TOP私服・普段着の着こなしシャツを1枚で着るときの着こなし方とコーディネートの例(3つ)

シャツを1枚で着るときの着こなし方とコーディネートの例(3つ)

シャツ1枚だけでも、いろんなコーディネートができるんです。

オックスフォード白 オックスフォード水色


今回は、シャツを使った普段着のコーディネートの中でももっとも基本かつ、簡単な「シャツを1枚で着るときの着こなし方とコーディネートの例」をお話していきたいと思います。

・普段使い用にシャツを買ったはいいものの、着こなし方が分からない。

・カジュアルシャツのコーディネートのバリエーションを増やしたい。


こんなことをお考えの人の参考になれれば幸いです。

目次

1.シャツを1枚でさらっと着るときの着こなし方

2.コーディネートの例(3つ)

3.シャツを1枚で着るときのアレンジいろいろ(3つ)

4.おわりに

.シャツを1枚でさらっと着るときの着こなし方

この着こなしはシャツの色を気にすることなく手軽にすることができるのが何よりのメリットです。スッキリとした、大人っぽい見た目になることもポイント。

「春先は長袖のシャツとして着て、暖かくなってきたらシャツの袖をひじの近くまでまくって涼しげに着る」なんて着方もできます。ボタンを開ける数を変えることで表情も自由自在。

ちなみに、シャツを1枚で着るにしても、シャツの上に何か他の服をはおるにしても、下に履くパンツは「スタンダードなストレートジーンズやベージュのチノパン」あたりが合わせやすいです。

合わせる靴の色は白や黒、茶色あたりが合わせやすいです。

.コーディネートの例(3つ)

1.白無地のシャツ×ジーンズ×白or黒のスニーカー
解説
カジュアルシャツを使った、もっともスタンダードなコーディネートです。

注意点
白無地のシャツと白のスニーカーを合わせると、全体的な見た目がさわやかになりすぎることがあります
気になるときは黒のスニーカーや茶色の革靴など、靴の色のトーンを落として全体的な色のバランスをとるようにしてみるといいでしょう。
2.「グレー×白ストライプ」のシャツ×ベージュのチノパン×白のスニーカー
解説
ストライプの柄は「グレー×白」もいいのですが、「水色×白」も合わせやすいです。

また、同じ「グレー×白のストライプ」でも「グレーの線が太いか、白の線が太いか。線の数が多いか、少ないか」などによって見た目の印象が変わってきます。

とはいえ、どんなストライプが1番いいのかというハッキリとした正解はありません。いろんな柄のストライプシャツを試着してみて、その中から自分好みのシャツを探してみるのがいいでしょう。

ちなみに、私(30代・男)が今持っているストライプシャツは「グレー×白」のボタンダウンです。

グレーストライプ
グレーの線の幅が太いのでカジュアルよりの印象です。

これはこれで気に入っているんですけど、合わせやすさでは、線の幅が細いストライプの方が上ですね。ご参考までに。
(ストライプの線の幅は太いよりも細い方が、色の割合はグレーよりも白が多い方が合わせやすいということ)
3.水色無地のシャツ×ベージュのチノパン×茶色の靴
解説
白やストライプだけではなく、水色無地のシャツも合わせやすいんです。

上記「ベージュのチノパン×茶色の靴」の組み合わせ以外では「カーキのチノパンやカーゴパンツ×ネイビーのスニーカー」も合わせやすいです。

余談ですが、「水色無地のオックスフォードシャツとカーキのパンツ」の組み合わせはとってもかわいいので、カジュアルシャツのコーディネートに慣れてきたらぜひ試してみてくださいね。

⇒関連:オックスフォードシャツの選び方

.シャツを1枚で着るときのアレンジいろいろ(3つ)

シャツを1枚だけで着るシンプルな着こなしでも、ほんの少し着方を変えるだけでさまざまなコーディネートを楽しむことができます。

ということで、ここではシャツを1枚で着るときのアレンジの仕方を簡単にまとめ。


1.シャツの袖をまくる。
「1回まくる、2回まくる、ひじのあたりまでまくる」など、シャツの袖をどのくらいまくるのかによって表情が変わってきます。
2.カジュアルウォッチを合わせる。
シャツの袖をまくって着るのであれば、Gショックやタイメックスあたりのカジュアルウォッチを合わせてみるのも面白いです。
3.ボタンをあける数を変えてみる(3つ)
1.シャツのボタンを全部しめる。
⇒カッチリとした真面目な印象に。

「女性がこの着方をするとかわいいのに、男性がすると首元が苦しそうにしか見えない」という不思議な着方です。

男性の場合、ネクタイをするときならともかく、シャツを1枚で着るときにこの着方をする必要はないですね。
2.第1ボタンのみあける。
⇒嫌味がないので、ボタンをあける数に迷ったらコレ。
3.第2ボタンまであける。
⇒涼しげなので、春や夏にはいいかも。ただし、いやらしくならないように注意。

また、この着方をされるときは上だけではなく、下のボタンを同時に1、2個あけてみるのもいいですよ。

.おわりに

今回はカジュアルシャツの着こなし方についてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

ファッッションにはこれといった正解がないのが難しいところではありますが、いろんな組み合わせを試してみて、自分の好みに合ったコーディネートを見つけていけるといいですよね。

以上、カジュアルシャツの基本的な着こなし方でした!



スポンサーリンク



関連記事
すごく着まわしやすい服、オックスフォードシャツの選び方
シャツの上にカーディガンを着るときのコーディネートの例(3つ)
「コレだけ知っておけば大丈夫!」スニーカーのコーディネートまとめ
無印良品やユニクロから学ぶ、服のコーディネートのコツ
ブーツなんて必要ない。男の靴はスニーカーで十分。


私服・普段着の着こなし


トップへ|ページ上部へ|投稿日:2014/3/22

Menu

大切なこと、基本的なこと
(心がまえ)
身だしなみ
(眉毛・体臭・下着)
男の髪形
(美容院・セット)
私服・普段着の着こなし
(トップス・インナー)
私服・普段着の着こなし2
(パンツ・靴)
スーツの着こなし
(背広・Yシャツ・ネクタイ)
スーツの着こなし2
(ベルト・革靴、etc)
アウターの着こなし
(ジャケット・コート)
アクセサリ・小物
(時計・財布)
アクセサリ・小物2
(マフラー・手袋)
靴ひもの結び方
(革靴・スニーカー)
コラム
(ファッション用語、独り言)
レビュー・体験談
(買い物・感想)
運営
プロフ画像
管理人
「シンプル」「おしゃれをしないこと」でおしゃれになる方法をお話していきます。ゆっくりしていってくださいね。
リンク・お問い合わせ