TOP男の髪形はじめての美容院。大まかな流れを淡々と書いていく

はじめての美容院。大まかな流れを淡々と書いていく

たかが散髪とはいえ、はじめてのことってやっぱり不安ですよね。それに、美容院って慣れない内はもの凄くおしゃれなイメージがあって入りにくいんですよね。

さて、今回は「ふう・・何とか美容院の予約ができた。でも実際のところ美容院ってどんな感じなんだ?どういう風に振るまえばいいんだ?」という方向けの話です。

ではこれから、たいていの美容院で共通する大まかな流れを紹介させていただきたいと思います。参考になれれば幸いです。

美容院の実際の流れ

1.予約した時間に入店する。

私はいつも、予約をした時間ちょうど〜5分前の間に入店するようにしています。ご参考までに。(13時からの予約であれば、12時55分〜13時の間に入店)。
2.受付スタッフに「○○時からカットの予約をしている△△です」と伝える。
3.はじめて行く美容院の場合、名前や連絡先等の記入をする(病院でいうカルテみたいなものを作るため?)
4.書き終わると担当美容師(スタイリスト)とどんな髪型にするかの話し合いが始まる。⇒関連:美容院での髪形の伝え方
5.話し合いが終わった後、シャンプーをしてもらう。

案内してくれます。こちらは言われるがままでOKです。シャンプー中、必ずといっていいほど「お湯は熱くないですか?」「かゆいところはないですか?」と聞いてきます。特に問題なければ「ハイ、大丈夫です」と答えておきましょう。
6.シャンプーが終わると席に案内される。ここでガウン(服に髪の毛がつかないようにするカッパみたいなやつ)を着せられる。
7.担当スタイリスト登場。

4の話し合いはここでする場合もあります。
8.カット(散髪)開始。その間はテキトーに世間話をしておきましょう。
9.カット終了。もう1度シャンプーをしてもらいます。
10.ドライヤーで乾かしてもらった後、整髪料をつけてセットをしてもいいか聞かれます。

セットの勉強にもなるので、特に問題がなければお願いしておくといいでしょう。
11.鏡で最終確認をして、スタイリストの名刺をもらい、お会計。
おしまい。

おわりに

お店によって、混み具合によって、カラーやパーマなど、用件によって多少は違いますが、たいていはこんな感じです。

ちなみに、私がはじめて美容院に行ったのは高校2年生の時です。その時は「うわっ、カッコいいお兄さんやキレイなお姉さんばかりだ・・」としどろもどろになっていました。私のことなんて、誰も気にしていないのに(笑



スポンサーリンク



関連記事
美容院の行き方を淡々と書いていく(電話予約編)
はじめての美容院。髪形はどうやって伝えたらいいのか(メンズ)
美容院でありがちな質問や不安をまとめてみた
雑誌の切り抜きで髪形を決めるのはやめたほうがいい理由
ヘアカラーやパーマなんてしない方がいい理由
セット初心者におくる、失敗しないワックスの使い方


男の髪形


スポンサーリンク



トップへ|ページ上部

Menu

大切なこと、基本的なこと
(心がまえ)
身だしなみ
(眉毛・体臭・下着)
男の髪形
(美容院・セット)
私服・普段着の着こなし
(トップス・インナー)
私服・普段着の着こなし2
(パンツ・靴)
スーツの着こなし
(背広・Yシャツ・ネクタイ)
スーツの着こなし2
(ベルト・革靴、etc)
アウターの着こなし
(ジャケット・コート)
アクセサリ・小物
(時計・財布)
アクセサリ・小物2
(マフラー・手袋)
靴ひもの結び方
(革靴・スニーカー)
コラム
(ファッション用語、独り言)
レビュー・体験談
(買い物・感想)
運営
プロフ画像
管理人
「シンプル」「おしゃれをしないこと」でおしゃれになる方法をお話していきます。ゆっくりしていってくださいね。
リンク・お問い合わせ