TOP私服・普段着の着こなし2ビルケンのサンダルにはどんな靴下を合わせたらいい?

ビルケンのサンダルにはどんな靴下を合わせたらいい?

ビルケンのサンダルには、グレーやベージュ系統で厚手の生地の靴下が合わせやすい。


ビルケン+靴下

ビルケンシュトック(BIRKENSTOCK)といえば、大人の男性でも子供っぽくならずにおしゃれに履くことができる数少ないサンダルとして人気のブランドですよね。

現在は2014年の6月です。

私はつい先日、4年以上愛用していたビルケンのアリゾナがついにダメになり、

「アリゾナは気に入っているし、また同じものを買おう。でも、毎年同じコーディネートをするのもマンネリなので、今年は久しぶりにビルケンに靴下を合わせてみようかな」


と思い、色も形も以前履いていたものとまったく同じ、アリゾナのブラウンとそれに合わせる用の靴下を新たに購入しました。

ということで今回は、私個人の事例を交えながら、ビルケンのサンダルに合わせる靴下の合わせ方や選び方についてお話していきたいと思います。

・ビルケンのサンダルにはどんな靴下を合わせたらいいのかを知りたい。

・ビルケンのサンダルに合わせる靴下はどこで売っているのかを知りたい。

・ビルケンのサンダル+靴下のコーディネートってかわいいよねヽ(*´∀`)ノ


こんなことをお考えの人の参考になれれば幸いです。


このページに掲載している文章・画像の引用や転載はご遠慮ください。

目次

1.そもそも、ビルケンのサンダルにはどんな靴下を合わせたらいいの?

2.今回私が購入した靴下はコレ。

3.ビルケンと靴下のコーディネートいろいろ(写真あり)

4.アリゾナ、ミラノ、ボストン。サンダルのモデルごとによる、靴下を合わせたときの印象あれこれ。

.そもそも、ビルケンのサンダルにはどんな靴下を合わせたらいいの?

冒頭でお伝えしているとおり、ビルケンのサンダルには、グレーやベージュ系統で厚手の生地の靴下が合わせやすいです。

以下2つはその理由です。


1.ビルケンのサンダルにグレーやベージュ系統の靴下が合わせやすい理由
ビルケンのサンダルのカラーバリエーションはモデルによって若干違いがありますが、大きく分けてブラック、ブラウン、ベージュ、ホワイトの計4色です。

グレーやベージュ系統の靴下であれば、サンダルの色がこれら4つの中のどの色でも比較的違和感なく合わせることができます。

また、グレーやベージュは嫌味のない落ち着いた色のため、パンツとのコーディネートもしやすいです。その反面、レッドやグリーンなど、原色系の靴下は合わせにくいです。
2.ビルケンのサンダルに厚手の生地の靴下が合わせやすい理由
ビルケンのサンダルの多くはアッパー素材がレザー(合皮製を含む)、またはスウェード製です。インソールはコルク製のものが多いです。

1〜2000円で買えるような安価なラバー製(ゴム)のサンダルに比べると作りがしっかりしているということですね。

アッパーとインソール

そんなしっかりとした作りのビルケンのサンダルにビジネスソックスのような生地の薄い靴下を合わせると、靴下がサンダルのボリュームに負けてしまうんです。

「つっかけを履いているようなビジュアル」っていうんですかね。

薄手の靴下をビルケンの靴下に合わせると、おしゃれとはとても言えないような貧相な見た目になってしまうんですよ。

「ボリュームのあるサンダルに合わせることができるのは、ボリュームのある靴下しかない」ということですね。
靴下の長さはどのくらいがいい?
靴下の長さはスニーカーソックスのような短いものではなく、長めの方が合わせやすいです。

目安としては、足のくるぶしがすっぽり隠れるくらいあればOKです。それよりも長いぶんには特に問題ありません。

「ビルケンのサンダルに合わせる靴下の長さは、外から見て素肌が見えないようにするといい」ということですね。

.今回私が購入した靴下はコレ。


今回私が購入したのは「MORRIS & SONS」というブランドの靴下です。

ビルケンのサンダルに合わせる靴下としてはファルケ(FALKE)というブランドが定番として有名&人気で、私もはじめはファルケの靴下を購入するつもりだったのですが。

偶然入ったビショップ(Bshop)というセレクトショップにMORRIS & SONSの靴下が置いてあり、デザインが気に入ったことと店員さんの「この靴下は今店頭に並んでいるぶんだけなんです〜」という売り文句に釣られて思わず衝動買いしてしまいました。

ちなみに、ビショップの店員さんに聞いたところでは、MORRIS & SONSの靴下は在庫限りなものの、ファルケの靴下は定番のラインとして置いてあるので、仮に品切れになった場合でも気長に待っていれば再入荷するそうです。

ビショップでの値段はファルケの靴下が1足2000円ちょっと、MORRIS & SONSの靴下が1足1200〜1300円でした。

ビショップ/ショップリスト


余談
Amazonや楽天などのネット通販で購入できるかどうかも調べてみたのですが、ファルケの靴下は好みの色がなかったりサイズがなかったりと、取り扱いはあるものの、安定して入手するのは難しそうでした。⇒Amazon/ファルケ 靴下

(MORRIS & SONSの靴下は取り扱いすらなかった・・・orz

.ビルケンと靴下のコーディネートいろいろ(写真あり)

サンダルと靴下を合わせてみたところをいくつかご紹介。

靴下1

黒に近い色の靴下をアリゾナのブラウンに合わせてみたところ。靴下の色が濃いぶん、引き締まって見えますね。サンダルの色が黒でもいけそうです。

合わせるパンツの色は黒や濃紺など、濃いめの色が良さげ。


靴下+デニム

A.P.C.のジーンズを並べてみたところ。濃いめのデニムとの相性はバッチリですね。


シャツ+デニム

私服と合わせて実際に履いてみたところ。スニーカーやブーツとはまたひと味違った見た目になるのがいいですね。(自画自賛ですいません!


靴下2

白に近いライトグレーの靴下を合わせてみたところ。色みが薄くなったこともあってか、先ほどとは違って柔らかい印象になりますね。春先にも良さそうです。



カーキのパンツを並べてみました。この組み合わせは色のバランスが絶妙で、個人的にすごく気に入りました。みなさんもぜひ!

.アリゾナ、ミラノ、ボストン。サンダルのモデルごとによる、靴下を合わせたときの印象あれこれ。

ビルケンにはいろんなモデルがあるわけですが、それぞれのモデルに対して思うことや靴下と合わせたときにどんな印象になるのかをアレコレ語ってみました。

毒にも薬にもならない駄文ですので、参考ていどにお読みいただければと思います。


アリゾナ黒
アリゾナ(ARIZONA) ※ 画像引用元:ビルケンシュトック 公式サイト

アリゾナは私が長年愛用している、ビルケンの中でも最もスタンダードなモデルです。スタンダードなだけあってか、素足で履いてもOK、靴下を履いてもOKという万能さが光ります。


ミラノ白
ミラノ(MILANO)

ミラノはアリゾナのかかとの部分にレザーのバンドがついたモデルです。

かかとの部分がレザーのバンドでホールドされているおかげでサンダルサンダルしていない、クラシックな見た目になっているのがいいですね。素足で履いたときの格好良さはアリゾナよりも上です。

靴下を合わせると、素足で履いたときの格好良いイメージから一転して一気にかわいらしい見た目になるのもグッド。


ラムゼス茶色
ラムゼス(RAMSES)

ラムゼスはビーチサンダルのような履き方ができるモデルです。構造上、靴下を合わせるのは無理ゲーですね。
ラムゼスは素足で履いてこそ格好いいデザインなので、それはそれで仕方ないか。


ボストントープ
ボストン(BOSTON)

サンダルのアッパーが足を覆うようなデザインになっているのが何ともかわいらしいボストンは、素足で履くのもいいのですが、靴下を合わせてこそ光るデザインかなあと思います。

「ボストン+靴下の組み合わせ」は見た目が暑苦しくなりがちなので、夏場はちょっとキビしいのですが、秋冬や春先に大活躍しそうです。

ちなみに私は毎年、秋になるたびにボストンが欲しい欲しいと思っているんですけど、他に欲しい服があったり金欠だったりと、いつも買いそびれてしまうんですよね。

おわりに

長くなってしまいましたが、いかがだったでしょうか。

ビルケンのサンダルは素足で履いても十分におしゃれ&格好いいのですが、靴下を合わせてみるとまた違った見た目になりますので、機会があればぜひ試してみてくださいね。

以上、ビルケンのサンダルに合わせる靴下についてでした!


2014/6/14追記
ボストンについて一部誤解を招くような表現があったため、文章を訂正しました。私の認識不足です、ご迷惑をおかけしました。申しわけございません。


スポンサーリンク



関連記事
大人の男が履くサンダルはビルケンが最強だという話
ビルケンシュトック/アリゾナ(ARIZONA)のレビュー
男性の私服用の靴下は何を履けばいいのかを考えてみた
1〜3万円で買える、おすすめのデニム10選(メンズ)
大人の男だったら、ハンカチくらい持ちましょう。


私服・普段着の着こなし2


トップへ|ページ上部へ|投稿日:2014/6/1|最終更新日:2014/6/14

Menu

大切なこと、基本的なこと
(心がまえ)
身だしなみ
(眉毛・体臭・下着)
男の髪形
(美容院・セット)
私服・普段着の着こなし
(トップス・インナー)
私服・普段着の着こなし2
(パンツ・靴)
スーツの着こなし
(背広・Yシャツ・ネクタイ)
スーツの着こなし2
(ベルト・革靴、etc)
アウターの着こなし
(ジャケット・コート)
アクセサリ・小物
(時計・財布)
アクセサリ・小物2
(マフラー・手袋)
靴ひもの結び方
(革靴・スニーカー)
コラム
(ファッション用語、独り言)
レビュー・体験談
(買い物・感想)
運営
プロフ画像
管理人
「シンプル」「おしゃれをしないこと」でおしゃれになる方法をお話していきます。ゆっくりしていってくださいね。
リンク・お問い合わせ