TOPレビュー・体験談アマゾンジャバリ(javari)がリニューアルオープンしたので変更点や注意点をまとめ

アマゾンの姉妹サービス・ジャバリ(javari)がリニューアルオープンしたので変更点や注意点をまとめ

なあ、見てみろよ。リニューアルしたのにもかかわらず、前よりも良くなっているところがほとんどないんだぜ。ウソみたいだろ。


ジャバリトップ
Amazon/Javariストア


ジャバリ(Javari)は大手ネット通販サイト・アマゾンの姉妹サービスです。ジャバリでは靴やカバン、財布など、ファッション関連のアイテムを中心に取り扱っています。

ジャバリのウリは「購入した商品のサイズが万一合わなかったり、イメージと違っていたりしたときに商品が到着してから365日以内であれば無料で返品できる」ことです。

現在は2014年の6月24日です。

ジャバリは2014年の6月末をもって現行のサービスを終了し、本家アマゾンのカテゴリ内に「Amazon/Javariストア」という名称でリニューアルオープンすることになりました。

新ジャバリは現行のサービス終了に先駆けて5月12日からプレオープンしています。



ということで今回は、ファッションとは直接関係のない話で申しわけないのですが、リニューアルオープンしたジャバリの変更点や注意点をまとめてみました。

「ジャバリの使い勝手ってどんなもの?」なんてことをお考えの人の参考になれれば幸いです。⇒関連:リニューアル前のジャバリの体験談(2013年9月)

目次

1.リニューアル前からの変更点(2つ)

2.新ジャバリ(リニューアル後)の返品・返金についての注意点(3つ)

3.新ジャバリへのアクセスの仕方(どこから入ったらいい?)

4.新ジャバリの検索の精度&品ぞろえはどう?

5.まとめ(4つ)

.リニューアル前からの変更点(2つ)

1.ジャバリで購入した商品を返品することのできる期間が「商品到着後365日以内ならOK」から「商品到着後30日以内ならOK」に変更。
「商品到着後365日以内であれば送料無料で返品可能」というジャバリ最大のウリが本家アマゾンと同じの30日以内になってしまいました。

とはいえ、他の通販サイトに比べると、返品可能期間が商品到着後30日以内でも十分すぎるくらいに長いです。
(一般的な通販サイトの返品可能期間は商品到着後3日〜10日以内くらいのところが多い)

それに、もし仮に通販で購入した靴のサイズが合わなかったとしても、すぐに返品する場合がほとんどかと思います。なので、個人的には、この変更はそれほど気にならないですね。

ただ、返品って簡単にできるとはいっても梱包や返送の手配など、それなりに手間がかかりますので、下記のようなことができなくなるのは、デメリットといえばデメリットになるかなあと思います。


購入したはいいものの、想像していたイメージと違った。

すぐに返品するのは面倒だから、クローゼットや下駄箱の中でしばらく放置。

数か月後、掃除をしているときなんかに思い出してそのついでに返品。

私なんかはかなりの面倒くさがり屋なので、「そのうち返品しようと思っていたら返品可能期間をすぎていた」なんてことが実際にありそうです(笑



商品到着後30日以内での返品が可能なのはAmazon.co.jpが発送した商品のみです。マーケットプレイスで購入した商品はこの限りではありません。

⇒参考:Amazon.co.jp/ヘルプ&カスタマーサービス:Amazonマーケットプレイス商品の返品について
2.以前のジャバリのサイトは6月末をもってサービスの提供を終了。
リニューアルオープンするというよりは、ジャバリが本家アマゾンのカテゴリ内に引っ越しするという感じですね。

ちなみに、今現在Javariのポイントがある場合は、7月末までに本家アマゾンのポイントに移行されます。移行されたポイントは本家アマゾンでの買い物に使用することができます。

⇒参考:Javari.jp:ヘルプ/よくある質問
旧ジャバリ内のページですので、7月以降はリンク切れになっている可能性があります。

また、上記リンク先のページには旧ジャバリで購入した商品は今まで通り商品到着後365日以内の返品が可能であること、そして返品はJavari.jpのオンライン返品受付センターで行うことができるとあります。


Javari.jpのオンライン返品受付センターとは、ジャバリのマイページにある返品受付センターのことです。

ジャバリ返品受付センター



先ほどと同じ「Javari.jp:ヘルプ/よくある質問」のページには、8月末以降はJavari.jpの返品受付センターにアクセスできなくなるため、返品手順等はAmazon.co.jpでご確認くださいともあります。

.新ジャバリ(リニューアル後)の返品・返金についての注意点(3つ)

ジャバリのリニューアルオープンにともない、返品や返金の方法が本家アマゾンと同じになりました。では以下、主な要点や気をつけておきたいところを簡単にまとめ。


1.お客様都合での返品・返金の条件は商品到着後30日以内で未使用、または室内の試着のみでの使用。
返品・返金の条件
Amazon.co.jp/ヘルプ&カスタマーサービス:返金・交換の条件


屋外で使用したものや香水やタバコのニオイがついてしまったものはNGなど、返品不可のケースもありますが、常識の範囲内で試着をするようにさえすれば、特に問題はなさそうです。

ただ、服や靴の場合は試着をするときに商品のタグがうっかりちぎれてしまうことが無きにしもあらずですので、そこは気をつけておいたほうが良さそうですね。
2.インナーや下着の類はたとえ試着のみでの使用であっても返品不可。
インナー返品不可
Amazon.co.jp/ヘルプ&カスタマーサービス:返金・交換の条件


肌着や靴下、下着の類は開封した時点で返品ができなくなります。

インナーや下着の類は汗や汚れがつきやすいですし、ジャケットやカーディガンとは違ってこれらの衣類は試着のみとはいえ、他の人が1度着たものを新品として再度販売するのは無理がありますので、これは仕方がないですね。でも、使用済みは使用済みで一部の紳士に需要があるとも思



本家アマゾンでは商品のジャンルによって返品・返金の条件が異なります。

⇒参考:Amazon.co.jp/ヘルプ&カスタマーサービスの返品(返品・交換)
3.購入時に選択した支払方法によって返金方法が異なる。
返金方法については注意点も含めて、旧ジャバリのものとほとんど同じです。

クレジットカードで購入した場合はクレジットカードへの返金、コンビニ払いや代金引換で購入した場合はAmazonギフト券での返金となります。

Amazonギフト券とは、アマゾン内でのみ使用することができる商品券のようなものとイメージしていただければOKです。


返金について
Amazon.co.jp/ヘルプ&カスタマーサービス:返金について


返金方法で旧ジャバリと違うところ
旧ジャバリでは、コンビニ払いや代金引換で購入した商品はAmazonギフト券での返金のみだったのですが、上記リンク先のページを読む限りでは、本家アマゾンでは、希望があれば銀行振り込みでの返金も可能のようです。

私はアマゾンをよく利用するのでAmazonギフト券での返金になってもかまわないのですが、中には「アマゾンを利用することなんてそうそうないし、ギフト券で返金されても・・・」という人もいるかと思います。

そんな人にとっては、「こちらが希望さえすればAmazonギフト券での返金ではなく、銀行振り込みでの返金ができる」というのは旧ジャバリに比べて嬉しい変更点かと思います。

.新ジャバリへのアクセスの仕方(どこから入ったらいい?)

2014年6月現在、アマゾンのカテゴリーを選択するメニューのところには「Amazon/Javariストア」の項目がありません。

アマゾンカテゴリー選択
おいちょっと待て、入口がないなんて、リニューアルオープンのくせにやる気あんのかコラ


「じゃあ、どこからジャバリに入ったらいいんだろう」と思い、アマゾン内をさまよっていると、トップページの下部に「Amazon/Javariストア」のバナー広告を見つけ、そこから入ることができました。

ジャバリのバナー


まあ、今はまだ完全リニューアル前のプレオープンという段階ですので、入口が分かりにくくなっているのは仕方がないことなのかもしれませんね。

Kindleストアのように、そのうちカテゴリーを選択するメニューのところからもジャバリにアクセスできるようになっていることを期待します。

.新ジャバリの検索の精度&品ぞろえはどう?

旧ジャバリのサイトは本家アマゾンに比べて検索の精度が今ひとつという難点がありました。

でも今回は「リニューアルにともない、ジャバリが本家アマゾンに統合されたことで検索の精度も大きく向上したハズ!」という期待をこめて、新ジャバリでいろいろと検索をしてみました。

その結果は・・・









検索の精度は向上しているものの、肝心の品ぞろえがイマイチという、何とも残念なものでした。



ジャバリ検索1

検索窓に「コンバース」と入力してみたところ、関連するものが予測変換でズラりと表示されました。

旧ジャバリでは「converse」という風に、アルファベットで入力しないとまともに検索すらできなかったので、「これはひょっとしてかなり使いやすくなっているんじゃないか?」と思い、候補の中から「コンバース オールスター」を選択して検索結果に進んだところ・・・。


ジャバリ検索2
パトラッシュ、天下のオールスターにもかかわらず、取り扱い商品が2件しかないよ・・・('A`)


アマゾン検索1
同じワードで通常のシューズ&バッグのカテゴリーから検索したら1567件もヒットしたよ。
その上、レビューの数もこっちの方が圧倒的に多いよ・・・(´・ω・`)


参考までに、他のワードでの検索結果もいくつかご紹介。


ジャバリ検索3
ジャバリでイタリア発の定番スニーカー・スペルガを検索してみたところ、3件しかヒットせず。それがシューズ&バッグのカテゴリーから検索すると・・・。


アマゾン検索2
338件もヒット。ハハッ、ワロス


ジャバリ検索4
「ジャバリではスニーカーの取り扱い自体が少ないのか?」と思い、ジャンルを変えてバッグブランドの雄・オロビアンコで検索してみたところ、199件もヒット。レビューの数もそこそこありました。


アマゾン検索3
でも、同じワードでシューズ&バッグのカテゴリーで検索したら4254件もヒットしました。


これ以外では、バッグブランドのコーチ(COACH)で検索してみたところ、ジャバリでは224件ヒット、本家では21417件ヒットという結果でした。

体感的には、ジャバリでは、スニーカーよりもカバンやバッグ類の方が取り扱いが多いのかなあと感じました。

とはいえ、スニーカーにしてもカバンにしても、現段階では、何か気になるものがあるのであれば「Amazon/Javariストア」内で検索するよりも、通常の「シューズ&バッグ」カテゴリ内で検索した方が良さそうですね。

取り扱っている商品の数、レビューの数ともにそちらの方が多いですし。

.まとめ(4つ)

リニューアル後のアマゾンジャバリは、

1.返品可能期間が商品到着後365日以内から本家アマゾンと同じの30日以内になった。

2.リニューアル後のジャバリで購入した商品の返品・返金の方法が本家アマゾンと同じになった。

3.検索の精度は向上したものの、肝心の品ぞろえが本家アマゾンに比べて少ない。

4.体感的には、靴よりはカバンやバッグの方が取り扱っている商品の数が多い。



旧ジャバリでは「検索の精度が今ひとつであったり、購入された方のレビューが少なかったり」と難点こそあったものの、「取り扱っている商品の数がそこそこ豊富だったり、商品ページにたくさんの写真が掲載されてあったり」と、本家アマゾンに比べて良いと感じるところがいくつかありました。

が、現段階でのリニューアル後のジャバリでは、お世辞にも「機会があれば私も利用してみようかな」と思えるような、魅力を感じるところがありませんでした。(本家アマゾンが優秀すぎるというのもあります

・・っとまあ、かなりの酷評となってしまいましたが、ジャバリはまだまだリニューアルオープンしたばかりなので、今後使い勝手が向上していくのを期待したいところですね。

以上、リニューアルオープンしたジャバリの変更点や注意点についてでした!







関連記事
返品無料の靴屋さん?アマゾンの姉妹サービス・ジャバリ(javari)の体験談
アマゾンジャバリで買った靴の返品方法&利用前に見落としがちな注意点
シンプルな方がカッコいい。おすすめの定番スニーカー9選
スペルガ(SUPERGA)2750/ホワイトのレビュー
オロビアンコのカバンを通販で買おうと思ったら、詐欺っぽいサイトをたくさん見つけたの巻


レビュー・体験談


スポンサーリンク



トップへ|ページ上部へ|投稿日:2014/6/24|最終更新日:2014/7/3

Menu

大切なこと、基本的なこと
(心がまえ)
身だしなみ
(眉毛・体臭・下着)
男の髪形
(美容院・セット)
私服・普段着の着こなし
(トップス・インナー)
私服・普段着の着こなし2
(パンツ・靴)
スーツの着こなし
(背広・Yシャツ・ネクタイ)
スーツの着こなし2
(ベルト・革靴、etc)
アウターの着こなし
(ジャケット・コート)
アクセサリ・小物
(時計・財布)
アクセサリ・小物2
(マフラー・手袋)
靴ひもの結び方
(革靴・スニーカー)
コラム
(ファッション用語、独り言)
レビュー・体験談
(買い物・感想)
運営
プロフ画像
管理人
「シンプル」「おしゃれをしないこと」でおしゃれになる方法をお話していきます。ゆっくりしていってくださいね。
リンク・お問い合わせ
<Amazon>

タッチ 文庫版 コミック 全14巻完結セット (小学館文庫)