくありません。

先ほどの「暑い季節には涼しい服を着る」のと同じことです。「寒い季節には、暖かい服装をしましょうね」ということです。
3.4月に入ったら、ちょっと寒くても真冬用のコートを着ないようにする。
春とはいえ、4月の上旬はまだまだ肌寒い日が多いです。そのため、ついつい真冬用のコートを着たくなる日も少なくないと思います。

しかし、そんな日には寒いのをグっとこらえて、真冬用よりも生地の薄い、春用のコートやジャケットを着てみることをおすすめします。

重たい印象になるのを避けることができますし、上手くいけば、春を先取りしたおしゃれな雰囲気を出すことができます。もちろん、寒さが我慢できる範囲でOKです。

こういった風に、季節に合っていない服を着ないようにすると・・。

ちょっと強引な理屈ではありますが、「季節に合っていない服を着ていない=季節に合っている服を着ている」となるため・・。

「頑張って季節感を取り入れた服装をしようとなんてしなくても、季節に合っていない服を着ないようにするだけで、いつの間にか、季節感のある服装になっている」ものなのです。

ということで、今回のまとめ(5つ)

1.季節感を取り入れた服装をするにはある程度の慣れと経験が必要。

2.季節に合っていない服を着ないようにするのは、慣れも経験も必要ない。

3.季節に合っていない服を着ないようにすることで、いつの間にか、季節感のある服装になっている。

4.たとえば、「春〜夏には涼しげな服を、秋〜冬は暖かい服を着るようにする」など。

5.季節の変わり目には、ちょっとの暑さや寒さは我慢して、季節を先取りした服装をするといい。


以上、季節感を取り入れた服装をする方法でした!

「でも、これって、当たり前のことだよね?」と思ったそこのあなた・・・その通りです(笑

だって、そもそも、季節感を取り入れたファッションなんて、しようとする必要がないんですから・・(・∀・)



スポンサーリンク



関連記事
ファッション初心者の人は季節感を取り入れた服装なんて忘れていい
流行なんて追わなくてもいい理由
おしゃれな人とそうでない人の違いとは
男の普段着のパンツは何を履けばいいの?
自分に似合う服を知っている人はおしゃれな人なのか?


大切なこと、基本的なこと


トップへ|ページ上部へ|投稿日:2013/10/1

Menu

大切なこと、基本的なこと
(心がまえ)
身だしなみ
(眉毛・体臭・下着)
男の髪形
(美容院・セット)
私服・普段着の着こなし
(トップス・インナー)
私服・普段着の着こなし2
(パンツ・靴)
スーツの着こなし
(背広・Yシャツ・ネクタイ)
スーツの着こなし2
(ベルト・革靴、etc)
アウターの着こなし
(ジャケット・コート)
アクセサリ・小物
(時計・財布)
アクセサリ・小物2
(マフラー・手袋)
靴ひもの結び方
(革靴・スニーカー)
コラム
(ファッション用語、独り言)
レビュー・体験談
(買い物・感想)
運営
プロフ画像
管理人
「シンプル」「おしゃれをしないこと」でおしゃれになる方法をお話していきます。ゆっくりしていってくださいね。
リンク・お問い合わせ